• もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 19年度 第5回親子学級 | Main | 19年度 第7回親子学級 »
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
19年度 第6回親子学級[2019年10月10日(Thu)]
2019年度 第6回親子学級
『子どもたちの様子を知る(保育ビデオ)・先輩たちとティータイム』


■保育室ビデオ■
児童室での子ども達の様子を撮影したビデオを、解説付きで見ましたわーい(嬉しい顔)

<保育ビデオを観るポイント>

・自分の子どもだけではなく、子ども同士の関わりを見る
・前半なので関わってない場面の方が多いが、児童室の雰囲気を感じてほしい
・保育者は安易に手や口を出さず(子どもに危険が無いように)見守っている


<ビデオに映った子ども達の様子>

・お別れ後、泣いていた子も落ち着き始め遊び始める
→保育者は遊ばない。遊びを創っているのは子供たち。自分たちで遊びを見つけている

・一方で取り残されたことに気づいて泣き始める子もいる
→泣いていても他の子をずーっとみて観察していたりする。

・リュックや靴を手放せない子もいる
→ママが作ってくれた『おにぎり』は食事ではなく、安心材料。食べなくてもいい。食べましょうとは言わない。食べなくてもがっかりしないで。

・荷物を自分で出し入れしている。
→中がぐちゃぐちゃなのはお子さんがしまった証

・おにぎりの途中で立ち去ってしまうことがある
→すべての物に名前が必要なのはこのため。

・なるべく『ダメ』と言わない
→命の危険やケガをしてしまう、させてしまいそうな場面以外は『見守る』

・遊んでいた物ややっていたことが少しずつ気になり始め、小さな争いも起こるようになる。

・12時のチャイムが鳴ると、子どもたちが一斉にドアの方を見る・近づく・泣く
→子どもたちはママを待ち望んでいる。絶対に12時にお迎えにきて。


<質疑応答>

Q:おもちゃで部屋が散らかる。片付けない方が遊びが発達するのか?
A:児童室では片づけすぎない。家ではママがどの程度許せるか、自分との折り合いのつけ方による。

Q:1人を相手するのも手一杯で疲れる。保育者はたくさんの子を見て疲れないか?どうやってリフレッシュするか?
A:『他人の子』だから優しい目で見れる。自分の子だったら疲れる。

■ワールドカフェ■
ワールドカフェ形式で、テーマを決めてテーブルごとに歓談しました喫茶店

テーマ1:前職・独身時代(なれそめ)揺れるハート
テーマ2:私の時間の使い方・使いたいこと時計
テーマ3:お菓子はみんないつからあげている?バースデー
テーマ4:私のアイドルムード

子どもの事から少し離れ、リラックスして自分を語る時間は新鮮な時間になりました。


ペン学級第6回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/292
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント