CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 18年度 第9回親子学級 | Main | 18年度 第11回親子学級 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
あわこ
子連れ買い物あるある (01/25) あわこ
今も昔も変わらないあそび (01/23) あわこ
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/23) たろう
子連れ買い物あるある (01/22) たろう
家事をやるのはオンナの仕事? (01/22) ちゃだんご
子連れ買い物あるある (01/21) その太
大好評の「ご近所マスク」第2弾 (01/21) その太
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/21) 忍子
子連れ買い物あるある (01/20) 忍子
家事をやるのはオンナの仕事? (01/20)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
18年度 第10回親子学級[2018年11月08日(Thu)]
2018年度 第10回親子学級
『〜体験してみよう〜 もっと自分を好きになる自己尊重トレーニング』



今回は、ノンフィクションライター/自己尊重トレーニング・トレーナーの北村年子さんにお越しいただきました。

■北村年子さんのご紹介■

女性・子ども・教育・ジェンダーをおもなテーマに取材・執筆されて「おかあさんがもっと自分を好きになる本」など著書多数。

子育てに関わる人の自尊感情(セルフ・エスティーム)を育てるための「自己尊重ワークショップ」を精力的に行われている。

一般社団法人ホームレス問題の授業づくり全国ネット代表理事。

FMヨコハマの「ちょうどいいラジオ」で第2・第4火曜8時台のレギュラーコーナー「おはよう!ネンコさん」のパーソナリティ。



■講座のテーマ■

@『いいお母さん』より『幸せなお母さん』になろう
Aもっと自分を好きになろう
B私が私であるために




■自尊感情とは■

自尊感情=ありのままの自分・本当の自分を受け入れ大切にする気持ち

自分自身の状態を理解せず、自分を大事にできていないのに、子どもを大事にできるだろうか。

自分をほめていないのに、子どもをほめることができるだろうか。

自分を許して受け入れて欲しい。



■自尊感情を高めるために■

『許す』『ほめる』=自尊感情が高まる

「ま、いっか」=許す言葉 *大切なのは、まず、あるがままの気持ちの受容


『責める』→『攻める』=自分をいじめる=自己否定感が高まる

「どうして〜なの?!」=YOU(あなたは〜)メッセージで、相手を断罪し責める言葉

まじめで完ぺき主義な人に多い、良い母・良い妻でいなくちゃと思う「〜しなくちゃ病」

「どうして、〇〇してくれないの?」「どうして、あなたはこうなの?」自分も攻撃してしまう。

脳内から否定的な物質が出て血流が悪くなり、免疫力、抗体力も下がる。



■真実の感情に気づく■

子どものために食事を作っているのに食べてくれない。イライラして子どもを叩いてしまった。

心の声を聴いていくと「私一人でこんなに子育てを頑張っているのに、どうしてわかってくれないの?!」。実は子どもに対してではなく「私が頑張っていることを夫にわかって欲しい」という思い=本音があった

「私は辛い・寂しい」「そんな気持ちをわかってほしい」という真実の感情

イライラしたら、呼吸を整えて対象から離れ、自分を落ち着かせる。

「どうしてあなたは〜」と相手を責める言葉ではなく「私は〜して欲しい」というIメッセージで相手に想いを伝える。

多くの男性は「男らしく」のジェンダーバイアスの中で、辛くても泣けない。泣いて助けを求められたら、自死しなくて済む命がどれだけあるだろう。男の子を育てているお母さんは、泣ける男に育ててほしい。

女々しくても良い。死ぬより生きている方が大事。「生きてるだけでありがとう」



■幸せな子を育てるために■

子どもに優しくしなくちゃ、ほめなくちゃ、良い子に育てなくちゃ・・ではない。

まずお母さんが幸せでなければ、子どもは幸せでいられない。

自分を受け入れ、ほめて、尊重して、信じて、認めて、幸せなお母さんのもとに、幸せな子が育つ。



■YOUメッセージより、愛を伝えるIメッセージ■

「イイ子ね」「上手ね」「頑張ったね」は評価型YOUメッセージ

他と比較している。優秀でなくては、一番でなければいけないと思わせてしまうほめ言葉。優越感を高めるが、失敗したり出来ない時に自分をつよく否定する=自己肯定感を高めなくなる。


「ありがとう」「私、幸せ」「私、大好きよ」

短所も見方を変えてリフレーミングで、長所を見てあげれば良い。自尊感情を育てるのはIメッセージ。


Iメッセージのポイント

・私(I)を主語にした言い方
・目(eye)を見て話す
・要求は具体的に、はっきりと
・相手の意見や立場も尊重して
・「ありがとう」を忘れずに


「ありがとう」と言われると、自分は役に立つ・自分は認められていると感じることができる。

自分自身を好きになれる居場所・安心できるホーム ⇒ 不完全な自分を受け入れてくれる場所


「イイ子だね・上手だね・頑張ったね」とほめられてきた子は、自分が頑張っていない姿を親に見せられない。何があっても、生きているだけでいい。生きていてくれるだけでありがとう。


お話の最後に、自己尊重トレーニングを体験。「今ここ」の呼吸法でマインドフルネスを体験し、自分の身体を感じ、感謝し、肯定語をかけるなど、自分の心身をセルフケアして、終了しました。


次回は、企画委員が行うワークショップです♪

ペン学級第10回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/269
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント