CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« ●おひさま広場3月● | Main | 宮前親子学級受講生のその後 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
あわこ
今も昔も変わらないあそび (01/23) あわこ
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/23) たろう
子連れ買い物あるある (01/22) たろう
家事をやるのはオンナの仕事? (01/22) ちゃだんご
子連れ買い物あるある (01/21) その太
大好評の「ご近所マスク」第2弾 (01/21) その太
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/21) 忍子
子連れ買い物あるある (01/20) 忍子
家事をやるのはオンナの仕事? (01/20) 忍子
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/20)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
公開講座『幼児期からの英語教育を考える』開催報告[2018年03月03日(Sat)]

『幼児期からの英語教育を考える〜どの子も伸びる共有型しつけのススメ〜』

というテーマで2月18日に内田伸子先生の講演会を開催しました。

内田先生は、発達心理学、認知心理学、保育学が専門で、十文字学園理事・十文字学園女子大学特任教授、福岡女学院大学大学院客員教授、お茶の水女子大学名誉教授です。

長年にわたり「こどもちゃれんじ」の監修に携わり、しまじろうパペットの開発、商品検証を手がけられて、NHK、教育テレビのコメンテーターなどでも活躍されています。


==講演会のまとめと感想==


【先生の主張】

小学校では英語“以外”に注力すべき


【どうしてexclamation&questionその根拠は】

実は小学校以前に英語学習をしても差はつかないことが実証されたため


【そこで必要なのはこの2つexclamation

@子どもの主体的な遊び
A共有型しつけ

・考える余地を与える援助的サポート=「○○したら?」と提案する
3つのH(ほめる・はげます・ひろげる)の言葉かけ


【結果ぴかぴか(新しい)

語彙力を高め、主体的に探索し、自律的に考えて行動する

・自律的思考力(子ども自身で考える力)
・創造的想像力(学力基盤力)
 につながり、
英語を含めたあらゆる技能習得に長期的視点で役立つ


〜余談〜

先生のなぞかけが心に残ったのでご紹介ですひらめき

 共有型しつけとかけて、盆栽と解く
 その心は、松(待つ)と菊(聴く)


待って、子どもの心の声をしっかり聴くことが大事ということでした。


【受講者の感想】

・子どもが3歳で早期の英語教育が必要だと思っていたので、お話を聞いて安心しました。もっとゆっくり子どもの気持ちを第一に考え、子育てをしようと思いました。

・裏付けられた細かいデータを基にご講演して頂き、とても説得力の高いお話しに感動しました。なかなか時間の余裕がないと「強制型しつけ」になりがちですが「共有型」を今日からは意識して取り組んでいきたいと思います。子どもの質問に“正しく答えなきゃ”と思っていましたが“子どもに考えさせる”という選択肢にとても心が軽くなりました。

・「共有型しつけ」と「強制型しつけ」のお話しが心に残りました。まさに自分が強制型のしつけをしており耳が痛いです。ゆとりをもち、声のかけ方を改めたいです。英語教育について、調査・データを示していただき説明され、とても納得できました。

・子どもの声かけ、とても参考になりました。小2の娘の英語に関し、現在悩み中だったので勉強になりました。父親は早く始めた方が良いと思っているので、今日のお話を共有してみたいと思います。

【企画委員の感想】

・今まで知らなかったことがたくさん学べてよかったです。
「見える力ばかりではなく、発達が停滞しているように見える時に、こころ・からだ・脳の中で見えない力が成熟している」ということを聞いて、普段見えるところばかりで判断していることに気づきました。

・英語はできないよりもできた方が良いから、早くから取り組んだ方が良いと何となく思っていました。「自分で関心を持てば、あっという間に習得してしまう」というお話と、英語に限らず自分で生きていく力を身に付けてほしいと思ったときに、今しできないこと、今しかやってあげられないことがある!ということに気づかされました。具体的に必要なことをお話ししていただいたので、今日から実行したいと思います。
キーワード:遊びの大切さ
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/251
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント