CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 16年度 第3回親子学級 | Main | 16年度 第5回親子学級 »
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
あわこ
子どもとYouTubeのつきあい方 (10/19) たろう
ど根性おしろい花 (10/19) あわこ
そふとくり〜むのおはな (10/19) その太
ご近所さんに育ててもらう (10/18) その太
ど根性おしろい花 (10/18) あわこ
ご近所さんに育ててもらう (10/15) あわこ
小学生の反抗 (10/15) 忍子
甘えたい気持ちとの格闘 (10/13) 忍子
段ボール工作? (10/13) ひつじい
小学生の反抗 (10/13)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
16年度 第4回親子学級[2016年09月29日(Thu)]
2016年度 第4回親子学級
『子どもの発達に遊びが大切なワケ』



今回は帝京大学 教育学部で発達心理学や幼児教育を専門にされている杉本真理子教授にお越しいただきました。


オモチャを貸すかどうかは子ども自身が決める

上の子が下の子をライバル視する場合は親が「二人とも大切にしている」と感じられるように接してあげるといい。
おもちゃの取り合いをしても「貸してあげなさい」ではなく、下の子の気持ちを代弁するように「貸してくれるかな?」と声をかけるだけ。貸すかどうかは上の子が決めることで、もし貸さなくても「いじわるね」とは言わない。
貸すかどうかを自分自身で決める → 貸してあげたら気分がよかった と体験することが大切。


失敗したら自分で責任を持つ

子どもが水をこぼしたら、子どもに拭かせる。こぼしたくてこぼしているわけじゃないから「残念だったねー」と気持ちを汲んであげる。
失敗したことを責めるのではなく、どうしたらいいか伝えて一緒にやることが大切。


基本的信頼と不信

泣いていたらお母さんが来てくれると思うのが、基本的信頼。泣いてもお母さんは来ないと諦めているのが、不信。人間はどちらも経験するが、基本的信頼よりも不信が多いと、世の中はいいものだと思えないので生きていくのが大変。基本的信頼を多くしてあげることが大切。


子どもに育てて欲しいのは自尊感情と有能感

勉強するのに必要な力=集中力・持続力・向上心は、遊びの中で身につけていくもの。自尊感情・有能感は、遊びの中で育まれるので子どもには是非遊ばせてあげて欲しい。


杉本先生から2冊の絵本を読み聞かせしていただきました。

『 ぼくはおこった 』
ハーウィン・オラム 文、きたむらさとし 絵・訳

主人公の子どもは、自分の意志を否定されたために怒っている。大きくなっても意志を汲み取ってもらえなかったら、力をもって抵抗してくる。子どもがやがて自分の足で立つためには、子どもを励まして欲しい。

<受講生の感想>
・子どもの世界は小さいから、お母さんからの一言は自分の世界が壊れるくらいのダメージを受けてしまうんだと感じた。

・自分の子はテレビを見たいのに止められたりすると物を投げる。今までは止めていたが、やるだけやらせた方がいいのか?
→「物を投げちゃダメ」と声を掛けるのではなく「テレビ見たかったのよねー」と子どもの意志を汲み取った声掛けをする。

・大人になっても自分をコントロール出来ないのは、幼少期が大事か? 
→幼少期が大事。意志と意志のぶつかり合いで叩いた叩かれたの場面だけを見て、大人はすぐ「謝りなさい」というが、「何故そうなったのか」をきちんと子どもに聞いて欲しい。


『 だいじょうぶ だいじょうぶ 』
いとうひろし作・絵

お母さんたち、世の中悪いもんじゃないよ。
この子育てでいいのかな?と不安になることもあると思うけど、だいじょうぶ、だいじょうぶ。


ペン学級第4回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)



ファーストフードブログ担当 忍子のつぶやきファーストフード
最後の、先生からのお言葉「 だいじょうぶ、だいじょうぶ 」で泣きそうになりましたもうやだ〜(悲しい顔)涙をこぼしている受講生の方も数人いらっしゃいました。まさしく今年の親子学級のテーマ『 今のままでいいのかな…と不安なママへ 』にピッタリで、ママたちの心に深く刺さったと思いますぴかぴか(新しい)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/212
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント