CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 15年度 第14回親子学級 | Main | 2016年度受講生募集!! »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
忍子
寄り添うキモチ (03/03) その太
子乗せ自転車あるある (03/02) わくわく
お支払いは? (02/26) きば子
気になる息子の行動 (02/26) あわこ
おっきい長男と一人娘の戦い (02/25) あわこ
食事にかかる時間 (02/22) 忍子
食事にかかる時間 (02/20) 忍子
5秒前・・ (02/20) 忍子
ママの年齢 (02/20) たろう
5秒前・・ (02/20)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
15年度 第15回親子学級[2015年12月17日(Thu)]
2015年度 第15回親子学級
『話そう!これからのこと』


9月から始まった親子学級もとうとう最終回を迎えましたぴかぴか(新しい)

はじめに1時間ほどかけて文集つくりをしてから、『話そう!これからのこと』というテーマで親子学級卒業後のことについて話をしました。


宮前市民館の施設利用方法
自分たちがグループ活動するための施設として利用するほか「みやまえ子育てフェスタ」や「夏休み子どもあそびランド」など宮前市民館主催事業にスタッフ(企画委員)として参加することで、仲間づくりをすることもおススメ。

市民活動応援マップ
市民がグループ活動をする際に利用できる施設が載っているので参考にして欲しい。

市民活動推進事業
市民活動助成金やパワーアップセミナーの情報など。

宮前親子学級を企画運営している「おひさま」への参加
宮前親子学級は学級卒業生がボランティアで企画運営している。年会費・保険料などを集めて一ヶ月に2〜3回の打ち合わせを重ねて学級をつくっている。



<15回の学級を迎えた受講生からの感想>

・見守る保育が印象的だった。以前は公園でよく手を出していたりイライラしていたけれど、手を出さなくなり楽になれた。

・同じ年の知り合いは今までいたけど、少し上の年齢の子を持つ方とは知り合いがいなかったので、幼稚園の話など聞けて良かった。佐藤安南さんの講義で、あんなに自分の事をさらけ出す講師は初めてに感じ、勇気づけられた。

・児童室のビデオで、自分が居ない所での子どもの様子を見ることが出来て良かった。

・子どもを保育に預けることが親子共々苦痛だったが、子どもから初めて「いってらっしゃい」と言ってくれた日は泣きそうになった。受講生のみんなとこれからも繋がっていきたい。

・毎回保育者さんからの暖かい言葉が嬉しくて、暖かい眼差しで保育してもらえていることが嬉しかった。



<おひさま代表:五月女さんより>

今年の学級のテーマは「もう、1人で頑張らないで」。
受講生仲間を頼りたくても頼れないような時は企画委員や保育者に気軽に声を掛けて欲しい。誰かに話すだけでも楽になれる。一ヶ月に2〜3回は打ち合わせで企画委員が市民館に集まっているので、是非気軽に顔を出して欲しい。

誰かに頼ったりしたら「すぐに恩返しをしなきゃ」と思いがちだけど「自分が出来るタイミングで自分の出来る範囲のこと」をすればいいだけ。そうやっていけば人と繋がっていける。子育ての大変さはお互い様なので、1人で悩まないで頑張り過ぎずに過ごしていって欲しい。


ペン学級第14回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)



晴れブログ担当きば子のつぶやき晴れ
2015年度の親子学級が無事に終了しました。昨年まではおひさまの代表をしていたため、なかなか親子学級のことを客観的に見ることができていなかったのですが、今年はあらためて「良い流れで15回のプログラムを組むことができたなぁ・・」と思ってしまいました(自画自賛)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
企画委員のみんなが意見を出し合って「先週の受講生の様子が○○だったから次は△△にしよう」とか臨機応変に内容を構成したり、2時間の講座を企画委員が進行してワークショップを行ったり・・本当に時間をかけてよく頑張ったなぁと思います。

私はもう子どもが小学生なので時間に自由がききますが、赤ちゃん連れで授乳しながら話し合いに参加したり、子どもを3人連れて打ち合わせに来る人もいたり、皆さん本当に大変な中で頑張って学級を作り上げてきました。

企画委員のみなさん、本当にお疲れさまでした!保育者のみなさん、受講生&企画委員の子ども達の保育をしていただきありがとうございました!そして、宮前市民館のみなさま、お世話になりましたexclamation
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/207
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント