CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 第8回親子学級 | Main | 第10回親子学級 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
あわこ
子連れ買い物あるある (01/25) あわこ
今も昔も変わらないあそび (01/23) あわこ
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/23) たろう
子連れ買い物あるある (01/22) たろう
家事をやるのはオンナの仕事? (01/22) ちゃだんご
子連れ買い物あるある (01/21) その太
大好評の「ご近所マスク」第2弾 (01/21) その太
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/21) 忍子
子連れ買い物あるある (01/20) 忍子
家事をやるのはオンナの仕事? (01/20)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
第9回親子学級[2008年11月04日(Tue)]
テレビ第9回親子学級
 今回は、テレビとの付き合い方について国語メディア研究所 川崎市立宮前平中学校教諭の中村純子先生の講演でした。
 お母さん自身のテレビに関する自分史、主に子ども時代を中心に班で一人一人話し、その後、子どものテレビ状況を同じように話しあいました。班ごとにテレビとのつきあい方をまとめたり、ギャラリートークといってまとめを中心に各自のテレビ史を周りにならべ展示、班ごとに他の班を回り気づいたことを付箋に書いてつけていく作業をしました。それをみてテレビとは自分達にとって何かを標語にしてみました。「テレビもうまくつきあえばよい道具」「テレビをうまく利用して楽しむ」「子どもの年齢につれてつきあい方がかわってくる」などがでました。
 最後にメディア・リテラシーについてのビデオを見ました。中村先生からのお話しは、
・メディアは作りこまれたものであって、商業的、媒体によって見せ方も違う。
・ただ見るだけでなく、1歩踏み出して、その裏にあるものを考える。
・知っていてみるのと、知らないでみるのでは違う。
・使い方に気をつけ、見る側が価値観や考えをしっかりもつことで情報に振り回されない。
・メディアは鏡、自分自身の生き方が問われる。
 難しい話しのように感じるかもしれませんが、講座は子どもの頃のテレビの話題で盛り上がり、先生のお話もおもしろくみんな楽しみながら学べたようです。
クローバー感想:TVの情報を全て正しいと思うのではなく自分の価値観をもって判断していく必要があるということを知り、今までのTV生活を見直していきたいと思いました。  Tさん
 テレビに支配されない!?自分とは何かどうするべきか見直すいい機会でした。でも、単に皆さんと「どんなテレビを見ていた?」なんてざっくばらんに話すこと自体も楽しかったです。でもやっぱりどのママもNHKにはたすけられているんですね。(笑)    Nさん
 テレビとの関わり方を改めて考える事ができました。テレビにのめりこむのではなく、上手に利用して楽しみたいです。    Iさん
※保育日誌を載せます。徐々に関わり合っていく子ども達の様子を読んでみてください。
子ども達の名前は全て仮名です。

nissi8.doc

 
 
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/19
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント