CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 13年 第18〜9回打ち合せ | Main | 13年度 第2回親子学級 »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
忍子
寄り添うキモチ (03/03) その太
子乗せ自転車あるある (03/02) わくわく
お支払いは? (02/26) きば子
気になる息子の行動 (02/26) あわこ
おっきい長男と一人娘の戦い (02/25) あわこ
食事にかかる時間 (02/22) 忍子
食事にかかる時間 (02/20) 忍子
5秒前・・ (02/20) 忍子
ママの年齢 (02/20) たろう
5秒前・・ (02/20)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
13年度 第1回親子学級[2013年09月05日(Thu)]
2013年度 第1回親子学級 『 ようこそ!親子学級へ 』

今年もとうとう親子学級が開講しましたぴかぴか(新しい)

朝から雷ゴロゴロ大雨ザーザーで「開講できるのかしらっ?!受講生がみんな欠席したらどうしよう!!」と不安のよぎる天気でしたが、家を出る頃には雷が止み、受講生の欠席は2名だけで済みましたexclamation

まず始めは母子揃って児童室に集まったのですが、ママにしがみついて泣いている子や、楽しそうに遊ん<でいる子と様々いる中、少ししてからママ達と企画委員は会場を移動してオリエンテーションを行いました。

昨年の児童室の様子をまとめたビデオを見ながら、保育者がどのように子ども達と接しているのか、子ども同士はどのように関わり合っているかについて、保育者から説明してもらいました。

そして、親子学級に参加していただく上での約束事を企画委員から説明したり、受講生に自己紹介をしてもらって学級初日を終了しましたぴかぴか(新しい)


次回は、子育てアドバイザーとして活動されていて、児童室の保育を長年担当してくださっている大田京子さんから「見守る保育について」というテーマでお話を伺います。



かわいいブログ担当きば子のつぶやきかわいい

ビックリするくらいの悪天候の朝でしたが、とうとう?やっと?開講しましたぁぁぁ!!
今年は例年に比べてプログラムを考える時間がとても濃厚で長く、「産みの苦しみ」を感じましたあせあせ(飛び散る汗)
一生懸命考え抜いたプログラムだからこそ、受講生にとって少しでも役に立つといいなぁ・・と切に思います。そして、私も講師の方のお話しを受講生と一緒に聴いて、たくさん刺激を受けたいと思いますわーい(嬉しい顔)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/140
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
学級が始まった最初の頃が一番気持ちが揺れる時期ですよね。
私も受講した時の気持ちをいつまでも忘れないようにして、受講生さん達に寄り添っていきたいと思います。
Posted by:たろう  at 2013年09月15日(Sun) 23:13

いよいよ開講した親子学級!大雨と雷はほんとにドギマギさせられました。
これから15回、講師の方々のお話を聴いて、いろいろな考えや想いが揺れ動くと思いますが企画委員・保育者さんと力を合わせて受講生をフォローしていきましょう!(^_^)/
Posted by:その太  at 2013年09月14日(Sat) 09:43