CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 13年 第8回打ち合わせ | Main | 13年 第10回打ち合わせ »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
きば子
寄り添うキモチ (03/06) 忍子
寄り添うキモチ (03/03) その太
子乗せ自転車あるある (03/02) わくわく
お支払いは? (02/26) きば子
気になる息子の行動 (02/26) あわこ
おっきい長男と一人娘の戦い (02/25) あわこ
食事にかかる時間 (02/22) 忍子
食事にかかる時間 (02/20) 忍子
5秒前・・ (02/20) 忍子
ママの年齢 (02/20)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
13年 第9回打ち合わせ[2013年04月18日(Thu)]
2013年度のテーマが決まりましたexclamation

どうして不安になるんだろう?

テーマ案に「不安」というキーワードが多く含まれていたためこのテーマに決定しました。
育児・母親に関わるキーワードではなく、後半のテーマ「これからのこと」「自分自身のこと」をテーマに掲げてもいいのでは?という意見も出ましたが、学級に参加しようとする人は目先の悩み・不安を解決したいと考えているだろうから、「まずは学級においでよ!」と呼びかけるつもりで、育児・母親というキーワードは外さないことにしました。

副題としては、以下の案が出ました。
・迷惑かけてもいいじゃない!いっしょに育とうママもキッズも
・何でも話せる仲間をつくろう!
・みんなでいっしょに育とうよ!


プログラムについては、前半では
・自分の子ども時代の遊び(イタズラ含む)を思い出して話し合う機会を設けることで、母親になった今子供に自由な遊びをさせているか、子どものケガに敏感になりすぎてないかということを考える。
・保健所の保健士さんや公立保育園にいる看護師さんに子どものケガの対処法などを話してもらう
後半では、
・自分自身の将来を考えるきっかけになるような、学級卒業生に卒業後の活動・仕事の話を聴く。
といった案が出ました。

副題・プログラムともにまだ話し合いを始めたばかりなので、これから色々な案を出し合って決めていくことになります。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/125
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プログラム検討は学級を作っていく上で一番気を使いますよね。でも、ここが一番大切な過程です。
学級で何を伝えたいか、どうしたら伝わるかを考えることが、企画委員にとっても一番勉強になる気がします。
それに一番やりがい感じません?学級が出来ていく!って感じがします。
Posted by:たろう  at 2013年04月23日(Tue) 21:30

企画委員になって5年目になりますが、プログラムを考えると毎年頭が痛くなります(^▽^;)

自分自身が聴きたい内容・最近のママが求めているだろうと思われる内容・学級卒業生として新しい受講生に伝えていかなければいけない内容などなど、盛り込みたい内容は毎年たくさんたーくさんあります。

このたくさんの想いをうまく整理することができず道に迷うこともあるのですが、先輩方や市民館職員の方にアドバイスをいただきながら、今年もたくさん話し合って考えていきたいと思います!

ブログ担当きば子


Posted by:企画委員  at 2013年04月22日(Mon) 13:20