CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 12年度 第11回親子学級 | Main | 12年度 第13回親子学級 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
あわこ
子連れ買い物あるある (01/25) あわこ
今も昔も変わらないあそび (01/23) あわこ
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/23) たろう
子連れ買い物あるある (01/22) たろう
家事をやるのはオンナの仕事? (01/22) ちゃだんご
子連れ買い物あるある (01/21) その太
大好評の「ご近所マスク」第2弾 (01/21) その太
内弁慶姉妹の武勇伝 (01/21) 忍子
子連れ買い物あるある (01/20) 忍子
家事をやるのはオンナの仕事? (01/20)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
12年度 第12回親子学級[2012年11月22日(Thu)]
2012年度 第12回親子学級
『 これからのわたし 』


今回は、有限会社 毎日の生活研究所 代表で、NPO法人 日本冒険遊び場づくり協会 運営委員の矢郷恵子さんにお越しいただきました。

まずは “5人勝ち抜きじゃんけん” と “木・リス・嵐” のゲームをして皆で身も心もほぐしました。

そして 『 今日の2時間は<わたしたちもアーチスト>ということで、気持ちを形にして、グループで創作して楽しみます。どんなアートが生まれるか楽しみにしましょう。とにかく子育てしている自分が元気になる時間をつくりましょう 』ということで、受講生同士が交流して語り合いながら過ごしました。


想いを画用紙で表現する

様々な色の色画用紙の中から、今の自分に合った色を一人1枚選んで、破いたりテープやのりで貼ったりして、自分の気分にあった作品を作りました。それから各自で作品の発表と解説をしました。

・薄いピンク色の画用紙でお花の形を作った人は・・・

週末に娘の七五三を主人の実家で行った時に、主人と両親から「娘の誕生から今まで無事に育ててくれてありがとう」と言ってカーネーションをもらったのでこの形になった。

・クリスマスツリーのような形を作った人は・・・

昨日夫とケンカして泣いたのでギザギザの形にしたが、娘がぐずらなかったのでハートをつけてみたらクリスマスツリーのような形になった。

・ギザギザ丸の中にボールを作った人は・・・

外側のとがった所は子どもにとげとげ怒ってしまった自分の気持ち。四角の部分は「きちんとしなくては」という気持ち。フラットに落ち着いて育児をしたい気持ち。ボールはそんな色々なもやもやを表している。


みんなの想いを集めた作品

『 今の自分の気持ちと位置の確認を、言葉だけでなく形や色で表現してみてください。これからの自分のことを見つけることができるかもしれません。』ということで、4〜5人のグループに分かれて、各自が持ち寄った作品を1枚の模造紙に貼ったり絵を描いて、一つの大きな作品にしました。作品には題名をつけるとともに、今の自分の居場所として作品の中に名前を書きました。

「う・・・うまれる・・・」
umareru.JPG
集まったみんなの作品が人体のパーツみたいだったことと、メンバーに妊婦さんがいたので赤ちゃんの絵を描いた。


「輝こう わたしたち!」
kagayakou.JPG
上には雲と星、下には大地と食べ物がある。今は下に居るけど上へと星のように輝いていきたいなぁという想い。


「家族」
kazoku.JPG
みんなの持ち寄った作品が、家族をテーマにしていたものが多かった。


「私の人生〜上を向いて歩こう〜」
jinsei.JPG
華を持って生まれてくるけれど、人生は色々(くねくね・でこぼこ)ある。けれど、空の雲や月を見て上を向いて歩いていこうという想い。


「海の世界も陸の世界もひとつ 色々あるけれどみんな「ひとつ」になって頑張ろう!」
hitotsu.JPG
海の世界も陸の世界も、みんな「ひとつ」という意味。ハートの絵に親子の手をつなぐ絵を描いた。



矢郷さんの子育てメモ

子育て時期は・・・
・ 自分を見直す時期
・ 地域を知る時期
・ 夫婦や家族について考える時期
・ 本当の友人を見つける時期
・ 女としてのパワーをとりもどす時期


・家が近かったら「遊びにおいでよ」と声をかけよう。

「部屋が狭い、、」「散らかっている、、」はこの時期はお互いのこと。家を行き来きできる関係をつくることがとても大切。誘われたら気軽に行きましょう。互いの家を知っていることで安心感がグッと深まります。

 
・お昼を食べる、おやつを一緒にする。

食べることは距離を近づけます。公園などにお昼を持って出かけ、もっと親しくなったら、お昼や晩ごはんを一緒しましょう。家で親子だけで食べているより本当に楽しいですよ。


・とにかく子ども同士で遊ばせる機会をたくさんつくる。

ママたちが親しくなると子どもたちは勝手に遊び始めます。幼くても子ども同士でコミュニケーションして、互いの存在を意識してかかわり合います。子どもがお互いを意識し始めたら、お互いの預け合いも可能になります。


・人生は楽しいことばかりではありません。

子育てのこの時期にも心がグシャとすることはたくさんあります。そんなことも含めて話したり笑ったり、希望や夢を語り合うのが、この時期に持てる仲間。同じ年頃の子どもがいるというだけで、その後に続いていく友人が見つかります。自分のさびしい気持ちも聞いてもらい、相手の気持ちも聞いてあげて、癒されあって元気になる。『そんな仲間を持とう、、』と、まず自分に言い聞かせてくださいね。


ペン先週、学級第11回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)



晴れブログ担当のつぶやき晴れ

2年前に矢郷さんの講座で自分の夢をポスターに描いたことがあります。
夢なんてそれまで考えたことも無かったのに、みんなで楽しみながらポスターを作成することで夢が自分の中で明確になっていったことを覚えています。

自分の中の想いや夢は一人で溜め込まずに口に出す・・・だけではなく、アートで表現するっていうのも素敵なものなんだなぁと今回改めて思いましたぴかぴか(新しい)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/115
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
大人になると他人と手をつないだりすることって滅多にないですね。ゲームに参加して改めて感じました。人は暖かいですね〜。子どもとはまた違って不安感と安心感が入り混じった複雑な感覚です。少しでも触れ合うと、心も許せるような。。。
私の夢は専業主婦でした。叶った今、新たに探さねば。。。
Posted by:その太  at 2012年12月04日(Tue) 03:23

夢ねぇ…何年か前から娘達に「お母さんの夢は何?」と聞かれるようになりました。
子ども達はどんどん成長していきます。先を行ってるつもりだったのに、いつの間にかついて行くのか大変になって来ます。でも諦めないで頑張っていきたいな(^ー^)/
Posted by:  at 2012年11月30日(Fri) 12:06