CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« メッセージ | Main | 親学講演会»
埼玉県内で親学アドバイザー養成講座が開催されました [2008年03月10日(Mon)]
3月2日から3月9日にかけて、埼玉県内で親学アドバイザー養成講座が開催されました。
今回は短期間の集中開催です。受講された方の多くが20代から30代の男性でした。
若い父親として、あるいはこれから父親になる者として、熱心に学んでおられました。
終了後には修了証の授与式もおこなわれました。今回の講座では数少ない女性の受講者に、代表として受け取っていただきました。





千葉県内で親学アドバイザー認定講座が開催されました [2008年03月02日(Sun)]
3月1日に、千葉県内で親学アドバイザー認定講座が開催されました。
認定講座も、本日で最終回です。
今回のテーマは講座7がケーススタディー「非行、不登校等への対処」で、第5回目のケーススタディーです。グループごとに討論し、重要なポイントを講師から説明するという流れでした。
そして最終講座である講座8:「プレゼンテーションの技法」では、これまで受講したすべての講座の総まとめとして、グループに分かれて、全受講者が親学についてのプレゼンテーションをおこないました。みなさん緊張しておられましたが、周到な準備をされて今日の講座に臨まれたことがよくわかるすばらしい実習となりました。

終了後には、ささやかな懇親会が開かれました。
8日間にわたり16講座の受講を完了されたみなさんの、晴れやかな笑顔があふれる楽しい懇親会でした。

今後、受講生のみなさんから提出していただくレポートをもとに、「親学アドバイザー」の認定審査が行われます。





千葉県内で親学アドバイザー認定講座が開催されました [2008年02月24日(Sun)]
2月23日に、千葉県内で親学アドバイザー認定講座が開催されました。
今回のテーマは講座5:ケーススタディー「親と教師の連携への対処」および講座6:ケーススタディー「学業・友人関係への対処」でした。ケーススタディーも2日目となり、佳境に入ってきた感があります。
家庭や学校で実際に想定されるいくつかのケースについて、どこに問題があるのか、どのようなアドバイスをおこなうべきかをグループごとに討論し、深めあう実践的な講座でした。




東京都内で親学アドバイザー養成講座が開催されました [2008年02月17日(Sun)]
2月16日に東京都内で親学アドバイザー養成講座が開催されました。
今回のテーマは講座5「子どもの心を受け止める」、講座6「親の心を伝える」でした。
首都圏一円および遠くは新潟県や山梨県からも、熱心な受講生が参加しておられます。





千葉県内で認定講座が開催されました [2008年02月17日(Sun)]
2月16日に、千葉県内で親学アドバイザー認定講座が開催されました。
今回のテーマは講座3:ケーススタディー「育児ストレスへの対処」および講座4:ケーススタディー「しつけへの対処」でした。
講師から呈示されたいくつかのケースに対して、どのように対処するか、どのようなアドバイスをおこなうべきかをグループごとに討論し、重要なポイントを講師から説明するという流れでした。
いかにして課題をかかえた両親の気持ちをしっかり受け止めアドバイスするか、これまで学んできた親学の精神とコミュニケーションの技法を存分にいかした、実践的な講座でした。





埼玉県内で認定講座が開かれました [2008年02月17日(Sun)]
1月下旬に、埼玉県内で親学アドバイザー認定講座が開催されました。
この日はこの会場の最終日でした。

講座7はケーススタディー「非行・不登校への対処」、講座8は「プレゼンテーションの技法」でした。プレゼンテーションの技法では、事前に準備しておいていただいて、短い時間ではありましたが本番さながらに、全受講生から実際に親学についてのプレゼンテーションを実習していただきました。
講座終了後の閉会式では地元の教育委員会からご挨拶をいただき、今後の活動への期待が述べられました。
これから受講生は認定審査を受けるためのレポートを作成し、提出後に当協会理事による厳正な審査が行われる予定です。








埼玉県内で親学アドバイザー養成講座が開催されました [2008年02月02日(Sat)]
2月2日(土)に埼玉県内で親学アドバイザー養成講座が開催されました。
本日は講座最終日で、テーマは「親学アドバイザーの役割と働き」です。
これまでの6講座を総合して、勉強会を開いた場合の参加者との心の架け橋の築き方など、講義と様々な実習を織り交ぜた、親学アドバイザーとしての実践的な勉強でした。
講座終了後には修了証の授与も行われました。






愛知県内で親学アドバイザー養成講座が開催されました [2008年01月31日(Thu)]
本日の講座は、養成講座の第7、第8講座でした。

「親学は、人間と人間の『つながり方』の学びです。その親学の伝達者になることを目指してください。」「親学は、親のためだけのものではありません。これから親になる世代のためのものでもあります。」「子育ての援助者となって、子育てに悩む人たちに多くの解決策を示してあげてください。」といった講師の話のあとに、グループに分かれコミュニケーションを取る演習も行われました。

どのグループでも笑顔と笑い声があふれる様子が見られました。
日頃の体験や問題意識、ストレスなどを語り合う参加者の話題は尽きることなく、それらのエネルギーにより、熱気ある講座となりました。

今回の養成講座第8講座が終了したことにより、参加者は12時間にわたり親学を学んだことになります。今後さらに希望される方は、親学アドバイザー認定講座に進むことになります。
(永沼宏之 理事)





千葉県内で認定講座を開催しました [2008年01月29日(Tue)]
1月26日(土)に、千葉県内で親学アドバイザー認定講座を開催しました。千葉県内で開催される初めての認定講座でした。テーマは第1講座「親学の基本」、第2講座「コミュニケーションの技法」でした。昨年、親学アドバイザー養成講座をすべて修了されたみなさんを対象とした上級の講座です。親としての学び、親になるための学びに関する行政の取り組みや答申、法制度の歴史についての講義、また、講師と受講者の1対1によるミニカウンセリングの実習など、充実した学習となりました。


さいたま市で親学アドバイザー養成講座を開催しました [2008年01月20日(Sun)]
1月19日(土)にさいたま市で親学アドバイザー養成講座を開催しました。
今回のテーマは第3講座「子どもの脳の発達と親の関わり方」および第4講座「親が変わる意義とポイント」でした。