CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«愛知からの報告<続きです> | Main | 親学講演会が開催されました»
理事からのメッセージ(17) [2007年10月30日(Tue)]
「コミュニケーション」

人間関係の基本はコミュニケーションです。コミュニケーションが質、量ともに充実してこそ、人間関係は良好で豊かなものになります。もとよりそれは、友人、知人といった他人との関わりに限りません。夫婦間、親子間といった家庭内においても、また自分自身との関わりにおいても同様です。

ところがこのきわめて大切なコミュニケーションが、今、大変な危機にさらされています。コミュニケーション技術(上手に人の話を聞き、相手の気持ちを理解し、受け止める、また自分の考えや思いをわかりやすく相手に伝える力など)は、多様な人間関係の中ではじめて培われます。

しかし、少子化、核家族化、人間関係の小集団化等により、大人も子どももそれらを身につける機会を得られなくなってきているのです。また、充実したコミュニケーションは、ときに意見の衝突、自我のぶつかり合いの中で成し遂げられるものでしょう。しかし近年の風潮として、人と意見が衝突することを避け、深く関わらないようになってきており、心の通い合う人間関係を築けなくなってもいます。

さらに、一見、インターネット、携帯電話の普及等、IT技術の進展がコミュニケーションを充実させているように見えますが、そこで交わされているのは無味乾燥な情報の交換ばかり。携帯電話で頻繁に友人と連絡している多くの子どもたちも、アンケートでは「親友はいない」「孤独だ」と答えています。

昔は自然に身についたコミュニケーションの技術。しかし今は自ら積極的に学ぶようにしなければならないのかもしれません。そうしなければ、お互いますます意志の疎通がうまくいかなくなり、信頼関係も支えあう関係も築けなくなってしまうでしょう。

特に親にとって問題は深刻です。親自身がコミュニケーション下手だと、どうしても子どももコミュニケーションをうまくとれなくなり、ともすると学校の中で友達や先生と上手に関わっていけなくなってしまうからです。また、親子の間で深い信頼関係が築けず、適切な家庭教育、しつけができなくなってしまうということも考えられるでしょう。

まずは、お互い親である自分自身からコミュニケーションのあり方を反省し、少しでもよい関わり方ができるよう努めていかなければなりません。そこから、よい親子関係、家庭が生まれ、子どもたちもすくすくのびのびと育っていきます。さあ、お互い元気に、まずは朝の挨拶を交わすことから始めてみましょう。
(理事 大江弘)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました