CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«さいたま市にて親学講座を開催いたしました | Main | 理事長からのメッセージ(2)»
理事長からのメッセージ(1) [2007年05月31日(Thu)]
2005年10月、「PHP教育政策研究会」は、「活力ある教育の再生を目指して−学校・教師・親・教育委員会を元気にする提言−」を発表しました。

そしてその中で、提言12として「学校を、地域や親や子どもが集い、親としての育ちを図る『親学の拠点』として活用できるよう施設、制度の整備を進める」、提言13として「親への情報提供や指導、親と学校・教師の協力関係構築の支援を行う『親学アドバイザー』を育成し、各学校に配置する」を掲げました。

本当に親を元気にし、家庭教育を充実させるためには、親に対する経済的・社会制度的支援のみならず、親自身をも教育し、成長を促していく必要があると考えたのです。

同年12月、これらの提言を具体化するための第一歩として「PHP親学研究会」が発足、60時間を超える議論を経てようやく『「親学」の教科書』、『親学アドバイザーの手引き』(注:当協会の親学講座で使用するテキスト)が完成したわけです。
(橋史朗 理事長)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました