CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«理事からのメッセージ(4) | Main | 5月12日付 読売新聞»
理事からのメッセージ(5)「親の背中を見て育つ」 [2007年05月22日(Tue)]
昔から、「子どもは親の背中を見て育つ」と言われています。

これは、口先で言い聞かせられたり、
しつけられたりすることよりも、
親自身の日ごろの生活習慣や生き方から、
子どもは多くのことを学び、成長していくというほどの意味です。

一般的に、しつけとはほめたり叱ったり、
あるいは注意したりすることだと考えられています。

たしかにいずれも大切なことで、
子どもはほめられることで勇気付けられ、
叱られることでみずからの行動を改め、成長していきます。

ほめることも叱ることもしつけには欠かせません。

しかし、親のそうした意識的なしつけだけでなく、
子どもは、親自身が日々何気なく行っていること、
話していることから、さらにより多くのことを学んでいます。

子どもは、良いことも悪いこともすべて、
親を見て習い、成長、発達しているのです。

親のあり方こそが人間形成、教育の第一歩です。

お互い、子どもの範となるような言動を心がけるとともに、
たえず親としてのみならず、
人としてみずからを高めていきたいものです。

(大江弘 理事)

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました