CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年10月17日

81号

10代脳.jpg
『10代の脳 反抗期と思春期の子どもにどう対処するか』(2)
著者:フランシス・ジェンセン
訳者:野中 香方子
解説:渡辺久子
発行:文芸春秋, 2015年

紹介者より-----------------------------------------------------------
 
前号に続き、渡辺久子先生(児童精神科医)が解説する本書です。先生ご自身の著書には、『子育て支援と世代間伝達』(2008)、『新訂増補 母子臨床と世代間伝達』(2016)(共に金剛出版)があります。いずれ本稿でもご紹介いたしますが、渡辺先生の研究から私たちが学べることは、母子保健の「ガイダンス」に当たります。

紹介者は、親学を大きく3つの領域で考えています。一つは保健の「ガイダンス」。これは母子の心身の健康を目的とするものです。二つ目が「教育」。いわゆる「親学」ですね。最後に、家族・保育・子育て「カウンセリング」です。今号でとりあげる本書はこのなかのガイダンスに当たるものでサイエンスによる知識の伝達を目的としています。

私たちは本書から得られる情報によって、固定観念から逃れて自由で余裕のある子育て、自分育てに向き合うことができます。

本書より-------------------------------------------------------------

「悪いのは、親でも子どもでもない。10代の脳は未完成」

・脳は、後ろから前に成熟する。したがって、10代では行動の計画や決定、判断、衝動をコントロールする「前頭葉」が未成熟なのだ。20歳になってもつながりの弱い領域は20パーセントも残る。つまり、前頭葉とほかの領域をつなぐ配線が完成していないのだ。

・10代へアドバイスをするときは、何度も繰り返すことが大切になる。特に10歳から14歳では、これからすべきことを覚えておく記憶能力が他の領域の成長に追いついていない。それだけでなく、複数のことを同時にする「マルチタスク」をやりたがるが、つながりが完成していないこの時期の脳にとっては、危険ですらある。

「タバコ、お酒がダメな科学的理由」
・喫煙はIQに影響する。一日にひと箱以上吸う若者のIQは、特に低くなっていた。10代は中毒になりやすい時期でもあるため、月に1本のタバコだけで中毒が始まることがわかった。それは、おとなの脳よりも強くニコチンに反応するためだと考えられている。

・10代でタバコを始めた人は飲酒にもつながりやすく、吸わない人よりもお酒を飲み始める割合が3割高いことが報告されている。アルコールは、記憶に使うシナプスの反応を弱めるため、泥酔すると記憶をなくす一因となる。アルコールによる記憶障害は、おとなよりも10代に起きやすい。どちらも長期記憶をつくる海馬の能力を損なってしまうからだ。

・たとえ頻繁でなく、たまの飲酒でも、大量の飲酒は記憶力テストの成績を悪化させる。10代の女子は計算や運転、スポーツなどの能力が低下し、男子では集中力が大きく下がり少しでも退屈になると注意を向けられなくなってしまう。

 「女子脳、男子脳の神話と事実」

・男女の脳には小さいが無視できない違いがある。13歳の時点では、女子の方が単語を思い出すテストが得意であった。言語処理とすばやい意思決定の領域は、女子の方が脳のつながりが強い。また、この性差は「段取り能力」に現れる。

・段取りをつけるには、単なる頭の良し悪しではなく、脳の各領域がしっかりと統合されている必要がある。脳におけるこの統合機能は、30歳近くになってようやく完成するため、青年期では男女差がはっきりと認められるのだ。近年の高校は、カリキュラムの過密化によって、すぐれた注意力、企画力、段取り能力が求められる。しかしながら、男子はそのいずれも成
長が遅い。

・結局のところ、脳の成長については、発達やホルモンなどが複雑に絡み合っていてはっきりとした性差を断定することはできない。今のところ、科学者にわかっていることは、とりわけ青年期においては、脳は生まれと育ちの両方の産物だということだ。そして、育ちには、環境による刺激や
ストレスのすべてが含まれている。確かなのは、良いことであれ、悪いことであれ、私たちが学び、経験することが私たちの脳を変化させていくということだ。
【図書紹介の最新記事】
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック