CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月15日

111号

『UCLA医学部教授が教える科学的に証明された究極の「なし遂げる力」』
著 者:ショーン・ヤング
訳 者:児島 修
発 行:東洋経済新報社、2019年

紹介者から: 大きな「夢」を語るな!?

 新しい年度が始まるこの時期、子供たち(児童・生徒・学生)は新しい
 環境で、夢や目標を立てて、進んで行こうとしています。
 また、親や教師も子供に夢や抱負・目標を定めることを求めがちです。

 ところで、その夢は実現すると思っていますか。

 毎年のように、夢や希望を叶えられずに挫折する人達がたくさん
 出ていることを知っていて、また自分たちも夢を叶えることができなかった
 にも関わらず、どうしてその子は有言実行ができると思えるのでしょう。

 大きな夢を描かなくても、着実に進む方法を親や教師は教える必要が
 あるのではないでしょうか。

 本書は、誰でも確実に、自分の目標に向かえる科学的な根拠のある
 方法を紹介しています。

 本書から:最初の一歩は、「目標を小さく刻む」こと。

  「何かをなし遂げたいなら、自分を変えろ」と、私達は教えられてきました。
  しかし、性格を変えることは簡単ではありません。でも安心してください。
  パーソナリティや性格を変えなくても、自分に合った方法を見つければ、
  なし遂げる力は高められます。

 例えば、統計によるとダイエットをはじめた4割の人が1週間以内に失敗して、
 半数以上の人が始める前よりも体重を増やしています。
 身体を動かすのが健康に良いとわかっていても、運動習慣のある人は少数派で
 す。

 このように現代では、多くの人が物事をなし遂げられずに苦しんでいます。
 どうすれば人は行動を続けることができるのでしょう。

 まず、なし遂げる力を高めるために、人間の行動のメカニズムを科学的に
 理解することが大切です。

 これまで私達は、行動が長く続かないのは、意欲や動機づけが足りないからだと
 思ってきました。しかし、人間はそれほど単純ではなく、行動を変えるにはもっ
 と繊細な方法が必要なことがわかってきました。

 その最初の一歩が、「目標を小さく刻む」ことです。あたりまえと思われるかも
 しれませんが、それは一般的に思われているよりもはるかに小さなステップに刻
 んでいく、というものです。夢を抱き意志を持てば、行動は変えられるということは
 科学的に間違っていたのです。

 具体的には1週間程度で達成できる短期目標を立てて、それを実現する
 ために2日未満のステップで構成する。長期目標でも3ヶ月を超えるものは
 設定せず、3ヶ月以上掛かるものは夢として位置づける。
 この「目標を小さく刻む力」によって、結果よりもプロセスに焦点があたり、
 行動が変わり、目標を達成しやすくなるのです。
【図書紹介の最新記事】
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック