CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年05月10日

子ども未来・愛ネットワーク「春休み保養プラン」報告

当会世話人の大塚愛が代表を務める「子ども未来・愛ネットワーク」が実施した
春休みの保養プランの報告になります。ぜひ、ご一読ください。

〜2013春休み保養プラン 報告〜

春休み保養プランが無事終わりました。

今回は、福島からの親子さん61名が参加され、
今日まで一週間、スタッフ共々渋川青年の家に泊まりながら過ごしました。

今回は、ボランティアで参加してくださった方も多く、
あわせて約80名の方たちに協力していただきました。

クロワッサンサーカスの清水さんのつなわたり、
ミンチュノンさんの韓国伝統芸能、
高松農業高校の学生さんによる芝人形づくりワークショップ、
下山田さんがファシリをしてくださったダイアログカフェ、
直島文化村で温かいおもてなしをしてくださったベネッセハウスのみなさま、
子どもたちに「うらじゃ」を教えてくれた笑鬼のみなさま、
笠岡から2日間整体に来てくださった河村高司さん、
ネイチャーゲームを指導してくださったモヤさんと勝間さん、
ステキなアロマイベントに来てくれた「こころつなぐ会」のみなさま、
託児や子どもの遊び相手に来てくださった倉敷湘南高校や岡山大学の学生さんたち、
一般から応募してくださった方たち・・

泊まりや通いで参加してくれたスタッフやその子どもたちが約20名。

プラン中に関わった方は、のべ約170名!の大所帯となりましたが、
保養プランも始めてから5回目とあって、
今までのメインスタッフのチームワークもUPし、
また新たにスタッフとして助けてくれた方もあり、
順調に一日、一日進めていくことができて、
参加者の方も、ボランティアの方も、そしてスタッフも、
それぞれにプログラムや交流を楽しむことができた一週間となりました。

今までと比べると、今回は高校生や大学生の学生さんと関わる機会が多く、
子ども達と若いお兄さん、お姉さんが好きで、あっという間になかよくなり、
楽しそうに交流している様子がうれしく、印象的でした。
お母さんたちも、きっとホッとできたのではないか、と思います。
(私も含め、子連れスタッフも助かりました^^)

いろんな形で関わっていただいた皆さま、どうもありがとうございました。

また、今回は、おかやまコープの有志の方々、グリーンコープ生協おかやまさん、
児島の婦人会のみなさん、尾道の農家さん、他数名の方たちから、
納豆やわかめ、果物などをたくさん提供いただきました。
また、渋川青年の家の調理師さんにも、
保養プランのための食事メニューのために協力していただき、
保養プランを支える「食」の部分で、おおいに助けられました。
ありがとうございました。

今回の保養プランの報告については、
次回に開く予定の定例会などで、写真を交えて報告をさせていただきたいと考えています。
また、決まりましたら連絡させていただきますので、どうぞご参加ください。

会計については、今回で約80万円の経費がかかりました。
(詳細は総会で報告します)
一昨年より寄付をしていただいた皆様にも、この場をお借りして
報告とお礼をお伝えします。

大塚愛
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック