CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年11月 | Main | 2021年01月»
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
魔除けの「庚申(こうしん)さん」 [2020年12月26日(Sat)]
疲れた時に出てくる歯の痛み(噛むと痛い)が出だしました。年末年始の長期休診を考え、早めにと思い歯科へ行って来ました。その歯科の駐車場の近くに出来た新しいホテルの入り口に「庚申さん」がぶら下がっていました。
DSC_1671.jpg

「庚申さん」とは、奈良町(奈良市中心街地南部)辺りの町家(古い家)の軒先にぶら下げてある魔除けの猿のお守りです。家の中に災難が入ってこないように吊るし、災いを代わりに受けてくださることから「身代わり申(さる)」と呼ばれています。奈良町には、「文武天皇」の時代に疫病が流行し「元興寺」の高僧が仏さまに祈っていると「庚申さん(青面金剛)」が現れその後疫病が収まったと言われています。又中国の道教の教えの「庚申信仰」からなるものらしく、災いの元である「三戸(さんし)の虫(人がおこなってきた悪事を庚申の日に天につたえに行く者)」は、猿が嫌いであったとか・・・
 こんなビルにも「庚申さん」吊るしてる〜〜〜手(チョキ)コロナ禍が続く中、皆の願いは、やはり疫病退散ですexclamation   (TK)
| 次へ