CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大阪脊柱靭帯骨化症友の会(大阪OPLL友の会)
 骨化症と診断され、びっくりされている方、手術をどうしたものかと悩んでおられる方、手術をされたその後もすっきりしない方、ご家族の方の治療方法でお悩みの方。 私たちの患者会に入会されませんか?
 同じ病の患者たちが手を取り、助け合い、同じ病だからこそ、ともに理解しあえる患者の集いの会です。 活動はボランティアで行っています。
 会の設立は平成6年10月です。会員は250名ほど、日本全国です。会報誌、医療講演会、医療相談会、会員交流会の開催、会員からの相談、問合わせ対応、全国関係団体・関係機関との連絡、情報交換などを行なっています。
 会員へは、脊椎専門指導医の御紹介なども行なっています。お気軽に電話、メールなどしてください。
« 2020年01月 | Main | 2020年03月 »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
「ぼたもち」と「おはぎ」[2020年02月27日(Thu)]
三寒四温の季節柄、不安定な日が続きますね。今日は、風があり寒かったです。コロナウィルス台風台風早く何処かへ飛んで行って欲しいです。
でも季節(自然)は少しずつ変化していってますねグッド(上向き矢印)
3月は、お彼岸の季節です。お彼岸と言えば、ジャジャ〜ン「ぼたもち」又の名を「おはぎ」を食べますねわーい(嬉しい顔)私だ〜い好きです。
春のぼたもち.jpg

う〜ん絵を見ただけでもヨダレが出てきます。この「ぼたもち」「おはぎ」って食べる(作る)季節の花によっての呼び名の違いで同じ食べ物を指すようです。
「ぼたもち」は、春のお彼岸に食べられ、小豆を牡丹の花に見立てて「ぼたんもち」が「ぼたもち」に変わったらしいです。
「おはぎ」は、秋のお彼岸に食べられ、小豆を萩の花と小豆の形状が似ているため「おはぎもち」が「おはぎ」に変わったとか。小豆の赤色は、災難が降りかからないようにする厄除けの効果の邪気払いの意味が込められていたそうです。私的イメージでは、「ぼたもち」は、もち米でこしあんで大きな丸い形。「おはぎ」は、うるち米で粒あんで細長い俵型と思っていました。
ひらめき地域による呼び名の違いもあるようです。
おはぎ.jpg

12年前この「おはぎ」を下を向いて丸めていた時腕に強烈な痺れがはしり、整形外科を受診し、骨化症発見となりましたもうやだ〜(悲しい顔)きっと極端に首の神経を圧迫したからでしょうね…久しぶりに「おはぎ」作ろうかなかわいい
皆さん、手洗いとうがいをしっかりしましょう!
では、おやすみなさい        (TK)

| 次へ
プロフィール

大阪脊柱靭帯骨化症友の会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/osakaopll/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/osakaopll/index2_0.xml