CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«KHさんからの投稿 | Main | サンドブラスト作品展»
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
1年に一度の診察日 [2022年06月10日(Fri)]
私は、15年前学研都市病院の四方先生よる頸椎の前方除圧固定術を受けました。今日は、年一回の経過観察日でした。
DSC_6207.JPG

頸椎のMRIを撮りました。胸椎・腰椎にも骨化があります。最近は、パソコンに向かう日が多いせいか首回りや背中が特に痛く気になっていました。頸椎5番の椎骨を削り腰からキャラメルぐらいの大きさの骨を削り頸椎にはめ込み、前からチタンで固定しています。去年の画像と比べながら、「変化無いよ。ま、下の6番の骨化もあるけれど手術をするほどでも無いよ」とのこと。取り合えず一安心。
最近左手の甲の部分に硬いような、柔らかいような変な突起したコブがあり痛むので、診てもらうと「ガングリオン」という事でした。
DSC_6212.jpg

皆さんはご存知でしたか?中にゼリー状の物質が膨らんでいる腫瘍がく〜(落胆した顔)(多くは良性)で腱(骨を動かすための筋)のまわりや関節・膝の半月板など、関節や腱を滑らかにうごかす為の潤滑油にあたる滑液がゼリー状にたまってくるようです。手の甲に出来やすいらしいです。これも経過観察もうやだ〜(悲しい顔)
四方先生には、2015年に当会主催の医療講演会にご登壇していただきましたわーい(嬉しい顔)
       (TK)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント