CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«国会請願書署名提出のお願い | Main | 春の陽気»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
頸椎前方除圧固定術 [2021年02月21日(Sun)]
私は、2006年6月に頸椎の前方除圧固定術を学研都市病院にて受けました。五十肩の痛みから始まり腕の痺れが現れ整形外科を受診し、頸椎5番の椎間板ヘルニアと薄く出来た後縦靭帯骨化がみつかりました。腕の痺れの大きな原因は、椎間板ヘルニアということで一緒に薄く出来ている骨化を取り除いてもらいました。5番目の椎骨の前部を削り腰からキャラメル大ぐらいの自分の骨をもってきてチタンで固定しています。自分の骨が固定するまで三ヶ月かかりました。現在は、時にひどい痺れに悩まされたりしますが、こけた時などの重症化を避ける為補強したと思っています。術後の現在の装具(カラー)は、網目で通気性が良くなっていますが私が手術を受けた頃は、プラスチック製でガッチリ止め、首は汗疹が出来真っ赤になりました。
DSC_2339.jpg

看護婦さんが、「まぁ〜がく〜(落胆した顔)気の毒ですね〜」なんてビックリされてましたふらふらもう使用する事は無いのですが、お守りのようにしまい込んでいる私です。術後1年後からプールへ行き水中ウオーキングやジムでストレッチをしました。3年ぐらいは、首回りのこりが酷かったですが、もう14年も経過すると、痛み痺れも受け入れ、冷やさない事を心がけています。胸椎の黄色靭帯骨化、腰椎の黄色、後縦靭帯骨化もありますので、病と仲良くというか、残りの人生を出来るだけ楽しく生きようと思っています。本日も一年半前に手術をされた会員さんから「歩けなかったのが杖無しでも歩けるようになった」と嬉しいお電話をいただきました。手術だけが選択肢ではありませんが、主治医の先生が手術を勧められるのなら、先生にお任せするのも大事だと思います。人生100年時代ですものねわーい(嬉しい顔) 
2012年(術後6年後)の私の横と後からの画像です。

s-北森さんの首[3243].jpg


後ろからの画像.JPG

  (TK)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント