CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«府中市郷土の森博物館の梅 | Main | リハビリ講習会のご案内»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
伏見稲荷大社 [2021年02月13日(Sat)]
どうしても天気が良いと身体がウズウズして何処かへ出かけたくなりますわーい(嬉しい顔)ということで、今日は、京都府京都市伏見区にある伏見稲荷大社(稲荷神社)(お稲荷さん)へ行ってきました。
21-02-13-20-19-07-434_deco.jpg

皆さんも一度は行かれていると思いますが私も今回で二回目です。コロナ禍での運動不足解消でしょうか、土曜日でもあるので若い方のグループが多かったです。皆さんはマスクをされ、お互いに譲り合っておられました。伏見稲荷大社は、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛を願う全国に3万社ある稲荷神社の総本宮です。境内はとても広く、稲荷山のお山巡りを一周すると約4キロあり2時間ほどかかります。奥社奉拝所(おくしゃほうはいしょ)の横には、「おもかる石」というのがありました。願い事を思いながら石灯籠の上の宝珠石を持ち上げ、予想より軽ければ願いが叶うグッド(上向き矢印)と記してあったので、どきどきしながらチャレンジしたのですが、ビクとも動きませんでした〜もうやだ〜(悲しい顔)重ければより一層の努力が必要らしいですふらふらあちゃ〜
21-02-13-19-26-40-614_deco.jpg

白狐の絵馬には、表情豊かなアイデア感一杯のキツネちゃんが描かれていました。境内には約1万基の鳥居があり、特に「千本鳥居」は、鮮やかな朱色の鳥居に太陽の光が差し込みその美しさは圧巻でした。稲荷大社のお使いと言われる狛キツネ?が左右に「稲穂」「巻物」「玉」「鍵」などを加えて座っていました。頂上には、「末広大神(すえひろおおかみ)」という神様が祀られており、登りの階段もきつかったですが帰りの下りの階段を下りてくると、もう最後には脚がガクガクでした。マスク着用のせいもあってか、汗をぬぐっている人が多かったです。ひらめき途中の茶屋での「お茶屋さんが作った濃厚抹茶アイス最中」は、メチャクチャ美味しかったですかわいいあぁ、この達成感が何ともいえませんなぁ〜わーい(嬉しい顔)帰宅してマタマタ直ぐに湿布を貼りまくりました。多分明日は、ダウンですふらふら明日は、4月並みの気温だとか・・・では、皆さんおやすみなさい眠い(睡眠)  (TK)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント