CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«お知らせ 3月7日講演会は開催されます | Main | 府中市郷土の森博物館の梅»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
2021・奈良・福よせ雛 [2021年02月10日(Wed)]
皆さん、「福よせ雛」をご存知ですか?本日は、平城宮跡歴史公園で開催されている「福よせ雛」を友達三人で観てきました。
21-02-10-19-42-13-939_deco.jpg

雛段を卒業して第二の人生を送る「福よせ雛」るんるんお買い物を楽しんだり、自撮り棒を片手に写真撮影、ウイスキーで晩酌を楽しんだり、ビリヤードをしているお雛様・・・等々、もう思わずニッコリ笑顔になりました。家庭の事情でやむを得ず手放さなければならなくなったお雛様をもう一度何かの役にたててあげたい!という事から名古屋で平成21年に立ち上げられたプロジェクトらしいです。奈良県も令和2年から参加されているそうです。マスクもバッチリしていますよ〜わーい(嬉しい顔)心和ませてくれる「福よせ雛」皆さんも観に来てくださいね!因みに我が家のお雛様は、何年も押し入れに入ったままですふらふら

隣の「平城宮いざない館」では、「鬼新乱舞(きしんらんぶ)護る・祓う・鬼瓦の世界」のイベントをしていたので観ました。
img20210210_19574331.jpg

現在、平城宮跡歴史公園では、大極殿院南門の復元工事がされています。日本の鬼瓦は、奈良県で登場したらしく、飛鳥の寺院・藤原京・平城京・法隆寺などの各時代の鬼瓦を作成した鬼師さんたちの技術の素晴らしさを観る事が出来ました。南門に復元された鬼瓦を見上げることが出来るのは、2022年3月となります。鬼瓦は、その家を守る為の魔除けだったそうです。鬼瓦のパワーにふれて、コロナ退散というのは、いかがでしょうか?3月28日まで展示されていますのでぜひ来県してくださいねわーい(嬉しい顔) 今日は、「女三人寄れば姦しい」の如く、お喋り三昧で、ストレス発散してきましたグッド(上向き矢印)   (TK)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント