CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«医誠会 オンライン公開医学講座のお知らせ | Main | 花粉が飛んでる!»
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
平等院(鳳凰堂) [2021年01月25日(Mon)]
暖かい一日でしたわーい(嬉しい顔)皆さんは、何処かへ出かけられましたか?陽気に誘われた私達夫婦は、京都府宇治市にあります平等院(鳳凰堂)まで出かけてきました。10円玉硬貨に刻まれている鳳凰堂(阿弥陀堂)は、約1,000年の時を越えて当時の姿に再現されていて、鮮やかで優雅で美しく、まるで極楽浄土が出現したように思わせてくれました。「鳳翔館」には、一万円札に描かれている、屋根の南北の両端にある初期の「金銅鳳凰(尾の長い鳥が翼をひろげたような形)」や、阿弥陀如来坐像、木造雲中供養菩薩像、極楽浄土の壁扉画(へきひが)があり、私も極楽浄土へ行けるように阿弥陀様宜しくお願いします!なんて心の中で手をあわせてましたわーい(嬉しい顔)藤原頼道が、あの世では天災や飢餓や疫病から救われたいという人々の為にと、父藤原道長より譲り受けた別荘を仏寺に改め、平等院とされたそうです。いつの世になっても天災や疫病は、人間を苦しめますね・・・
 平等院から出て、宇治川沿いを歩きました。赤ちゃんを抱いてにこやかに笑っているご夫婦やご年配のご夫婦が仲良く手を繋いでおられたり、川辺でエサ取りをするカモメ達など、コロナがなければ平和そのものの風景がそこにありましたぴかぴか(新しい)最近は、あらゆるところの老化も進み焦っている私ですが、この川の流れのように、あるがままに流れるしかないな・・・と思いました。密を避け、ワクチン接種に希望を持ちましょうグッド(上向き矢印)


おやすみなさい      (TK)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント