CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«グレーのカーテン | Main | TIさんからの投稿 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
公開医学講座を視聴 [2020年08月28日(Fri)]
本日14:00〜医療法人医誠会の「ZOOM」によるオンライン公開医学講座を視聴しました。(8月24日皆さんにご案内済み)
20-08-28-16-06-22-069_deco.jpg

講師の小澤洋子氏から30分のお話しがありました。参加者へのクイズ方式を取られイメージキャラクターの「ウータンちゃん」が出てきたり、最後には、参加者への質疑応答の時間もありました。
★薬を処方してもらっても、飲み忘れなどで自宅に残った薬(残薬)は、年間500億円ある
★同一薬局で、75歳以上の方が7種類以上処方されているのは、25%(平成25年〜平成29年
 調査)ある
★薬は6種類以上超えてくると薬物有害事症の頻度が高くなり、転倒などが起こりやすくなる
★薬が原因で体調が悪くなり、それに対してさらに薬を追加するという流れ(処方エスケード)
 が起こる。
★年齢が高くなると不眠、食欲不振、便秘の症状が出やすくなり睡眠薬右矢印1便秘右矢印1緩下剤となり食欲
 低下になり、、栄養状態の悪化により筋肉量が落ち、ふらつきや転倒が起きやすくなる
    ↓   ↓   ↓
   自己判断で薬は止めない。
★治療に必要な薬はキチンと服用
★薬を飲めていないときは医師に正直に伝える
★薬の数が気になる場合や調子が悪い時は、薬に原因がないか薬剤師に相談してみる

以上簡単に講演内容をまとめさせていただきました。
我が家は、92歳の義父の介護があります。今までは、近所のカラオケ仲間さん達が来てくださりカラオケカラオケを楽しみ生活への励み(生きがい)があったのですが、最近のこのコロナ禍で、カラオケ会が出来ず、食欲も落ち(コロナ鬱?)体重も減ってきて元気がありません。先生や薬剤師さんに相談していこうと思います。私自身も逆流性食道炎(胃酸過多)で二種類の薬とコレステロールを下げる薬を服用しています。受診すれば、「老化ですね」なんてよく言われてしまいますが、なんとか老化へのスピードを加速させないようにしたいですわーい(嬉しい顔)
      (TK)

Posted by きたもり at 16:09 | 健康 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント