CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大阪脊柱靭帯骨化症友の会(大阪OPLL友の会)
 骨化症と診断され、びっくりされている方、手術をどうしたものかと悩んでおられる方、手術をされたその後もすっきりしない方、ご家族の方の治療方法でお悩みの方。 私たちの患者会に入会されませんか?
 同じ病の患者たちが手を取り、助け合い、同じ病だからこそ、ともに理解しあえる患者の集いの会です。 活動はボランティアで行っています。
 会の設立は平成6年10月です。会員は250名ほど、日本全国です。会報誌、医療講演会、医療相談会、会員交流会の開催、会員からの相談、問合わせ対応、全国関係団体・関係機関との連絡、情報交換などを行なっています。
 会員へは、脊椎専門指導医の御紹介なども行なっています。お気軽に電話、メールなどしてください。
« 奈良公園 浮見堂 | Main | えっ ぼくたちのこと? »
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
めだかの学校[2020年04月03日(Fri)]
食料品の買い物に行った農産物直売所で「めだか」の販売をしていました。
わーい(嬉しい顔)おぉ!気持ちよさそうに泳いでますなぁ〜と、おばちゃんは、覗き込みました。

20-04-03-20-36-59-051_deco.jpg


るんるんめだかの学校は 川のなか
そっとのぞいて みてごらん
そっとのぞいて みてごらん
みんなで おゆうぎ しているよ

めだかの学校の めだかたち
だれが生徒か 先生か
だれが生徒か 先生か
みんなで げんきに あそんでるるんるん


すっかり気分は、子供の頃にタイムスリップです。周りに誰も居なかったので、小さな小さな声で口ずさみましたグッド(上向き矢印)ふと前副会長の池田さんがめだかを飼っていて産卵がどうのこうのと言っておられたなぁと思い出しました。
「めだかさん、こんな狭い部屋は定員オーバーやね…でも私は身体が大きいから小さな生き物を育てるのは苦手なの…ごめんなさいね」と、心で呟きながらその場から離れましたバッド(下向き矢印)
小学校の頃の農繁期の時期は、水を入れた田んぼにオタマジャクシが一杯泳いでました。秋の田んぼでは、ザリガニが穴を掘って潜っているのでそれを掘り起こしたりして遊びました。蛇もよく出ました。今夜はちょっとセンチメンタルになりました。(池田さん宅のめだかさんは、元気かな〜〜〜)

山中教授のメディアインタビューでのお話
新型コロナウィルス感染拡大防止は、長いマラソンと同じです!
自粛による感染防止は、個々が自ら進んで取り組み、自分の意志と戦うつもりで!


山中教授の個人ホームページ
https://www.covid19-yamanaka.com/index.html

山中教授から貴重な情報を得る事が出来ます。

ひらめきNHKニュースで『離れて(距離)繋がる(心)』と言ってましたね。
   おやすみなさい眠い(睡眠)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/osakaopll/archive/2928
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

大阪脊柱靭帯骨化症友の会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/osakaopll/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/osakaopll/index2_0.xml