• もっと見る
«お月さまが綺麗 | Main | たくさんの署名»
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
しあわせ回廊、なら瑠璃絵 [2020年02月11日(Tue)]
一日良いお天気晴れでした。太陽の暖かさに身も心もホッコリでしたわーい(嬉しい顔)
只今奈良では、2/8~2/14「しあわせ回廊、なら瑠璃絵」が開催されています。
rurie.JPG

高貴な色である「深い青色(瑠璃色)」をモチーフにされており、幻想的で神秘的な光の演出がなされています。とても癒されますグッド(上向き矢印)。東大寺、奈良春日野国際フォーラム、奈良国立博物館、興福寺、春日大社を囲む廊下のような、正しく回廊のようにぐるりと回っていただくのがお薦めです。が、全部回るのはちょっと私達にはきついかも…鹿さんもキラキラしていて表情が豊かに表現されていますよ。私はもっぱら自分のペースで歩きたいので一人で歩き、一人で美しさに酔いしれるのですが、ムードカップルも非常に多いです。
県庁入口には、こんな「せんとくん」が待ってます。
IMG_20200204_131746.jpg

奈良公園バスターミナル東1階には、こんな「せんとくん」がお待ちかねです。

IMG_20190722_162002.jpg

寒い時期ですので、あったか〜い「吉野くず湯」などを召し上がっていただき、世界遺産登録の奈良を存分に楽しんでいただけたらと思います。
              (TK)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
あなたの知らない日本史をどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
Posted by: omachi  at 2020年02月17日(Mon) 18:48