CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人おれんじの会(特発性大腿骨頭壊死症友の会)

 特発性大腿骨頭壊死症友の会です。患者・家族の交流と情報交換を目的として2007年11月に山口県を拠点に発足しました。患者の立場から疾患の原因究明・予防・治療の確立を求め、社会に対しては疾患についての正しい理解を求めるべく働きかけています。


電話再診で病院の支払いが月をまたいだ結果、過払いになったら? [2020年10月05日(Mon)]
コロナウイルスの感染症予防のために多くの医療機関で通院患者さんの再診を極力来院せずに済ませられる場合は、電話再診にするようになっています。
 指定難病の患者さんが遠方の大学病院から薬を処方してもらい、薬は近くの薬局で受け取る場合、病院の支払いは翌月以降になる場合を考えてみましょう。この間に近くのクリニックなどにかかって処置やリハビリ、再診料などを払っていくと後で合算した時に一か月あたりの支払総額が限度額を超えることがあります。
 過払いになった文は償還の手続きが必要です。最寄りの健康福祉センター、保健所に管理表と領収書を全部持っていき、相談してください。山口県健康増進課からのお知らせでした。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント