CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人おれんじの会(特発性大腿骨頭壊死症友の会)

 特発性大腿骨頭壊死症友の会です。患者・家族の交流と情報交換を目的として2007年11月に山口県を拠点に発足しました。患者の立場から疾患の原因究明・予防・治療の確立を求め、社会に対しては疾患についての正しい理解を求めるべく働きかけています。


2月のふくふくカフェ [2019年02月05日(Tue)]
2月3日(日)あいにくの雨でした。しものせき市民活動センター小会議室で、カフェの開店です。

難病カフェですから、話題は良かったこともよくなかったことも。
病院に入院した直後にインフルエンザを発症してしまって、個室に隔離されリハビリもままならず、大変な思いをした方。
正月早々に腰椎圧迫骨折で寝正月になった人。
新年早々に災いが降ってきましたが、節分なので鬼を追い出してリセットしましょう。

鬼は外IMG_1290.jpg
写真はおなじみNHKの「ちこちゃんに叱られる」に出てくるキョエちゃんです。

今月のお菓子:定番のマドレーヌ おまけで恵方巻ロールケーキ(市販品)。IMG_1304 (1).jpgIMG_1308 (1).jpg

受験シーズンです。子供や孫の受験が気になって落ち着きませんね。ゲン担ぎのお菓子を買ってくるぐらいしかできませんが。
IMG_1278.jpg

住宅改修のポイントになるトイレの手すり。適切な位置につけたいと思っても必ずしも壁の中に下地があるとは限りません。無理につけたらしくボードから抜け落ちて手すりが破損してしまった実例を聞きました。けががなくて何よりでした。
据え置き型の手すり(フレームタイプ)で床にアンカーボルトを打つものは、立ち上がりの時に腕で押し上げる動作の助けになります。こちらは大抵のトイレで設置可能。(集合住宅の場合は、本体コンクリート部分に工事をするので、手続きが必要です)同居者の健常者には邪魔に感じられるのが欠点でしょうか。掃除もちょっと手間になります。
IMG_0602.JPG
床に固定するタイプでも左右が独立してアームを跳ね上げられるものもあります。IMG_0695.JPGIMG_0696.JPG

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント