CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人おれんじの会(特発性大腿骨頭壊死症友の会)

 特発性大腿骨頭壊死症友の会です。患者・家族の交流と情報交換を目的として2007年11月に山口県を拠点に発足しました。患者の立場から疾患の原因究明・予防・治療の確立を求め、社会に対しては疾患についての正しい理解を求めるべく働きかけています。


朝日新聞記事「求ム障害者」 [2018年10月14日(Sun)]
少し前になりますが朝日新聞が10月3日から3回連続で「求ム障害者」という特集で障碍者の雇用問題を取り上げていました。
jpg899.jpgjpg898.jpgjpg897.jpg
 法定雇用率をクリアすべく企業が努力している?のですが、現実は被用者の障害者が能力を活用でき雇用者側も成果を得られるようなウィン・ウィン関係の雇用には必ずしも直結していないようです。
 この特集では手帳を持たない障害者や難病患者の雇用促進に関しては殆ど触れられていませんでした。企業に対しては「難開金」という難病患者の雇用を助成する制度があるのですがまだ浸透しきっておらず、せっかくなので記事にも書いてほしかったです。記事のPDFはこちら。asahi motomu20181003.pdf
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント