• もっと見る
« 新海洋基本計画 | Main | まちづくりに役立つ情報»
中国アモイ市が日本の沿岸域総合管理の現場を視察 [2016年09月10日(Sat)]
2016年9月8日(木)

東アジア海域環境管理パートナーシップ(PEMSEA)のもとで沿岸域総合管理を実践してまちづくりをすすめている東アジアの地方自治体が集まるネットワーク会議PNLG。2015年度はベトナムのダナンで開催され、日本からも志摩市、小浜市の各市長がスピーチをしたのをはじめ、市職員がそれぞれの取組について発表、サイト候補地の大村湾からも議員連盟の方々が訪問しました。(log.canpan.info/oprficm/archive/332, https://blog.canpan.info/oprficm/archive/333参照)。今年は韓国アンサン市で9月4日から7日まで開催されました。日本の地方自治体にとって9月は市議会が開催される月であるため、志摩市も小浜市も今年は参加することがかないませんでした。
pnlg delegation.JPG
この日、アンサン市でPNLG2016の会議を終えた中国厦門(アモイ)市にあるPNLG事務局の3名がアモイ市への帰路途中、海洋政策研究所を訪問、寺島紘士所長、大塚万紗子特別研究員と日本の沿岸域総合管理の進捗状況、また、今年も11月にアモイで開催されるアモイ世界海洋ウィークなどについて、情報交換、意見交換を行いました。

来訪された3名は、Lin Huaiyuan常務副秘書長(厦門市海洋漁業局副局長)及びPNLG事務局のMs. Zhang Lifeng(厦門市海洋漁業局外事国際協力課長)、Ms. Zheng Yansi(厦門市海洋漁業局)で、9日(金)に東京から小浜市へ移動、10日(土)の午前中には、小浜市産業部農林水産課の御子柴北斗課長の案内で、小浜市の魚市場、小鯛ささ漬で有名な丸海、そして、御食国若狭おばま食文化館を見学、御子柴課長と意見交換したとのことです。
ベトナムで日本のICMを紹介 [2015年11月23日(Mon)]
2015年11月17日。
ベトナムのダナン市で開催されている東アジア海洋会議の2日目。
panel20.JPG 1chair.JPG
「日本における先導的な沿岸域総合管理の取組み」をテーマに、笹川平和財団海洋政策研究所と国際エメックスセンターが共催し、海洋政策研究所の古川恵太主任研究員と広島大学の松田治名誉教授を座長としたワークショップが行われました。
kaijo4.JPG 3kizugi.JPG
来生新放送大学副学長の基調講演「日本における沿岸域総合管理の展開」を古川主任研究員が代理で発表した後、プレゼンテーション1では、松田名誉教授によるセッションへの導入に引き続き、古川主任研究員が海洋政策研究所が地方自治体と共に行っている5カ所(志摩市・小浜市・備前市・宿毛湾・宮古市)での沿岸域総合管理研究調査事業について紹介しました。
uranaka5.JPG uranaka6.JPG
プレゼンテーション2では、志摩市里海推進室の浦中秀人課長代理が「順応的管理による志摩市沿岸域総合管理:新しい里海推進基本計画の第2期目」について発表。
mikoshiba8.JPG mikoshiba7.JPG
また、小浜市農林水産課の御子柴北斗課長は「小浜市の挑戦:沿岸自治体発展のための未来会議」を紹介しました。
tanaka9.JPG tanaka10.JPG
里海づくり研究会議の田中丈裕事務局長は「瀬戸内海の再生:備前市沿岸域総合管理導入に向けた沿岸環境再生活動」について報告しました。
yanagi12.JPG yanagi11.JPG
プレゼンテーション3では、国際エメックスセンターの柳哲夫特別研究員が「持続可能な沿岸海域管理法の創出」について、
hidaka13.JPG hidaka14.JPG
また近畿大学の日高健教授が「持続可能な沿岸域を実現する多段階管理手法の仮説」について、
matsuda16.JPG matsuda15.JPG
更に松田名誉教授が「日本における里海活動の現状」について発表しました。
panel18.JPGpanel17.JPG
これらの事例紹介を受けて、パネルディスカッションが行われ、日本の「里海の考え方」と「沿岸域総合管理」との関連など、ベトナム・フィリピン、カンボジアの研究者からなるパネラーおよび各国の聴衆から、さまざまな意見や質問が活発に出され、興味深い議論が展開されました。
東アジアの沿岸域総合管理EASCongress会議開催 [2015年11月20日(Fri)]
2015年11月16日
ベトナムの美しい海岸沿いの町ダナンにおいて、500名以上が参加し、EASCongress2015(東アジア海洋会議2015)の開会式が行われました。今回の会議のテーマは2015年以降の東アジア海域の持続可能な開発アジェンダの設定です。
EASOpening1.JPG EASopening2.JPG
参加国の国旗や参加組織の旗の入場および同会議の開催意義を訴えるビデオが上映された後、ベトナムのホアン・チュンハイ副首相による開会挨拶がありました。その中で、資源への影響を考慮しつつ沿岸域および海洋における経済の持続的発展を維持するためには、二国間および多国間の総合的な協力が重要であるとの見解が述べられ、また、東アジア海域の持続可能な開発戦略(SDS-SEA)が地域の国々に有用な協力の枠組みを提供していることから、状況が改善されつつあることが紹介されました。
EASOpeningflags.JPG OpeningVM.JPG
ベトナムは海洋と島嶼の持続可能な開発に関する国際的なコミットメントに向けて、めざましい進歩を遂げており、沿岸域総合管理のサイトにおける経験は、持続可能な沿岸域活用に科学と制度的インフラが重要であることを示しています。ベトナムの天然資源・環境省のグエン・ミン・クアン大臣は、EASCongress2015は国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿って今後の目標設定に際し、経験を共有する貴重な場となる、と同会議に対する期待を述べました。
EASOpeningMary.JPG EASopening10.JPG
東アジア海域パートナーシップ(PEMSEA)議長のメアリー・シーツ・チェン大使は同地域の国々の84%が、国家の政策・戦略・行動計画/プログラムとして沿岸域と海洋および河川流域の管理を実施していること、また、2015年6月の調査時点で、同地域の海岸線全体の14%がなんらかの形で沿岸域総合管理(ICM)を行っており、更にそれを拡大しようという努力が続けられていることを報告しました。
tenji1.JPG tenjihito.JPG
開会式のあと、展示会場のお披露目が行われ、PEMSEAのメアリー・シーツ・チェン議長とステファン・エイドリアン・ロス事務局長も海洋政策研究所のブースを訪ね、日本での沿岸域総合管理の各サイトでの進捗状況に目を瞠られていました。
ソウルのワークショップで日本のICMモデルサイトを紹介 [2014年09月19日(Fri)]
2014年9月4日。
K-zen.JPG
ソウル大学で「沿岸域の生態系サービスとスペース管理手法」に関する第2回国際ワークショップが行われ、東アジア諸国で沿岸域総合管理を実践している中国、日本、インドネシア、フィリピン、カンボジアの国々が、それぞれの進捗状況を発表しました。主催は韓国海洋水産開発院(KMI)、共催は東アジア海域環境管理パートナーシップ(PEMSEA)、スポンサーは韓国海洋水産省(MOF)です。
Kchairs.JPG K-opening.JPG
議長を務めたのは、PEMSEA事務局長代行のStephan Adrian Ross氏とKMI海洋政策研究部のNAM Jungho博士。
最初に、KMI副院長Chinsoo Lim博士から開会挨拶がありました。
K-K.JPG K-C.JPG
昨年行われた第1回ワークショップの概要をKMIのChoi, Hee-Jung上級研究員が報告したあと、最初の発表者は、中国・アモイ大学のBenrong Peng教授。アモイ市の沿岸域総合管理サイトの海洋エコシステム・サービスの評価手法と運用について報告されました。
K-J.JPG Kotsukav.JPG
次に、海洋政策研究財団の大塚万紗子特任研究員が志摩市、小浜市、備前市、宮古市、宿毛湾という日本の5カ所の実践サイトにおける空間計画を含めた沿岸域総合管理の進捗状況について発表しました。パワーポイントを使った発表の中で、各サイトの状況を記録映像の短縮版(英語)で紹介したところ、大変高い関心を呼びました。
K-I.JPG K-P.JPG
昼食をはさんで、3番目の発表者は、インドネシアの沿岸海洋資源研究所のLuky Adrianto所長。同国における沿岸/海域の総合的空間計画について、持続的に沿岸・海域の資源を活用するための戦略的・政策的な手法について発表しました。
フィリピン・ギマラス州のLeonard Superio Pasiderio氏は同州における沿岸域総合管理の空間管理計画について報告。
K-Ca.JPG IMG_0206.JPG
カンボジアのカンポ州環境局のSuy Thea氏は同州の沿岸の陸域ゾーニング計画について報告しました。これら5カ国からの発表を受け、アジア的なエコシステム・サービスの評価とスペース(空間)管理政策はどうあるべきかについて、出席者全員で意見交換を行いました。
マレーシア・セランゴール州内の沿岸域総合管理を活用した現場より [2014年09月17日(Wed)]
2014年9月10日。
PNLG会議3日目は、持続可能な環境保全と地域の活性化という沿岸域総合管理の考え方が覗えるようなセランゴール州内のさまざまな施設を訪問しました。
bustakahashi.JPG center2.JPG
最初に訪れたのは、Banghuris Agro Tourという体験施設。マレーシアの伝統的な生活文化、たとえば、農業、料理、遊びなどを滞在して体験できる施設です。志摩市は現在「里海学舎」という体験学習型ツーリズムを計画中で、その拠点となる施設づくりの参考になったようです。
cook1.JPG rose.JPG
次に訪れたのは、地元の材料を活かした伝統的な菓子作りの小さな工場。地元の雇用に貢献し、今では、インドネシアなどに輸出もされているそうです。
naturepark1.JPG wetland.JPG
昼食のあとは、Kuala Selangor Nature Parkという自然公園を訪問。マングローブ林を埋め立てて造成されたところですが、その後、自然公園として再整備され、環境学習拠点として活用されています。セランゴール州や環境保全活動を行っているNGOが運営しており,、企業も応援しています。餌を決して与えない、など自然の生息環境づくりを大切に保持した中で野生のサルや渡り鳥がのびのびと生息しています。宿泊も可能で、日本からも修学旅行や研修等の目的でよく人が訪れるそうです。
monkeytree12.JPG monkeys.JPG
夜は、蛍の観察です。州の北西部を流れるセランゴール川には幼虫の蛍の餌になる巻き貝が多く、一年中蛍を見ることができます。数人乗りの木製の手漕ぎボートに分乗し、静かに川辺を行くと、蛍の好む樹木に小さな蛍がいっぱいとまって光を放っています。ここも、州政府やAEONなどの企業がサポート、最近沿岸域総合管理の考え方が導入されたとのことです。写真は撮れなかったので、http://fireflypark.com/home.htm を参考にしてください。ただし、あまり飛びかわないで、まるでクリスマスツリーの小さな装飾のように、木に停まったまま、短い間隔で点滅していました。


PNLG会議参加の地方自治体が情報共有 [2014年09月15日(Mon)]
2014年9月9日。
マレーシア・セパン市で開催されているPNLGフォーラムの2日目。この日のワークショップでは、東アジア各地で沿岸域総合管理を実践している自治体が沿岸域総合管理の技術面に関する意見交換をして、情報を共有しました。
Avani2.JPG chuapnlg2.JPG
意見交換に先立ち、海洋政策研究財団が毎年日本に招聘し、沿岸域総合管理を実践している日本のの自治体や導入を希望している自治体に向けた沿岸域総合管理に関する集中講義をお願いしているチュア・ティア・エン博士が、自身の20年以上にわたる実践経験から「沿岸域総合管理の良い取組例とそこから得た教訓」について基調講演を行いました。チュア博士は、沿岸域総合管理がいかなる国の自治体においても実践できるようにと、取組方法をシステムとして構築し、普及に貢献してこられました。
pnlgws1-2.JPG pnlgRene2.JPG 
引き続き、沿岸と海洋のガバナンス、持続可能な開発の状況と連携に関する優良事例が発表され、さらに、日本の志摩市なども参加して、パネルディスカッションが行われました。
uranaka-long2.JPG uranaka-up2.JPG
志摩市の代表として、壇上にあがった浦中秀人里海推進室課長補佐は、志摩市が沿岸域総合管理に取組んだ経緯について紹介しました。真珠養殖業者たちが、悪化し始めた英虞湾の環境を取り戻そうと、干潟再生に取り組んだのをきっかけに、研究者や市、県、国などから多様な支援を得て取組が始まったという経緯です。その結果、企業のCSRや「里海」をテーマにした集客イベントや商品開発が始まり、それらが、環境の保全とともに地域活性化にも繋がるブルーエコノミーに貢献しつつあることを、英語でしっかりと報告されました。
stage.JPG icmvideo.JPG
パートナーシップ・ナイトでは、美しいマレーシアの踊りが披露され、また、予定外だが是非紹介してほしいというリクエストを受け、海洋政策研究財団が制作した日本の沿岸域総合管理についてのドキュメント映像(短縮・英語版)が上映されました。
マレーシアで沿岸域総合管理PNLG総会開催 [2014年09月08日(Mon)]
2014年9月8日(月)
昨年10月、志摩市で開催されたPNLG(東アジア海域環境パートナーシップ地方自治体ネットワーク)会議。https://blog.canpan.info/oprficm/archive/168 
今年は、マレーシアのセランゴール州セパン(Sepang)市で始まりました。集まったのは、アジアの10カ国から26の地方自治体と2つの協力団体やオブザーバー団体から合計116名。日本からは、昨年PNLGを招致・開催した志摩市が会員として、また、地方の持続可能な活性化をめざして日本の沿岸域総合管理を2010年以来ずっと支援してきた海洋政策研究財団がオブザーバーとして参加しました。志摩市からは、農林水産部里海推進室の浦中秀人課長補佐および同部水産課の高橋秀治課長補佐兼水産資源係長の2名が参加されました。
PNLG2avani.JPG PNLG1N-flags.JPG
マレーシアは国連環境計画(UNEP)が支援して1993年に沿岸域総合管理を開始した最初の国々のひとつでもあります。開会式では、セランゴール州知事、セパン市長が歓迎の挨拶をされました。
pnlg.JPG
総会初日は、事務局から昨年の進捗状況や会計等報告のあと、新メンバーとして、中国のベイハイ(北海)市と今年の開催地であるマレーシアのセパン市が紹介されました。昼食を挟んで、3つのパネルディスカッションが行われ、沿岸域総合管理導入による環境・経済等の評価指標、PEMSEAの沿岸域総合管理規範、PNLG会員増員について、熱心な意見交換が行われ、最後に今年の開催地セパン市から来年の開催地であるベトナムのダナン市へとPNLG旗が渡され、総会は無事に閉会しました。
PNLG6stage.JPG PNLG5flag.JPG
9月にマレーシアでPNLG Forum 2014を開催 [2014年08月05日(Tue)]
昨年、志摩市でPNLG(PEMSEA沿岸域総合管理地方自治体ネットワーク)会議が開催されました。
https://blog.canpan.info/oprficm/archive/168
今年のPNLG会議は、マレーシアのセランゴールで9月8日(月)〜10日(水)に開かれる予定となっており、昨年、PNLGの会員になった志摩市からも里海推進室や水産課の職員が参加することになっています。
写真 2.JPG
PNLGには、東アジアで沿岸域総合管理を実践している35の地方自治体がメンバーとして参加しており、今年のプログラムは下記のとおりです。
9月7日(日)到着、登録
9月8日(月)開会式:
      来賓等紹介、歓迎挨拶(セランゴール州知事ら)
      PNLG総会:報告等、新メンバー紹介、パネル討論
9月9日(火)技術ワークショップ:
       沿岸/海洋ガバナンスの望ましい政策と実践
9月10日(水)フィールド訪問

沿岸域総合管理に興味のある方、モデルサイトの皆さんでPNLG会議への参加を希望される方は、志摩市里海推進室、あるいは海洋政策研究財団までご連絡ください。

昨年、志摩市で行われたPNLG会議の報告書を添付いたします。是非ご覧ください。12ページから14ページにかけて、志摩市、備前市、小浜市、宿毛 湾、岩手県(宮古市)からの発表の概要が報告されています。
WP 33 Proceedings of the 2013 PNLG Forum (2).pdf
(PEMSEAは東アジア海域環境管理パートナーシップの略で、日本は政府メンバー、海洋政策研究財団は非政府メンバーです)
エノック博士の第1回オーシャンチャット(EUの沿岸域総合管理) [2013年12月25日(Wed)]
2013年12月5日(木)
イブ・エノック博士による「第1回オーシャンチャット」が開催されました。オーシャンチャットは「井戸端会議」のように海洋政策につい忌憚なく話し合おうというもの。エノック博士は、フランス国立海洋開発研究所と海洋研究開発機構の交換研究員として今年10月から来日されており、海洋政策研究財団の客員研究員でもあります。
201312Oceanchat1.jpg
今回の内容は1992年のリオ地球サミットから今日までの21年間の主にヨーロッパにおける沿岸域総合管理についてでした。そこに至る動きとして、1970年代の米国における沿岸域管理法(1972)、フランスにおける湿地と沿岸保全(1975)、1980年代の国連海洋法条約(1982)、ブルントランド・レポート(1987)、フランスの沿岸法(1986)に言及されました。
201312Oceanchat1-2.jpg
地球サミット後のEU。2002年の沿岸域総合管理奨励、2006年の統合的海洋政策、2008年の海洋戦略枠組み指令や海洋空間計画、そして今年2013年の沿岸域総合管理および海洋空間計画に関する指令の進捗状況など、沿岸域総合管理とその周辺について、更に、地中海に面したフランスThauでの沿岸域における総合管理の実践状況や、新しい里海の分析など、ヨーロッパと日本の双方をまたいだ話題が提供されました。第2回オーシャンチャットは2月開催の予定です。
中国・ドンイン市がICMの取組を発表 [2013年10月29日(Tue)]
2013年10月1日。
志摩市で開催されたPNLG Forum 2013。「東アジアの沿岸総合管理に関するワークショップ」午後のセッションでは、海外各地域からのプレゼンテーションが行われました。4番目のプレゼンテーションは中国・ドンイン市から。「入り江保全と沿岸生態系保全のための海洋保護区の持続的な管理」というタイトルで、中国水産海洋局のリュウ・ペイ氏による報告がおこなわれました。
WS12(ドンイン).jpg
中華人民共和国・山東省の黄河デルタに位置するドンイン(東営)市。「野鳥の天国」「中国で最も魅力的な湿地」と評される国立黄河デルタ自然保護区があり、国の指定する「黄河デルタ地域の高効率生態経済区」「山東省ブルーエコノミーゾーン」に含まれています。
20131027 008.jpg
2011年に、中央政府による沿岸エコシステム再生プログラムが発足したのを機に、5ヵ所の特別海洋保護区が協力して能力開発活動のための助成金を獲得、管理手法の向上などスタッフの能力を高めるとともに、PEMSEAと国家海洋局との契約成立を皮切りに、沿岸域総合管理の実践に踏み出しました。また、2010年には、PEMSEAの指導を得て「沿岸域の状態(State of Coast)」報告書と「ドンイン沿岸域戦略」を作成し、「ドンイン市 社会・経済開発5カ年計画」にその内容を反映させました。

将来的には、海洋保護区の研修実施、利害関係者間の相互発展モデルの確立、監視と管理、ネットワークの確立などを展望しているというドンイン市の報告は、開発と保全のバランスの中で持続可能な道を探っていくという前向きな意欲に溢れたものでした。

| 次へ