• もっと見る
«田原隆雄備前市新市長を表敬訪問 | Main | 的矢湾でアマモの種採り作業»
金丸弘美氏よりのメール転載「和歌山県のPR雑誌が秀逸」 [2017年08月21日(Mon)]
2017年8月20日(日)
総務省地域力創造アドバイザーで内閣官房地域活性化伝道師の金丸弘美氏より、「和歌山県のPR雑誌『和 Nagomi』が秀逸です。今号の特集は南方熊楠です。」という下記のメールを拝受。早速、拝読しましたところ、内容のみならず、写真、デザインも力強く、素晴らしいので、金丸弘美氏に許可を戴き、下記に転載いたします。是非、ご覧ください。参考になれば幸いです。

(以下、引用)
******************
金丸です。

和歌山県のPR雑誌「和 Nagomi」が秀逸です。今号の特集は南方熊楠です。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/nagomi/p33/index.html
丁寧に作られていて美しい。テーマが自然と環境と地域の力と一貫しています。
バックナンバーもすべてサイトから読めます。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/nagomi/index.html

長男・知弘・りさ夫妻が、2016年6月に和歌山県田辺市に移住しました。
その特集が今号の「わかやまに恋した人」で組まれたのでした。びっくりでした。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/nagomi/p33/p20_21.pdf

和歌山県は、若者の移住・定住・起業をサポートする支援をしています。
丁寧な体制がとられていて移住が増えているというのも納得です。
http://www.wakayamagurashi.jp/how-to/support/

田辺市は若者の起業支援をする塾も開かれています。
http://www3.u-toyama.ac.jp/chiiki/t-senryaku/tanabe/
もっとも感心した取り組みでした。とても刺激されました。 

なお知弘・りさ夫妻の移住経過と詳細は和歌山県庁の移住相談窓口がある
「NPOふるさと回帰支援センター」のサイト「FURUSATO」でも特集が
掲載されています。
http://www.furusato-web.jp/iju/wakayama-tanabe
*******************
(引用、以上)
コメントする
コメント