• もっと見る
«全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩キックオフイベント開催 | Main | 美しい富山湾クラブH29年度総会»
備前市ICM第1回専門委員会開催 [2017年03月24日(Fri)]
2017年3月23日(木)
2月6日に設立した備前市の海を活かしたまちづくりの協議会「備前市里海・里山ブランド推進協議会 with ICM」の第1回専門委員会が、備前市日生総合支所で開催されました。笹川平和財団海洋政策研究所からは、古川恵太海洋研究調査部長がアドバイザーとして、大塚万紗子特別研究員と藤重香弥子研究員がオブザーバーとして参加しました。
BizenS 6.JPG
冒頭に、協議会会長である備前市長室の今脇誠司室長が、里海・里山ブランドを推進していくには、ネットワークを活かすことが重要と挨拶されました。
BizenS 2.JPG
引き続き、事務局(備前市まちづくり部まち産業課)からこれまでの経緯・専門委員会の意義について、また協議会規約などについて説明と報告が行われ、その後議事に移りました。
BizenS 5.JPG
最初に役員の選出があり、委員長に備前市まちづくり部の中島和久部長、副委員長に備前市日生町漁協の天倉辰己専務理事が選出されました。専門委員は、下記のとおり幅広い分野のメンバーから構成されています。
BizenS 8.JPG
日生町漁協専務理事、伊里漁協組合長、岡山東農協課長代理、美作東備森林組合支所長、備前観光協会事務局長、備前市自治会連絡協議会会長、BIZEN食のアンバサダー、備前商工会議所女性会副会長、備前東商工会事務局長、協同組合岡山備前焼陶友会総務委員長、(公財)特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会事務局長、八塔寺ふるさと村運営協議会会長、備前市観光ボランティアガイド協議会会長、備前市施設管理公社事務局長、古代体験の郷まほろば、華麗備前会、日生カキオコまちづくりの会、備前市農業委員会会長、備前市地域おこし協力隊、備前市まちづくり部長ほかで、アドバイザーとして、海洋政策研究所の寺島紘士所長、古川恵太海洋研究調査部長、NPO法人里海づくり研究会の田中丈裕理事・事務局長が参加しています。
BizenS 9.JPG
それぞれの委員から、さまざまな提案が活発に行われ、委員会での議論と出会いの中から、「里海・里山ブランド推進」に関し、お互いにさまざまな協力ができるという期待も高まり、今後の専門委員会での議論が楽しみです。また、2016年度の事業として、世界農業遺産に登録された石川県能登の里山里海の視察が予定されていることが報告されました。
コメントする
コメント