CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

海洋政策研究所ブログ

海洋の総合管理や海事産業の持続可能な発展のために、海洋関係事業及び海事関係事業において、相互に関連を深めながら国際性を高め、社会への貢献に資する政策等の実現を目指して各種事業を展開しています。


海のジグソーピース No.220 <北極の今について> [2021年06月16日(Wed)]

 現在、寒い北極を舞台に熱い議論が交わされています。
 北極域は地球温暖化の影響を非常に大きく受けており、北極海の海氷が急速に減少しつつあります。一方、氷の融解に伴い、北極海航路や鉱物/生物資源の開発が現実化してきています。そのような北極における持続可能な開発,環境保護といった共通の諸課題につき、北極圏国 の間で協力、調整と相互作用を促進する手段を提供するための高級レベルのフォーラムである、「北極評議会(Arctic Council)」という組織があります。北極評議会は、北緯66度33分以北の北極圏に領土をもつ8ヵ国(米国、ロシア、カナダ、デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンがメンバー国)により1996年に設立されました。

 先月、北極評議会に大きな動きがありました。第12回北極評議会閣僚会合がアイスランドにおいて開催され、北極評議会の議長がアイスランドからロシアへと交代しました。今後はロシアのイニシアティブの下で北極評議会は活動を継続していくことになります(2023年まで)。ロシアは議長国を務める期間、先住民を含む北極圏の人々(の健康、教育、生活の質の向上、そして持続可能な社会の確保等)、気候変動を含む環境保護、社会経済開発、北極評議会の強化、を優先課題とすると発表しました。ちなみに、前議長国であるアイスランドは、北極域の海洋環境、気候とグリーンエネルギー、北極域の人々とコミュニティ、北極評議会の強化を優先課題としていました。

 また、北極評議会そのものにも組織的な変化が近年見られました。大きな変化の一つに北極評議会常設事務局の設置が挙げられます。事務局の主要な機能は、評議会の行政的支援と連絡・アウトリーチ活動であり、北極評議会の活動が円滑に行われるようサポートをしています。加えて、北極評議会ではより強いトップダウンの舵取りが行われるようになるなど、首尾一貫した明確な意思を有する組織へと変化してきています。

 日本は、2013年スウェーデンのキルナで開催された第8回閣僚会合においてオブザーバー資格が承認され、それ以降北極評議会で開催される会合に出席をしています。笹川平和財団海洋政策研究所も北極事業に力を入れており、今年4月には日露北極セミナー(クローズド)をロシア連邦極東・北極圏発展省と、5月には日本フォーラムプレリュードをアイスランドの北極サークル事務局と共同で開催しました。プレリュードの映像はYouTubeでご覧いただけます。北極海航路の利用など、日本の北極域における活動は今後活発化すると見込まれており、北極国、北極評議会の活動・変化に引き続き注目していく必要があります。

image001.pngimage002.png
写真1 ノルウェー、トロムソの景色(著者撮影)

海洋政策研究部 幡谷 咲子

Ocean Newsletter No.500 [2021年06月07日(Mon)]
No.500が完成いたしました。

『Ocean Newsletter』は、海洋の重要性を広く認識していただくため、
海洋に関する総合的な議論の場を皆様に提供するものです。 

********************************
●『国連海洋科学の10年』日本国内委員会発足に寄せて
ユネスコ政府間海洋学委員会事務局長◆Vladimir RYABININ

日本における『国連海洋科学10年』のキックオフとなる、シンポジウム「国連海洋科学の10年
スタート−「Co-design」に向けて」が2021年2月25日に開催された。
本稿は、シンポジウム開催にあたりウラジーミル・リャビニン ユネスコIOC事務局長より
寄せられたビデオメッセージの日本語訳である。


●海の科学と政策の絆を深めていこう
(国研)海洋研究開発機構特任上席研究員、東京大学名誉教授◆山形俊男

「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」が始まった。わが国でも国内委員会が発足し、
すべての関係者が協働するプラットフォームとして、美しく、健全な海、豊かで、未来予測を
活用する安全で自由な海、そしてなによりも日々の暮らしに夢と希望を与えてくれる海を実現
していくことが期待されている。


●海洋政策研究所所長に就任して
(公財)笹川平和財団海洋政策研究所所長◆阪口 秀

様々な場面で持続可能性sustainabilityが追求されるようになり、社会の中で強く意識される
ようになった。空間的に広大な領域を対象とする海洋政策においても、その政策による効果が
時間的にsustainableであるという観点が重要である。持続可能性にとっては恋愛や家族関係
のように国同士のパートナー間においても「価値観の共有」が必要であり、多様な価値観と
その違いを理解することが、地球全体のパートナーシップの構築にも求められる。


●編集後記
帝京大学戦略的イノベーション研究センター客員教授◆窪川かおる


購読のお申し込みはこちら
Posted by 五條 at 15:12 | Ocean Newsletter | この記事のURL | コメント(0)
海のジグソーピース No.219 <「ジュゴンの暮らす島」に暮らす若者たち> [2021年06月02日(Wed)]

 今年から正式な取り組みが始まった国連海洋科学の10年では、活動の一つとして海洋若手専門家(ECOP: Early Career Ocean Professional)の育成やネットワーク拡大などが進められています。このブログが公開される2021年 6月 1-2日にかけて、オンラインイベントVirtual ECOP Dayが開催され、世界中のECOPたちが活動の紹介を行う予定です。これを契機に、研究者だけでなく多様な分野のECOPが相互に関われるような機会が少しずつ構築できればいいと思います。

 ECOPが持つエネルギーについて、実感したことがあります。私は以前、タイのタリボン島という場所で海産哺乳類ジュゴンの鳴き声の研究を行っていました。バヌアツのジュゴンについて2019年12月のブログで紹介されていますが、ここタリボン島には国内最大のジュゴン個体群が生息しており、ジュゴン保護区策定に向けて関係者間で協議中です。この島の大きな特徴として、ジュゴンウォッチングが重要な産業の一つとしてすでに組み込まれている点が挙げられます(図1)。漁業・生ゴムのプランテーションが主な生業であったこの島で、島外部からの観光客誘致、ならびに雇用の創出のために、ジュゴンは大きな役割を果たしています。ジュゴンが自分たちの生活に直結しているという背景も理由と思いますが、島の人々、特に若い世代の保護活動への参画意識は非常に高いです。

image001.jpg
image003.jpg
図1 ジュゴンウォッチングの様子(上)と見つかったジュゴン(下)
(出典:海辺のフィールドワーカー

 研究機関がジュゴンに関するワークショップを開催すると、多くの若者が集まり活発な議論が行われます(図2)。主に若者から構成される複数のNGOが活動しており、海草藻場の定期観察や、漁網にジュゴンが混獲されていないかのパトロールがなされています。実際に、絡まっていたジュゴンをレスキューしたこともあると、何人かの若者が照れくさそうに教えてくれました。彼らは、島の周りの海に関してはプロフェッショナルです。どのような種類の漁がどのあたりで行われるか、ジュゴンはどのあたりでよく見られるか、よく知っています。雇用が限られる状況の中でこの島に残る貴重な若手を取り込むことは、持続的な保護区マネジメントのためにとても重要です。この現地住民によるボトムアップ的な生態系保全とエコツーリズムに対する取り組みは、一つのモデルケースとして考えられるのではないかと思います。この島に限らず、大きなエネルギーを持つ若手世代に対してアプローチし、対話を図ることは、持続的なエコツーリズムと生態系保全を目指すうえで重要な要素の一つなのではないでしょうか。

image005.jpg
図2 研究者とのワークショップに集まったタイ・タリボン島の若者たち
(筆者撮影)

 調査中(タイではなくマレーシアですが)のある晩のことです。仲良くなった島の子どもを膝の上に載せ、ジュゴンの鳴き声を探してその日録れた水中音をPCで聞いていました。PCから「ピヨピヨピヨ」というジュゴンの鳴き声が流れた瞬間、彼が目を輝かせてこちらを振り返りました。私が「これはジュゴンの鳴き声だよ」と教えてあげると、「ジュゴン!ジュゴン!」と嬉しそうに何度も音を再生する少年。ささやかではありますが、こうやって海洋生物に興味を持ってもらうことは、Public Awareness向上のための1つのステップではないかと期待してしまいます。あわよくば、彼が将来のECOPになってくれないか…というのは、おそらく行き過ぎでしょう。しかし、きっかけとは大抵、些細なことではないかと思うのです。昔日本丸を見たNOAA高官のように−−小学国語の教科書に載っていた、「歌うクジラ」を読んだ私のように。

海洋政策研究部 田中 広太郎

海のジグソーピース No.218 <よりサステナブルなシーフードを> [2021年05月27日(Thu)]

 皆さんはスーパーで魚の切り身や総菜を買うときに、何を基準に選ぶでしょうか。鮮度?値段?美味しそうか、そうでないか?つい最近あったエピソードを皆さんと共有したいと思います。現在の職場では、たびたび「違法・無報告・無規制漁業」(英語でいうとIllegal・Unreported・Unregulated – それぞれの頭文字を取って、IUU漁業)や「持続可能に獲られた水産物」が話題にのぼります。そのためか、スーパーに行くと「マリンエコラベル」や最近流行りの「SDGs(国連の持続可能な開発目標)」というワードに敏感になったりします。つい先日、久々に父とスーパーに行く機会がありました。一緒につまみでも買って、酒でも飲もうか、といった具合です。マリンエコラベル付きの魚の総菜を見つけたとき、「これ買おうよ!マリンエコラベル付きだよ!」と言ったら、父は「なにそれ?高いし、量も少ないから他のにしよ」とのこと。「マリンエコラベルって、やっぱり知られていないのかな」というのが、私のふとした思いでした(実際に消費者全体を調査したわけではないのですが…)。皆さんは、マリンエコラベルをご存じでしょうか。

image001.png
図1. MSC認証の海のエコラベル
MSCホームページより)

 マリンエコラベルは、その魚が持続漁業な漁業で獲られたことを証明するもので、代表的なものにはMarine Stewardship Council(海洋管理協議会)によるMSC認証 – 海のエコラベルがあります(図1)。MSCは、魚が水産資源の持続可能性が確保された方法で漁獲されているか、漁業が依存する生態系を維持した方法で漁獲されているか、また、地域・国内・国際ルールに則った方法で漁獲されているかを基準として、水産物に付与されるものです(MSCホームページ参照)。もしかしたら、皆さんも目にしたことがあるかも知れませんが、イオンの自社ブランド「トップバリュ」でも、MCS認証を受けた商品が販売されています(図2)。また、最近では日本の臼福本店(宮城県気仙沼を拠点に、遠洋マグロ漁業を展開)がタイセイヨウクロマグロ漁業で世界初のMSC認証を取得しました。先日、私は幸運にも、臼福本店代表取締役の臼井壯太朗氏から、MSC認証取得までの長い道のりに関するお話を伺う機会に恵まれました。そこで、臼井氏の東日本大震災で被災された経験、そこからどのように復興したか、そして、これらを通して思いを強くされた持続可能な資源・活力のある漁業を若い世代に残していこうという想いに感銘を受けました。

image002.jpg
図2. トップバリュのMSC認証を受けた商品の一つ
トップバリュホームページより)

 こうしたマリンエコラベルの普及は、直接的にも、間接的にもIUU漁業の存在を排除することにつながりますし、SDGsの14番目の目標である「海の豊かさを守ろう」にも貢献します。日本では2020年12月に水産流通適正化法(正式名称は特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律)が公布され、2022年12月に施行されます。この法律は、水産物がIUU漁業に由来しないことであることを証明するために、関係業者の間で情報の伝達・記録を義務づけるものです。このように、市場から持続可能な水産物を普及する仕組みが構築されつつあります。

 しかし、一番重要なのは、やはり消費者が「持続可能性」をどれほど気にかけて、魚をスーパーで買うかということであるのかもしれません。家族にもまた、マリンエコラベル付きの魚の商品をすすめてみたいと思いながら、このブログの筆をとった次第です。ちなみに、臼井氏には当研究所の『Ocean Newsletter』にも「大西洋クロマグロに関する世界初のMSC認証取得」というタイトルでご寄稿いただいています。こちらもぜひご覧下さい。

海洋政策研究部 藤井 巌

海のジグソーピース No.217 <科学と社会の結節点とは?> [2021年05月21日(Fri)]

 東京都港区虎ノ門に笹川平和財団ビルはあります。上階の海洋政策研究所の窓からは虎ノ門の交差点と、その向こうに広がる千代田区霞ヶ関の官庁街を望めます。ビルに隠れて見えませんが、霞ヶ関からなだらかに続く潮見坂の上に国会議事堂がそびえ、さらに永田町へ続いており、ここが日本の中枢だと強く感じます。そして、笹川平和財団ビルの正面には金比羅神社、その界隈には海運や船舶の会社も多くあり、港区の由来を知れます。日本に生まれ育っても、こうした場所は自分には特に馴染みなく関係のないところと思っていました。それが不思議なご縁に導かれ、未知の世界に分け入って5年が経つ今、私の見る「科学と社会・政策との結節点」について記したいと思います。

 政策立案、政策決定の場ではさかんに「科学的エビデンスを基とした政策」の必要性、重要性が叫ばれます(図1)。海洋政策研究所にも科学と社会の結節点との位置づけで、「自然科学・社会科学・人文科学の統合による政策形成」、「国際社会において政策決定者が実現可能な政策の提案」、「地域からグローバルスケールまでの政策実現の環境整備」を担うことが望まれており、この命題の基に各種事業が展開されています。

 私は OPRIに来る前、サンゴ年輪試料から過去の気候や環境変動を復元する古気候・古環境研究の場にいました(海のジグソーピース No.128)。地球科学としての海洋を見て、教育にも携わってきました。そこから繋がって、OPRIでは近年の気候変動やサンゴ礁・島しょの環境問題を海洋政策の視点で追い、学校での海洋教育の機会を広げる役割も担ってきました。その中で、科学の知見をどうしたら社会の変容、政策に繋げられるのだろうか?と考える機会がありました。

 気候変動については、この5年間で取り巻く状況が大きく変わりました。国連気候変動に関する政府間パネルIPCCから 1.5℃特別報告書、海洋雪氷圏特別報告書が相次いで出されましたが、その中で大気と海洋の温暖化影響が顕著に現われ、今まさに我々が地球の気候システムや生態系システムの転換点にいると警鐘が鳴らされています。IPCC 報告書は多くの科学エビデンス(査読付き科学論文)のレビューを基に、各国政府の推薦を受けた科学者と専門家が執筆しています。100年を越える温暖化の長期記録は観測データになく、サンゴ年輪など地質試料による復元研究がエビデンスとなり引用されるため、私にとっても身近なテーマで関心があります。研究者としては長時間の労力と予算を費やしてまとまった論文成果が、もちろん社会で活用されたいと願いますし、またIPCC報告書作成の段階で関わる多くの研究者や査読者は、自身の研究や教育業務の傍らボランタリーで膨大な作業に従事し貢献しています。こうして作成されるIPCC報告書は他と比べても影響力が強く、各国の政府関係者を動かし2015年パリ協定枠組みが合意され、温暖化対策が進められています。

 一方、科学とともにこの数年の世界の流れを加速させたのは、スウェーデンのグレタさんに代表される若い世代から発せられた声でした。熱意が次々と大きなうねりになって世界に伝播する様子に驚きました。これほど市民の力がグローバルな地球環境に影響を与えたことが近年あったでしょうか?それだけひっ迫した喫緊の課題とも言えますが、人々の声は各国の政府代表、政治家の意識を変化させ、脱炭素化の目標が次々と掲げられていきました。しかし日本の対応はひどく遅く、世界から非難が集まりました。経済界からの声に押され科学エビデンスの薄れる状況が長く続いた中、今年に入りようやく2030年の脱炭素目標:2013年度比46% 削減が宣言されました。もはや世界の潮流を無視できない状況に追い込まれた形です。グレタさんが国連で涙ながらに訴えた「科学者の言うことを聞いて!」という言葉に胸を打たれました。

 昨年からのコロナ禍で、日本国内の対策とワクチン接種の遅れが報道されるたび、私は気候変動問題とまったく同じ構図であることに愕然としています。経済は無視できない。しかし科学エビデンスを尊重する迅速で強い対応ができないでいると、事態は改善せずにむしろ悪化してしまうのです。コロナについても、グレタさんの言葉を借りたいという思いに駆られます。

 どれほど素晴らしい科学の知見や情報があり皆が知っていても、それだけでは人々の行動は変わらないし、変えられないのが現実です。グレタさんたち若い世代のように当事者として真剣に向き合わなければ、あるいは実際に痛い目に遭わなければ、行動が変わらない。政治家に働きかけて科学に耳を傾けてもらうこと、長い時間をかけて教育現場で言い続けること、そうして市民が理解して声を上げ社会のムーヴメントをつくること、一見効率の悪いこうした方法が王道で重要なのだろうと思います。科学者は自身でその切迫性や深刻さを理解する故、このプレゼンターとして適任です。しかし実際には研究から政策まで、一切合切の全てを負うことは、一人の人間にとって過酷なのです。今も研究現場では、若い研究者が正規のポストや予算を得るために、短期プロジェクトで採用され論文を書くことに追われています。研究者が全てを担わないためにも、科学を理解して分かりやすく社会や政策へ繋ぐ「チーム」が欠かせません。そのために?海洋政策研究所には理系も文系も、背景の様々な多様なメンバーが揃っています。科学と社会を知るメンバー同士がうまく連携し、チームになれば理想的です。けれど実際には分野ごとのギャップによる戸惑いや、目の前の多種の事業に追われ、連携できるところとできないところが散在しているように見えます。自身も政策分野への学びが不足していたし、研究所内のコミュニケーションギャップに悩んだことがあります。次第に専門用語にも慣れて見渡せるようになるけれど、まだまだ未熟だと感じています。しかし他にない貴重な経験をしたとも思います。

 科学と社会の接点で活躍する人たちが増えるためには、次のことが必要と提言します。
 研究教育諸機関には、副専攻とインターンの制度を取り入れて欲しい。科学専攻の学生も、社会科学を学び政策の現場を見て体験する機会があるべきです。博物館の科学コミュニケーターのように、政策分野にも明るく、分かりやすい言葉で伝え広める人材がもっと必要です。そして研究と実務を交互に経験し、それが評価される還流システムがあって欲しい。また、初等中等教育の科学教育をもう一度見直して、文系も理系も関係なく論理的思考の向上を計るカリキュラムが必要です。この現場では時に、政策提言とはいえないような紙面に文字が空虚に並ぶ意味を持たない文書や、目的の分かりにくい会議を見かけます。しっかりした意味のある文書と明確なゴールをもった会議に変えていく人材が求められます。
 日本でも、科学の知見を社会に結び付け、その変容に繋げていく地道な努力が必要だと思います。

 OPRI での5年間の職務を終えることとなりました。政策研究の立場から見る海洋は、全く異なる世界で驚きの連続でした。気候変動・海洋酸性化に関する国連本部での会議(2017海洋と海洋法に関する国連非公式協議プロセス第18会期「気候変動の海洋への影響」)にNGOとして参加し各国代表から切実な現状を聞いたこと、苦労して解明したツバルのサンゴ礁劣化の科学知見を気候変動・海面上昇の対策のために、と現地政府に共有するも現地国のニーズや政治で埋立開発が進められていく、国際支援の難しさを知った経験(海のジグソーピース No.179)、支援する海洋教育プログラムを参観しに北海道から沖縄・奄美諸島まで全国の学校を訪問したこと(海のジグソーピース No.17)、直接航路では繋がらない伊豆・小笠原諸島の6島の都立高校生たちが初めて島しょサミットで対面し交流して輪が広がった場面(海のジグソーピース No.41海のジグソーピース No.97)、多くの忘れられない貴重な経験をさせて頂きました。有難うございました。

image001.png
図1 IPBES 生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学・
政策プラットフォームの目指す科学と政策の統合(出典:環境省

image002rev.png
2020年1月 世界のコロナ感染の広がる直前に訪問した南太平洋ツバルにて。ナヌメア環礁出身の人たちの新年祭に参加させて頂きました。2晩通して続く歌とダンスの大饗宴、人々から発せられる熱量、生きるエネルギーを感じます。コロナ禍で忘れたくありません。

海洋政策研究部 中村 修子

Ocean Newsletter No.499 [2021年05月20日(Thu)]
No.499が完成いたしました。

『Ocean Newsletter』は、海洋の重要性を広く認識していただくため、
海洋に関する総合的な議論の場を皆様に提供するものです。 

********************************
●地球規模海洋科学報告書2020年版の教えるもの
京都大学名誉教授、(国研)海洋研究開発機構アドバイザー◆白山義久

2020年12月4日、ユネスコの政府間海洋学委員会(IOC)が公開した地球規模
海洋科学報告書(GOSR)2020年版は、海洋科学の現状について、論文・資金・
研究者など様々な側面を分析した結果を取りまとめたもので、資料の分析に基づいて、
各国が検討すべき方策についての提言も示している。
本書の出版と提言が海洋立国を標榜するわが国の海洋科学の推進、さらに世界の
海洋科学発展の起爆剤となり、「国連海洋科学の10年」が成功裏に進められ、
SDG14の目標が達成されることを大いに期待したい。


●大型測量船「平洋」および「光洋」の就役─海洋調査体制の強化の現状
海上保安庁海洋情報部企画課長◆高坂久夫

2020年1月、海上保安庁に大型測量船「平洋」が、2021年3月に同型の
大型測量船「光洋」が就役した。
ここでは、約20年ぶりとなる大型測量船の就役に至る背景や、最新の観測機器を
搭載したこれら新型測量船をはじめとして、拡充された海上保安庁の海洋調査
体制の強化の現状について紹介する。


●バイオロギングを用いた海洋ごみの観測
神戸大学海洋政策科学部・大学院海事科学研究科助教◆岩田高志

バイオロギングは動物に装置を取り付け、彼らの生態を調査する手法である。
この手法を応用することで、動物をプラットフォームとした海洋物理環境や
海洋ごみなど様々な観測が試みられている。
その他にもバイオロギングは、漁業活動や生態系保全など海洋の様々な課題に
貢献していることが示されている。
近い将来、バイオロギングは海洋政策を進めていく上で欠かせない存在となるだろう。


●編集後記
日本海洋政策学会会長◆坂元茂樹


購読のお申し込みはこちら
Posted by 五條 at 14:44 | Ocean Newsletter | この記事のURL | コメント(0)
海のジグソーピース No.216 <大航海時代の日本における城下町の発展について> [2021年05月14日(Fri)]

 最近、ネットフリックスなどの定額制ストリーミングサービスで新たに制作された英語圏の映画やアニメでは、日本の歴史に対する注目度が高まっています。その中でも「エイジ・オブ・サムライ:天下統一への戦い」や「YASUKE―ヤスケ―」は、安土桃山時代(1568-1603)の魅力的なストーリーと、この時代の全体的な発展が、城下町や文化、哲学を今日まで日本の遺産として残ったことに貢献していることを紹介しています。

image001.png
写真1 国立古代美術博物館が所蔵する南蛮屏風(狩野派−安土桃山時代)[著者撮影]

 リスボンにあるポルトガル国立古代美術博物館は、絵画、彫刻、金工品、家具、織物、陶磁器、版画など、4万点を超える膨大なコレクションを有する、ポルトガルで最も訪問者数の多い博物館のひとつです。その中でも、安土桃山時代の狩野派の南蛮屏風(写真1)は、ポルトガル船の積荷が日本の長崎港に到着し、荷揚げされる様子を詳細に描いています。この屏風は、大航海時代の活発な交流や、社会の整備に合わせて隆盛を極めた茶道、能、歌舞伎などの文化の流行など、日本の黄金時代の繁栄を伝える資料となりました。

 安土桃山時代では日本の城は権力の象徴として存在していましたが、江戸時代(1600-1868)は「防御の砦」から「豪華なショーケース」、さらには「治める」へと城のあり方が移行した時代でもあります。13世紀から全国で約3000の城が築かれましたが、2021年現在、復元を含めた残存している城は約200です(写真2)。城下町の規模が大きくなったのは、商業的な需要に対応するための川や海の交通手段が発達したこと、そして何よりも都市計画が進んだことが大きいとされています。

image003.png
写真2 岩国城(復元)は1608年に山頂に建てられました(赤枠内)[著者撮影]

 1992年には「アメリカ大陸発見500周年記念万博」がスペインのセビリアで開催されました。日本館の必見スポットは、当時のまま復元した狩野派の絵による安土城のレプリカです(写真3)。この安土城は、防御のためではなく、派手な芸術性と前例のない城郭建築の展示のために建てられた、最初の城です。最大の特徴は、石垣を専門の施工集団−穴太衆が計画的に配置して作ったことが挙げられます。このような手法は、大阪城、名古屋城、熊本城など、今日の有名な大規模城郭にも適用されています。

image005.png
写真3 織田信長が建てた安土城、わずか3年間の幻の存在(1579-1582)[著者撮影]
左:1992年にセビリア万博に展示された5-6階の復元展示/
右:安土城郭資料館に展示する1/20のモデル 

 もう一つの特別な例は、豊臣秀吉が朝鮮半島と中国大陸への進出を目指して建てた佐賀県の名護屋城(写真4)です。この城の全貌を見ると、何千人もの水軍が集まっていたことが想像できます。また、名護屋城の跡地には博物館が併設されており、現代の平和と友好を象徴する韓国に関する展示物の展示も定期的に行われています。

image007.png
写真4 名護屋城の跡地と博物館の展示物[著者撮影]

 ヨーロッパでは、陸続きであるという恩恵から多文化社会を理解する上でのアイデンティティの形成において、“お城”という歴史遺産は重要な役割を果たしていました。これについて、元スペイン教育省長官のJuan M Delgado-Moreira氏は、普遍的なヨーロッパのアイデンティティ形成過程において、お城という歴史遺産は各国を結ぶための拠点となり文明栄華を導き「文化的市民権」が形成されたと論じています。

 日本の城下町も大航海時代の交流の成果だと言えます。政治的な変遷や戦争による破壊によって損失を被ったにもかかわらず、文化的な保存やより友好的な歴史的遺産の環境を促進するための経験と戦略は、全体的な政策立案の機能と枠組みについてのさらなる調査のために、学術的な注目と努力に値すると考えます。私もこれまでの調査研究に歴史や分野の視点を織り込んだ新しい視座からのアプローチを目指したいと思います。

image009.png
写真5 下町の整備、備中松山城の猫城主さんじゅーろなど
新たなお城の観光取組[著者撮影]

海洋政策研究部 黄 俊揚

Ocean Newsletter No.498 [2021年05月06日(Thu)]
No.498が完成いたしました。

『Ocean Newsletter』は、海洋の重要性を広く認識していただくため、
海洋に関する総合的な議論の場を皆様に提供するものです。 

********************************
●世界の海を巡る伝統航海カヌー「ホクレア」
海の学校主宰◆内野加奈子

コンパスなどの計器を一切使わず、星や波、風など、自然の力だけを使って水平線の彼方の島を
見出すハワイの伝統航海カヌー「ホクレア」。
星の航海術とも呼ばれる伝統航海術の概要、これまでの取り組みや人と自然の関係性などを紹介する。


●「海藻おしば」30年のあゆみ─ようこそ海の森へ
海藻おしば協会会長◆野田三千代

命を育む「海の森」を形成する海藻は、さまざまな深度の環境に適応した結果、豊かな色彩と
形状のバリエーションを持つ。
その多様性を学び、手で触れながら楽しめる「海藻おしば」は、30年以上前に筑波大学下田
臨海実験センターで誕生した。
今では幅広い年齢層を対象とした環境教育ワークショップとして各地で実施されている。


●東海大学海洋学部で行われている海洋実践教育
東海大学静岡キャンパス長・学長補佐◆山田吉彦

東海大学海洋学部は1962年に創設され、以来、海洋実践教育に重きを置き、58年にわたって海洋に
関わる幅広い分野の人材育成に携わってきた。
専門分野に細分化されていた海洋教育も、各領域間との連携・連動が不可欠となっており、本学部では
これまで実践してきた「海の総合教育」をさらに進化させ、海洋国家を支える人材を育成し続ける
ことを目指している。


●『海洋白書2021』の刊行について


●編集後記
帝京大学戦略的イノベーション研究センター客員教授◆窪川かおる


購読のお申し込みはこちら
Posted by 五條 at 14:00 | Ocean Newsletter | この記事のURL | コメント(0)
海のジグソーピース No.215 <太田昌秀博士を偲ぶ> [2021年04月30日(Fri)]

 笹川平和財団海洋政策研究所が以前大変お世話になったノルウェー在住の太田昌秀博士のご遺族から、四十九日を迎えての訃報をいただきました。

 当研究所の原点にあるシップ・アンド・オーシャン財団(Ship and Ocean Foundation: SOF)は、日本財団笹川陽平理事長(当時)の下、世界に先駆けて、日本・ノルウェー・ロシア3ケ国による北極海航路啓開研究開発事業(International Northern Sea Route Programme: INSROP)を行い、財団の英文名称の頭字語であるSOFが広く世界に知られるようになった時代があります。ロシアは、ソ連からロシア連邦に変貌しつつあった混乱期の事業です。ノルウェーではオスロ郊外のThe Fridtjof Nansen Institute(FNI)が、ロシアではサンクトペテルブルク所在のCentral Marine Research and Design Institute(CNIIMF)が中核となって事業を進めました。当時のオスロには、1964年、ノルウェーの奨学金を受けて北方圏の地質研究に携わり、1972年からNorwegian Polar Research Institute(NPRI)の研究者として地質学研究に従事していた北海道大学ご出身の太田昌秀博士が居られました。

 太田博士は、バレンツ海周辺の陸域での基盤岩の研究で知られ、スピッツベルゲン島では、古生代のカレドニア造山帯で、初めて青色結晶岩(藍閃片岩)を発見し、プレート・テクトニクス論に一石を投じたことで知られています。INSROP事業でお世話を願った時分には、太田博士はノルウェーに骨を埋める決意を固められ、その後定年を迎えた際には、NPRIがトロムソへ移転するのを機会にオスロ残留を決められ、以降NPRI嘱託の研究者となる道を選ぶと言う、私生活上誠に慌ただしい時のようでした。しかし、快く我々の申し出を引き受けて下さり、様々な貴重な助言をいただくとともに、INSROPに係る会議に出席していただき、睨みを効かせて下さいました。

 オスロでの最初のINSROP会議では、世界の第一線の研究者による研究を遂行すべきとの日本の主張は、科学委員会では太田博士のFNIへの発言を得て、また理事会では笹川理事長の理に適った指導力にて、Norwayがようやく合意して事業骨格が決定、最終的には14ケ国、390名の研究者の協力が得られました。太田博士は虚心坦懐でしたが、信念の人でもあり、北極研究のあるべき姿は、奇しくも当時の財団の理念と一致し、その実現に向けて、おぞましくも山積する障害物をどう取り除き、ゴールに到達するのか、毎回、酒を肴に議論が尽きることはありませんでした。また、北極点ツアーが始まると日本人ツアー客のためのツアーガイドを務められ、貴重な航海記録写真の数々を頂戴しました。

 FNIの建屋は北極遠征を敢行したフリチョフ・ナンセンの研究所を継承しており、庭にはそのナンセンのお墓があります。また、ナンセン個人の研究室も現役時代のまま大事に保存されています。たまたま、ナンセンの研究室に立ち入ることが許されて大感激をしたことを太田博士に話すと、何とか見学できないか、頼んでくれとのことで、これきりとの約定で、見学が許され、再度感激を新にする機会を得ることができました。太田先生の喜びもひとしおで、世界視野での行動規範を再確認したとの思いを話されました。

太田先生.JPG
在りし日の太田博士(著者撮影)

 悲しくも幽明境を異にすることとなり、ここに謹んでご冥福を祈念致します。

特別研究員 北川 弘光

海のジグソーピース No.214 <恰好いい!海の男 [2021年04月21日(Wed)]

 アメリカ海洋大気庁海洋大気研究所(NOAA, Oceanic and Atmospheric Research)のCraig McLeanさんは私の親友の一人です。写真を見てもお分かりのように、非常に男前で実際にダンディーな恰好いい方です。

image001.jpg
Craig McLeanさんのポートレート(出典:NOAA

 大きな国際会議の檀上で披露される説得力満点のスピーチにはいつも聞き惚れてしまいます。とにかく“恰好いい”方です。また、皆様もご存じかもしれませんが、Craig McLeanさんはNOAAの重鎮であるだけでなく、言わずと知れた国際海洋科学の重鎮でもあります。今年の1月1日から始まった「国連海洋科学の10年(Ocean Decade)」についてMcLeanさんは、



と語っています。

 McLeanさんと私が気心の知れた話をするようになったきっかけは、私の前職である海洋研究開発機構(JAMSTEC)とNOAAの定期会合のときでした。JAMSTECとNOAAは、長年に渡って連携協定(MOU)を結んでいる関係にあり、日米を交互に定期連絡会を開催してきました。しかし私がJAMSTECの理事になって初めて団長として参加したときの印象は、「形式的なことばかりで、何ら提携しているメリットも中身もない。」の一言でした。勿論、伝統ある(?)JAMSTEC-NOAA定期会合ですから、クロージングでは真反対の美辞麗句を並べました。

 夜の懇親会ではNOAA側の団長であったMcLeanさんと私の座席が並びでした。最初は、日米情勢、フクシマの話、食事に出てきた肉の話、ワインの話などが弾みました。頃合いを見計らって、私から単刀直入に「この定期会合はずっとこんなスタイルだったのですか?」と尋ねてみました。その後の会話は、

McLeanさん(CM):質問の意図は?
筆者(HS):それぞれの機関で進めている研究成果を陳列しているだけで、MOUを結んで定期会合をしている意味が全く見えない。
CM:全く同感だ。
HS:これだけの人数で日本に来る時間と予算の無駄遣いだと思わないか?
CM:無駄かどうかは一概に言えないが、ずっとこんな感じでやってきている。
HS:では、生産的だと思うか?
CM:正直に言えば、非生産的だ。
HS:だとすると、やり方もスタイルも全部変えたいが良いか?
CM:提案次第だ。でも、日本人はそういうやり方を望まないのでは?

などと、ややシリアスになってきたところで、とある方に、「楽しい懇親の場でそんなことを話すべきではない。」と日本語で会話を遮られため、雰囲気を察したMcLeanが「続きはまた別の場で」となって別れました。

 しかし、その後、何度も2人で話し合い、JAMSTECとNOAAの関係を完全に新しいスキームに移行させ、MOU下に共同研究計画を明確に立てて、その進捗を確認し、次の戦略を立てるための定期会合へと変え、毎回真剣勝負の場としました。そして、ある国際会議でお会いしたときに、私からMcLeanさんを昼食に誘いました。私にとっては、そのときこそが、まさに楽しい懇親の場でした。お互いに今の仕事に至る歴史なども語り合いました。

 男前のMcLeanさんの最初の職業は、NOAA調査船の船乗りだったそうです。船乗りになったきっかけは、 少年時代にお父さんに連れられて、1976年に開催されたアメリカ建国200周年記念行事でハドソン川を帆走した初代日本丸を見学したことだそうです。「恰好いい!」日本丸の勇壮にすっかり魅惑されて、その場で「将来は船乗りになろう!」と決心されたそうです。それから海に人生の全てを捧げて今の自分がある、と話してくれたときのMcLeanさんの目の輝きは忘れられません。

image002.jpg
image003.jpg
1976年ハドソン川の日本丸(上)(出典:Nick Dewolf Photo Archive)と
現在の日本丸(下)(筆者撮影)

 そんなMcLeanさんにJAMSTECの理事を辞めてOPRIに転職する話を打ち明けたときに、電子メイルでこんなメッセージをもらいました。

Dear Hide

I am very saddened by this news. I have found great admiration and respect for your vision, your solid leadership, and the depth of our friendship. I have always found your ideas very refreshing and found myself easily convinced of their merit. (中略)
You and I shall keep our momentum going and reinforce your move to OPRI as a positive opportunity as we might continue our advocacy toward joint exploration of the ocean and the comfort in the belief that we will find solutions for society in the coming Ocean Decade. I value your friendship, and appreciate your sharing this news with me.
With my best wishes for your success,
Craig,

<日本語訳>
親愛なる秀さんへ

 このたびの知らせを受け、大変悲しく思っています。 私はあなたのビジョン、確固たるリーダーシップ、そして私たちの友情の深さに大きな賞賛と敬意を抱いています。 私はいつも、あなたのアイデアがとても新鮮で、その良さを簡単に納得することができました。(中略)あなたと私は、この流れを維持するとともに、OPRIに移籍したことを絶好の機会と捉え、来るべき「国連海洋科学の10年」が社会のための解決策をもたらすと信じて、海洋と快適さの共同研究に向けた声掛けを続けたいと思います。あなたの友情を大切にし、このニュースを私に伝えてくれたことに感謝します。
あなたの成功を心から祈っています。
クレイグ

 恰好いい海の男からこんな言葉をかけてもらって年甲斐もなく心が揺すぶられました。McLeanさんが日本丸の勇壮を見て感動した気持ちに近かったかもしれません。「よし、これから自分は、OPRIが世界一恰好いいシンクタンクになることを目標にするぞ!」決心したわけです!

海洋政策研究所長 阪口 秀

| 次へ