CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月22日

雄大に鯉のぼり

今年も大島コミセンロビーに鯉のぼりが泳ぎました。大きさ8メートになる真鯉と緋鯉2匹が1階天井いっぱい雄大に泳いでいます。鯉のぼりの”鯉”は、古代中国の話に「鯉が滝を登って龍に出世する」という、出世を意味する魚として出てきたといわれています。日本では、江戸時代の中期ごろに立身出世の象徴として鯉が描かれるようになり、形を変えながら、明治時代以降に現在の立体的な鯉のぼりになったといわれています。男の子の健やかな成長を祈願する端午の節句。子供たちがすくすく成長することをお祈りいたします。
a.jpg
posted by 大島コミセン at 17:09| (カテゴリーなし)