CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大島コミセン施設予約状況

2020年07月28日

スイカの贈呈式とミニコンサート

7月28日、大島コミュニティーセンターのロビーでスイカの贈呈式とハーモニカのミニコンサートが行われました。
スイカの贈呈は、七夕まつりの短冊飾りに参加した100人の中から抽選で3名様に贈られたもので、大玉スイカを嬉しそうに受け取っていました。受賞者のひとりは「2日後に集会がある。みんなで食べたい。楽しみにしています。」と話していました。
この後、田彦在住の上村さんによるハーモニカのミニコンサートが行われました。演奏者の上村さんは数種類のハーモニカを使い分け、朝ドラ「エール」の古関裕而さんのテンポのいい曲「高原列車は行く」や、しっとり聞かせる「みだれ髪」など10曲ほど披露してくれました。会場は、演奏に合わせて歌を口ずさむなど、ちょうど今日が活動日の当たっていた団体の人たちが、思わぬコンサートを楽しんでいました。
スイカ贈呈.jpg
posted by 大島コミセン at 17:04| (カテゴリーなし)

2020年07月14日

短冊の願い 一番はコロナの終息

今年も、七夕の短冊飾りにご協力いただきました。コロナ禍の中、皆さんどのような願い事をしたのでしょうか。
昨年は目標達成の短冊が一番多くありましたが、今年はコロナ終息を願う短冊が36%で一番でした。次いで目標を掲げた願いが33%、健康に関する願いが22%、平穏な生活の願いが9%でした。
コロナ終息願いの中には、「コロナに負けるな、エイエイオー」「お星さまコロナを退治して」「コロナが終息し以前の生活に戻るように」など、“力で乗り切ろう”とする人や“誰か助けて”的な願いなど様々でした。目標を掲げた願いには、「いつまでも卓球ができるように」「看護師になりたい」「目的の高校に行けるように」などがありました。健康管理やスポーツに関した願いが一番多く、習い事や職業の関する願い事が2番目、次いで自分以外の家族や子供についての願い事が続きました。
今年は何と言ってもコロナウィルスに関する願いが多くありました。ウィルス実態がはっきりしない中では、日々感染者の報道に一喜一憂することなく、感染予防対策をすることが求められているのではないでしょうか。
グラフ.jpg
posted by 大島コミセン at 11:59| (カテゴリーなし)

2020年07月08日

スイカプレゼント抽選会

織姫と彦星が年に一度だけ会えると言われているロマンチックな「七夕」。大島コミセンロビーでも七夕飾りが6月17日から7月7日まで行われました。笹飾りの短冊は、願い事を来館者に書いて飾って頂き、会場を華々しく盛り上げていただきました。短冊の参加者には今年もスイカプレゼントを企画しました。7月8日の活動団体が見守る中、抽選会が行われました。鴨志田センター長から当選者が発表される度に、会場から大きな拍手が起きていました。3名の当選者には、現在すくすく育っているスイカが、食べ頃になる8月上旬に贈呈される予定です。当選者はスポーツ少年団の かもしだともか さん、ききょうの会の清水幸子さん、小学生のすずきしおん さんの3名様です。当選おめでとうございます。
img2.jpg
posted by 大島コミセン at 15:19| (カテゴリーなし)

2020年06月30日

港の風景 コミセンロビーに絵画

コミセンロビーの正面に大きな絵画が飾られています。この絵画は、年に数回入れ替えられ、皆さんを楽しませてくれています。新たに展示された作品は、六ッ野在住の小野徳栄さんが描いた県芸術祭入選作品です。大洗の船着き場を海上から眺めた風景で、岸壁につながれた2隻の船に光が当たり、その前の海面近くにカモメが飛んでいます。背景には、色のトーンが抑えられた丘陵地にたくさんの家が並び、浜の気質特有の元気な声が聞こえてきそうです。漁具の手入れをする人や往来する車、太陽の光を反射したトラックなどが描かれ、日常の一こまを切り取った味わいのある絵画です。是非、ご鑑賞ください。
img.jpg
posted by 大島コミセン at 16:10| (カテゴリーなし)

コミセン周りに色とりどりの花

コミセンの周りに、たくさんの花が太陽の日差しをたっぷり浴び元気よく咲いています。ひとつひとつよく見るととっても可愛いいものです。しっかり管理しているものや自然に思いのまま咲いているものなどさまざま。赤色や黄色、色とりどりに咲き誇り楽しい気分にさせてくれてます。
hana1.jpg
hana2.jpg
posted by 大島コミセン at 16:05| (カテゴリーなし)

2020年05月27日

大島コミュニティセンター再開館のお知らせ

日頃からコミセン事業にご理解とご協力を賜りお礼申し上げます。
新型コロナ禍による緊急事態宣言も解除され、感染への注意は必要なものの、以前と同じ日常が少しずつながら戻りつつあります。
大島コミュニティセンターでは、感染拡大防止のため2カ月間にわたり休館を余儀なくされましたが、6月2日から通常どおり開館することになりました。開館に当たっては、感染防止のため茨城県のコロナ対策指針に沿った対応とさせていただきます。下記の事項を守って頂き、体調管理には十分気を付けてください。ご協力お願いいたします。

<施設利用の注意事項>

〇入館方法
    手、手首の消毒をしてから入館して下さい。消毒は入口に用意してあります
〇マスク着用
    来館中は、風邪や喉などの症状なくてもマスクを着用してください。
〇体調管理
    発熱や咳、喉の痛みなどの症状がある方は来館しないでください。
    熱は自宅で測ってから来館してください。
    受付に非接触型体温計を用意しました。ご利用ください。
〇三密に注意
    三密にならないよう十分注意してください。
    人との間隔は2m(最低1m)空けてください。
    ロビーや通路などで密集しないようにしてください。
〇活動時の注意
    机やイスは間隔を空け密集しないよう設置してください。
    会議等は、できるだけ短時間で終わるよう努力しください。
〇部屋の喚起
    30分に1回以上ドアや窓を開け換気してください。
〇利用者名簿
    利用当日は、参加者の氏名と連絡先を把握し、名簿を作成しておいてください。
posted by 大島コミセン at 14:45| (カテゴリーなし)

2020年04月13日

5/6まで休館 新型コロナウィルスの感染防止

令和2年4月9日

大島コミュニティセンター長 鴨志田 政 行
(大島コミセン地区地域づくりの会 会長)


大島コミュニティセンター休館のお知らせ

 仲春の候、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 また、日頃より当センターの運営につきまして、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、4月7日、政府において、新型コロナウィルスの感染拡大に対応するため緊急事態宣言が発令されました。本市においては、現在、市中感染が発生していない状況下ではありますが、県内における感染者が増加傾向にあることも踏まえ、さらなる感染防止の観点から、市域を越えた人の交流を抑制していくために、これまで開館しておりました公共施設については、4月8日から、5月6日までを目途(もくと)に、体育館など屋内施設については休館することになりました。
 つきましては、当センターにおきましても、平成25年4月1日に地域移管されたとはいえ、公共施設でありますので、市の方針に準じ、誠に恐縮ではございますが、下記の期間休館させていただきます。諸般の事情をお汲み取りくださいますよう切にお願い申し上げます。




◇ 休館期間  4月10日(金) 〜 5月6日(水)

ただし、職員は勤務しておりますので、印刷や受付のためにご来館されたり、牛乳パックや廃油を届けていただいたりするのは、これまでどおりです。
(平日、土曜・日曜、祭日とも8:30〜17:30です)
コロナ休館.jpg

posted by 大島コミセン at 14:28| (カテゴリーなし)

2020年03月19日

コロナウィルスで活動の中止や延期

コロナウイルスは、今世界を脅かしている。健康被害だけでなく、経済に与える影響も深刻。ここ大島コミセンを利用し活動している団体も、活動の中止や延期が続き、すっかり静かになってしまった。普段ならば、ドアの隙間から歌声や楽器の音が通路に聞こえてくるが、ひっそりと静まり返ったコミセンは、異様に足音が大きく聞こえる。桜の花も咲き始め、気分も晴れやかになるこの季節、早く収束し普段の生活に戻って欲しいと思う。
img1.jpg
posted by 大島コミセン at 11:06| (カテゴリーなし)

2020年02月13日

春風を呼ぶ桃の節句始まる

梅の花の便りとともに、ここ大島コミセンでも、「春風を呼ぶ桃の節句」が始まりました。
 今年は、恒例の雛壇の他に、着物をリメイクした手作りの可愛らしいお内裏さま&お雛さまもお目見えしました。
 また、地域の方の手作りの吊るし雛とコミセンを利用されている生け花の団体「古流松の会」と「小原流ききょうの会」が季節のお花を飾ってくださいました。
 皆さんも、どうぞコミセンに見にいらしてください!
DSCF6982.jpg
posted by 大島コミセン at 17:22| (カテゴリーなし)

盛大に第37回芸能発表会

外野小学校吹奏楽の皆さんの演奏で幕を開けた、第37回大島コミセン芸能発表会が、令和2年1月25日ワークプラザで行われました。会場は、歌や踊り、楽器演奏など、自慢の力のこもった演技演奏に、大きな拍手が起こっていました。この日のためにステージ衣装を用意した人など、41団体延260人が日頃の鍛錬の成果を披露しました。舞台裏では、出演前の入念なリハーサルやステージでの演出を話し合うなど、芸能発表ならではの光景が見られました。また、出演後ロビーに集まり来年に向けて内容チェックする団体もあり、熱の入った楽しいイベントが行われました。
image1.jpg
image2.jpg
image3.jpg
image4.jpg
posted by 大島コミセン at 16:17| (カテゴリーなし)