• もっと見る

2022年11月28日

第22回大島コミセン地区グラウンドゴルフ大会終わる

 新型コロナウィルスの感染拡大により,2年間中止を余儀なくされたグラウンドゴルフ大会を3年ぶりに開催いたしました。
 11月27日(日)の開催当日は,快晴微風と絶好の運動日和になりました。16ホールを回り,そのスコアで競いました。参加した団体は,共栄クラブ,神明プラチナ会,大島福寿会,外野はまぎく会,むつのクラブ,あじさいクラブ,はしかべいきいきクラブの7団体(53名)でした。複数のチームで参加した団体もあります。皆さん日ごろの成果を遺憾なく発揮され,好スコアで回られた方,ホールインワンされた方が続出しました。表彰式ではお互いの健闘を称えあい,大いに盛り上がりました。
 主管していただきました体育部会の皆さんも,久しぶりの事業でしたが,チームワークで円滑な運営に努められていました。大変お疲れさまでした。
写真グラウンドゴルフ.jpg


posted by 大島コミセン at 08:54| 地域づくりの会活動

掘り出し物 ロビー店賑わう!!

 過日行いました大島ふれあいフェスタ,多くの方に来場していただき,久しぶりに活気溢れる地域活動ができました。これもひとえに本地区にお住まいの皆様方のご支援・ご協力によるものと感謝いたしております。今後ともよろしくお願いいたします。
 さて,フェスタ時実施しましたチャリティバザーの品物・在庫品がまだありますので,現在,第2弾として大島コミュニティセンターのロビーにおいて11月17日(木)より販売しております。毎日,盛況で賑わっております。ぜひ,来館時にはロビー店の方にも足を運んでいただければと思います。
 売上金につきましては,前にお伝えしましたように茨城新聞社や社会福祉協議会を通して寄付したいと思います。
 なお,大島ふれあいフェスタ時の売上金は,66,090円でした。12月に茨城新聞社と社会福祉協議会を訪問する予定です。
DSC_0200.JPG


posted by 大島コミセン at 08:21| お知らせ

2022年11月14日

地域が賑わう!大島ふれあいフェスタ

 一昨日の展示部門の公開に引き続き,昨日は模擬店(販売のみ),アトラクション,チャリティバザー,創作活動など,ふれあい広場の活動も行われました。アトラクションが始まるころには,黒山のような人だかりになっていました。11月に入り,新型コロナウィルスの新規陽性者が増えてきており,心配もされましたが,皆さんマスクをつけ,こまめに手指消毒をするなど,感染防止対策に余念が無いように見受けられました。また,天候も下り坂ではありましたが,フェスタ終了時までなんとか持ってくれました。
 開会式では,鴨志田実行委員長より地域のイベントが戻った喜びを込め,「おかえりなさい」のあいさつで始まりました。その瞬間,笑顔と喜びに会場全体が満ち溢れていました。
 当日,来場者には大島コミュニティセンター創立40周年を記念して,地域の方の協力を得て作った紅白餅の袋詰めがプレゼントされました。
フェスタ1.jpg

 ご来賓と本部役員による「くす玉割り」 息もぴったり見事に割れました
フェスタ2.jpg

 見事な作品,素敵な作品が多く,自然と足も止まります
合成.jpg

 今年のアトラクションでは,東石川小の陣太鼓と利用者団体Rootsのダンスが披露されました

 
posted by 大島コミセン at 15:56| (カテゴリーなし)

2022年11月12日

大島ふれあいフェスタ始まる!!

 第40回を迎えました大島ふれあいフェスタが本日,正午より展示部門を皮切りに始まりました。本市の大谷 明市長もお忙しい公務の中,開会セレモニーに合わせて来館され,力作ぞろいの展示物を時間をかけてゆっくりと観ていただきました。準備にあたった出展者への温かい言葉かけもいただきました。つぎに展示部門の総括責任者で開会宣言をされた武子紀男様のあいさつを紹介します。「展示部門の関係者の皆様には,早朝よりの会場設営をはじめ,これまでのご準備たいへんご苦労様でした。心より厚くお礼申し上げます。皆様もご承知のように3年前,新型コロナウィルス感染症が一気に世界中に広がり,それ以来,人が集まる事業が敬遠されるようになりました。当事業もコロナ禍のため,ここ2年間,中止を余儀なくされましたが,この度,運営方法や内容を見直し,規模を縮小しての開催の運びとなりました。ぜひ,油断なく感染症対策をとりながらお願いしたいと思います。それでは,大島コミセン地区の一大イベントであります大島ふれあいフェスタの開会を宣言します。今日と明日の両日,多くの来場者の心をとらえ,楽しんでいただけるよう努めて参りたいと思いますので,皆様,どうぞよろしくお願いいたします。」
 明日は,午前9時30分の開会式よりスタートします。開始に若干の時間差はありますが,展示部門のほか,模擬店(野菜や焼き芋,ポップコーン,花の販売 等),チャリティバザー,アトラクション,創作活動が加わります。時間の都合がつく方は,どうぞご来場ください。

DSC_0082.JPG

         児童の作品を保護者と一緒に鑑賞する 大谷 明市長
posted by 大島コミセン at 18:01| コミセンダイアリー

2022年11月10日

大島ふれあいフェスタ アトラクションについてのお知らせ

 11月13日(日)の大島ふれあいフェスタ・アトラクション部門の出演団体として大島中学校吹奏楽部の演奏を予定しておりましたが,新型コロナウィルス感染症の影響により,練習日程が取れない状況が続いたため,急遽出演を見合わせることになりました。皆様には,楽しみにしていたところ申し訳ありませんが,諸般の事情をお汲み取りいただき,ご理解の程よろしくお願い致します。
 アトラクション部門の日程は,つぎのようになります。
  ・東石川小陣太鼓            10:00〜10:30
  ・ダンス〔ROOTS(ルーツ)利用者団体〕 10:30〜11:00
posted by 大島コミセン at 18:21| お知らせ

リサイクルインクカートリッジの回収BOXを設置

 玄関右側にある使用済小型家電回収ボックスの脇に,試験的に使用済みのインクカートリッジの回収ボックスを設置しました。全メーカーのインクカートリッジが対象です。コミセンに来館される際は,ぜひご活用ください。
DSC_0002.JPG
posted by 大島コミセン at 17:58| お知らせ

2022年11月01日

いよいよ11月「大島ふれあいフェスタ」看板掲げる

 今月の12日(土)・13日(日)の両日,大島ふれあいフェスタを行います。調理しての飲食は見合わせるなど,規模を縮小しての実施となりますが,展示部門,ふれあい広場,アトラクション,チャリティバザーなど例年と同じ内容で実施いたします。新型コロナウィルスの感染防止対策にも努めながら,皆様の来館をお待ちしています。
 本日は,第一弾として本コミセン前の幹線道路に面したフェンスに看板を下げました。地域のお祭りです。楽しみにしていてください。
DSC_0072.JPG
posted by 大島コミセン at 17:22| お知らせ

実りの秋 先進地視察<市民会議>

 大島地区まちづくり市民会議は,大島中学区での課題や市の施策について,地域住民からの意見を市政に反映させるため,大島コミセン地区地域づくりの会に設置された会議です。平成25年度から2年間継続のテーマでを決め取り組んできています。昨年度と今年度は「ゴミ出し支援」について20名の委員で協議しながら取り組んでいるところです。
 昨日(10/31)は,柏市社会福祉協議会の「たすけあいサービス等団体一覧」を作成しての実践的な取り組みを参考にするため視察研修に行ってまいりました。
 生活支援体制整備の取り組みを43万人の人口を有する柏市の全21地域のコミュニティエリアで実施していることにまず驚かされました。また,団塊の世代が75歳を迎えるときを想定し,10年計画(今年度は7年目)で取り組んでいることにも,その先見性に敬服しました。課題は退職年齢が伸び,地域のことになかなか関われないことなど,本地区と重なる部分も多いです。
 研修で得た柏市の取り組みを参考にしながら,少しでも本地区に還元できるよう仕組みづくりについて協議してまいりたいと考えています。また,若い世代が高齢者問題を自分ごととして捉えられるような手立てについても今後協議していく必要があると感じています。
地域づくりの会:市民会議視察研修 (6).JPG
posted by 大島コミセン at 16:47| 地域づくりの会活動

奉仕作業お疲れさまでした!!

 今年度2回目となります奉仕作業を先月末の10月31日(月)に行いました。雲一つない快晴に恵まれ,参加していただいた38名の皆様の協力のもと,作業の方も短い時間で,能率よく進めることができました。今月の12日(土)・13日(日)には本コミセンの一大イベントであります大島ふれあいフェスタが行われます。
 気持ちのよい会場で,地域の多くの方をお迎えすることができます。心よりお礼申し上げます。

合成写真.jpg
posted by 大島コミセン at 15:12| コミセンダイアリー

創造してごらん 悪戦苦闘のヒンメリ体験

 10/16(日)青少年部会の事業,第3回ふれあい教室が行われました。9/20のブログで紹介しましたヒンメリ作り(乾燥した麦わらを糸で繋いで作る飾りもの)に小学生の親子を中心に,中学生等,総勢40名を超える参加者が挑戦しました。
 はじめに講師よりヒンメリの歴史や基本の形,正八面体の作り方の説明を聞き,皆で制作に取り掛かりました。今回は麦わらの代わりにカラフルストローを使い,より見栄えのするものにしました。
 最初のうちは,完成した形がなかなかイメージできず,糸で繋ぐのがかなり難しかったようです。悪戦苦闘の末,作品が出来上がったときには,皆さん思わず笑みがこぼれていました。
 最後にお互いの作品を鑑賞しあい,喜びを分かち合って終わりました。充実した時間を共有することができました。
DSC_0050.JPG
posted by 大島コミセン at 13:22| 地域づくりの会活動