CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2009
Dec
12
施設商品のための撮影テクニック! for CANPANブログ 第2夜
    
第1夜「背景にこだわろう!」
やってることがマニアックすぎると大変好評いただいている困った
連続企画 施設商品のための撮影テクニック!for CANPANブログ!
第2夜もいささかマニアックな方面に傾きつつツッパシリます!


連続企画 施設商品のための撮影テクニック! for CANPANブログ
第2夜 「照明にこだわろう!」


商品を撮影するときの照明に気を使っていますか?
多くのブログに掲載された写真を見てみると、
明るさとコントラストに欠け、暗く平板に写っているものが多いようです。

きちんと照明を当てることにより、商品の色味や質感といった細部まで
見る人に伝えることができるようになります。

明るい太陽光があれば問題ないですが、屋内での撮影の場合、
何らかの照明器具が必要になります。
しかし新たな器具を購入するのはこの記事の趣旨に反しますので、
身の回りにあるものでできる照明対策を考えてみたいと思います。
気を付けたいのは以下のポイントです。

  ・カメラのフラッシュは使わない。
     …背景に影が濃くですぎ、安っぽく感じられます。
  ・白熱灯は使わず、蛍光灯を使う。
     …白熱灯だと、イエローやレッドといった色味が商品についてしまいます。
  ・反射に気を付ける。
     …ビニールなどの反射で白く飛んでしまうことがあります。
  ・デスクスタンドなど角度が変えられる照明を使う。
     …照明角度を変えながら、反射や影を調整することができます。

では実際に蛍光灯などで照明してみると、上方向からだけの照明ですので、
影の部分が多くなってしまう、という問題があります。
そこで紹介したいのが、簡易手作りレフ板


段ボールにアルミホイルを貼っただけの超お手軽反射板です。
これをふたつ作り商品を囲んで撮影すれば、効率良く照明を当てることができます。
3分で作れますが、効果は絶大!

実際にレフ板とデスクスタンドを使った撮影は以下のようなカンジになります。


いろいろと照明、レフ板の角度を変えながら、反射や影などを調整します。

以下のようなきれいな写真が撮れました!




そんなところで第2夜「照明にこだわろう!」も終わり。

使用した商品は、NPO法人みけねこ ショップみけねこのクッキー。
トナカイやクリスマスツリーをかたどったクリスマスバージョンです!
13:00 | ブログ活用 | comment 0 | trackback 0
【Trackback URL】 トラックバックの受付は終了しました
COMMENT
POST A COMMENT
Archive
Category
Comments
https://blog.canpan.info/ooe/index1_0.rdf https://blog.canpan.info/ooe/index2_0.xml
Copyrights © 2009-2012 だんだんのグッドニュース All Rights Reserved.