CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ジャパン・オンパク

地域の資源を発掘、地域の人材を育成 そして地域を元気にする「オンパク」の取り組みに関する情報を公開しています。


一村一品運動はすごい [2010年04月12日(Mon)]
OVOP という言葉をご存じですか?

発展途上国の地域開発の現場では相当に普及している言葉らしいのです。
OneVillageOneProduct の略というとわかりますね?
そうです、「一村一品運動」のことです。

この「一村一品運動」は、前大分県知事の平松守彦氏が提唱した地域づくり
の運動です。これがまた、すごい勢いにて世界中に広がっているんです。

日本にもさまざまな地域づくりのモデルがありますが、世界的に広がっている
、つまり社会に大きな変化をもたらしているという観点では、「一村一品運動」
がNo.1ではないでしょうか?

この「一村一品運動」を学ぶ為に世界中から大分に人が来ています。
アフリカ、アジア、南米、南洋の国々・・そんな方々向けの研修会で「オンパク」
モデルが紹介されだしました。

写真は、本日(H22.4.12)実施したアフリカからの研修団向けのオンパクのレクチャー
の模様です。



オンパクの話をとてもよく聞いてくれました。また、熱心に質問もしてくれました。
とても質問のレベルが高かったのが印象的です、相当に真剣に地域の開発を
考えられている方々にご紹介するというのは、私自身もとても成長できる感じが
します。日本人に比べて、質問が多いのが海外の方の特徴です。

ケニアの産業省の産業局長さんがオンパクを気に入って、ケニアの人々に
その話を聞かせて欲しいと言ってくださいました。実現するかはわかりません
が、オンパクが世界の人たちを元気にできるかもしれないと心は躍ります。

大分の先人が築いた「一村一品運動」の功績のおかげで、オンパクが世界に
紹介される機会を得ていることに対して、感謝しています。

次回は、なぜ、一村一品運動の研修会にオンパクなのか? という事を紹介
します。  お楽しみに・・

オンパク 野上
オンパク 世界に飛び立ちます! [2010年04月06日(Tue)]
NPO法人ハットウ・オンパクの野上です

こんばんは・・年度初めで心あらたにしています。 先日は長崎に家族旅行に行き、海援隊の旗を購入してきました! ということで、世界に飛び出るオンパクのお話です。

昨年から、別府市の立命館アジア太平洋大学の三好先生とのご縁にて、活発化しはじめたオンパクモデルの海外への紹介ですが、今年度もさっそくスタートします。

4月には、アフリカ諸国、南西アジア諸国、アフガニスタンという3本の研修団にオンパクモデルによる地域開発を紹介します。

なぜ?日本の地方都市である別府で誕生したオンパクモデルが海外からも注目を集めているのでしょうか?

そのあたり、これからお伝えしていきたいと思います。

なお、昨年実施された大洋州からの研修団の様子はJICAの機関紙 JICA'sWorld12月号にて紹介されています。ご興味のある方はご覧ください。ちょっとヒントが書いています。



http://www.jica.go.jp/publication/j-world/0912/index.html