CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まさきさま
「静岡産うなぎ蒲焼」おいしかった (07/26) うう
仙南「新米試食会」 (05/07) げんさん
塩茹でのピーナッツ食べたことある? (12/22) みどりの瑞穂
お米がおいしいよ! (10/08)
梅みそドレッシングもいい感じに・・・ (07/17) 三浦隆弘@名取下余田
「みょうがたけ」って知ってる・・・1 (06/20) 沼ちゃん
おいしいスイーツ (06/10) みどりの瑞穂
米粉でがんづき・・・ (04/15) さんちゃん
地産地消の日・・・2 (04/05) 心配ちゃん
はこだて大沼牛小澤牧場・・・・4 (11/26)
最新トラックバック
みそを仕込みました [2021年02月23日(Tue)]
みそを仕込む時期になりました
例年だとみやぎ生協主催のウィズセミナーでみそ作りの講師を務めるなど、みそ作りに忙しい時期ですが、今年はコロナ禍でセミナーは中止になりました。
毎日の食卓に欠かせないみそ汁用のみそと、コロナが収まり、「親子の料理教室」など再開できた時に使うみその仕込みをしました。

前日に洗い浸しておいた大豆を
圧力鍋でやわらかく煮ていきます
DSC03672.JPG


麹と塩をよく混ぜ合わせ
DSC03670.JPG

やわらかくなった大豆をつぶして
DSC03668.JPG

人肌に冷ました大豆と塩・麹を大豆の煮汁を加えながらよく混ぜ合わせて
耳たぶくらいのやわらかさに

DSC03666.JPG


ボールのように丸めきれいな容器に空気を抜くように投げ入れて
DSC03676.JPG

みその表面を平らにして
少し残しておいた塩をふり

DSC03679.JPG
雑菌が入らないようにしっかり包んで保管
1年後を楽しみに!!

美味しいみそにな〜れ!!

みそを作り始めてから十数年になりますが
やっぱり宮城の大豆、宮城米の米麹で作ったみその味は格別です
大豆は大崎市田尻の「タチナガハ」
7月の長雨や夏場の高温など天候不順で収量はやや少なかったそうです
宮城県の大豆の作付面積は北海道に次いで2番目です
北海道の大豆は他の豆と同じように畑で栽培されますが、宮城は転作の田んぼでつくられることが多いです
ちょっと時間はかかりますが、作業は簡単です。大豆や麹が手に入ったら、わが家自慢のみそを作ってみませんか
おむすび便り68号ができました [2021年02月15日(Mon)]
つくる人とたべる人をつなぐ情報誌
   
  おむすび便り68
 
食べものがたり〜日本の食文化ともちのお話し〜
もち文化のルーツは・・・
お正月に食べる雑煮は、室町時代上級武士の婚礼の時に食べた料理が始まりなんだって・・・
雑煮の具材も、餅も地方によってちがいますね。丸餅、角餅・・・


日本の四季  二十四節気
四季を4つに分けた春夏秋冬の他に24等分したものが二十四節気・・・
立春、啓蟄など耳にしますが・・・農業の目安にもなってるそうです

みやぎの浜の情報あれこれ
年越し魚も地域によって・・・・
ナメタガレイ、キンキ、クジラ肉、ビンチョウ鮪・・・
大晦日どれを食べました?

春待ちセリ田んぼ
セリは万葉集にも出てくるんだって・・・
寒い日セリ鍋はいかがですか

東日本大震災からの学び
震災から10年
震災の時に学んだことを思い、コロナ禍の今こそ「「食」について考えてみませんか・・・

つくってみよう!!
ブリの美味しい季節です
簡単にできる「ぶりカツ」作ってみてください

なかなか食育の活動ができなかったのですが
将監小学校の「親子食育講座」の子供たちの真剣に学んでいる様子も載せています

ぜひお読みください!!


おむすび便り68 号-1.pdf