CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年01月25日

都賀村の地カブについて

 『聞き書島根の食事』の中で、くまご飯、くまご、が出ているのは、都賀村のみであった。『聞き書広島の食事』にもない。その都賀村には「地カブ」の話がある。年とりカブと呼ばれていたかはわからない。
 いくつかの抜粋を以下に。
p174(野菜〜利用のしくみ)
菜園畑(さえんばたけ;奥出雲ではさえもんばた)は、家のまわりにわずかしかない。山すその草原を焼いて焼き畑もつくり、そこには地カブの種をばら播きにする。
 春は、秋にとり残した地かぶが焼畑からとれ、菜園畑には、ひらぐきの茎立ちがまず元気に姿をみせる。ひらぐきは、冬の間青いものが不足した生活に活気を与えてくれる。人々は「青いものを食うと、いっぺんにまめになる(元気が出る)」と喜ぶ。つづいて、かきば(高菜)、ちちゃ(ちしゃ)が暖かな春の日差しをあびて見る間に伸びてくる。青菜の茎立ちの味噌あえ、ごまあえはたまらなくおいしい。
p181(漬物〜地かぶの切り漬)
菜園畑が少ないので、山すその草原を焼いて地かぶをつくる。地かぶの根は大きくならないので葉のみを利用する。葉を細かくきざんで、そうけいっぱい用意し、二合塩で漬ける。かぶと塩を交互に重ねるとき、とうがらしのきざんだものもふりかけ、二斗樽で二本漬けこむ。
 家を離れて他地へ行った者が、村に帰ってきて一番おいしいと好んで食べのが、この切り漬である。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック