CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年12月05日

この冬はじめての積雪におもう

 ブログを放置し続けていたのには訳、、などありません。できなかっただけ。
 という言い訳はさておき。
 これ。



 さくらおろち事務局前です。この冬はじめての積雪。尾原ダムでは積雪10センチだったとか。秋の冷え込みは昨年よりも早かった気がしますが、それでも、急な寒波到来でした。タイヤかえてないよ、どうしよう、という声がちらほら聞こえたのが、その証左かと。
 そして、2月のツアーでは雪がほしい。下旬にあるかなあ。先日の会議で出た話では、近年は雪が積もるのが前にずれてきていて、昔は2月だったのが、今は1月。2月にはそう雪が積もらなくなっているーーてなこと。積雪量も減っているというのはよく聞く話。
 さあて、しかし、気象台の過去データをたどればそこらへん、わかるのでしょうか。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=68&block_no=47741&year=&month=&day=&view=

というので、調べはじめたら、「あなたがやることじゃない」「ほかに山ほどやることがたまってるでしょう」と笑いながら、妻にたしなめられました。ごもっとも。
 しかし、私がやらねば、ほかに誰がこんなことをやるのでしょう。島根で。
 松江のデータは1960年代からあるのですが、横田では80年代から。表におとす前に目でさらったくらいではわからないくらいに、明かではありません。最大積雪量は年によってかなりばらつきがあるのです。昔も今もそこはかわらず。
 あぁ、一度宿題にすると、ずーっとやらないということに、これもなるのでしょうか。どなたかグラフに落とすなどしないのかなあ。
posted by 面代真樹 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック