CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年08月07日

竹の焼畑2017〜夏焼火入れ

 8月6日(日)、11時30分着火〜13時30分鎮火、15時30分消火確認。
 おかげさまで無事終了しました。37℃の猛暑に加え、火の熱風熱射が強烈でした。山の馬の背にあたる場であり、風向は不安定という難所ですが、従事者16名全員フル稼働で乗り切りました。稔りの多い回だったと思います。
 レポートはのちほど改めて。8月9日(水)に片づけと現地確認調査などを行います。
 蕎麦は今回、バラ蒔きするのみでかくこともかぶせることもしていません。
 鎮火後2時間を経過していましたが、ところどころ炭も残っており、蒔いた種がぱちぱちと一瞬でポップしていたところもあります。蕎麦の種もコーンと同様ポップすると白くなるのですね。粉をひくと白いのでそりゃ当然といやあ当然かもしらんですが、新鮮でした。


 





posted by 面代真樹 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック