CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年04月02日

桃源郷のような

 桃源郷の春。かと思うような地でありました。
 舗装道とはいえ急峻な山道を駆け上がったところに開けた4〜5軒ほどの小さな集落です。
 ここなら、挑戦してみたい、人生をかけてみたいと、思えるのではないでしょうか。私も30代前半であれば、ひとめぼれしたかも、です。
 実際、ここの土はよかったです。
 何がよかったのか。
 実は在来カブの再生栽培調査に同行させていただいたのですが、どれも特徴をよく発現していました。他の土地でははぶいたり、よせたりして、発現優位のもの同士での交配をしかけたのですが、ここでは、「じゃあこのへんで」ということで根付いたままの状態のある箇所を選んでネット(交雑防止)をかぶせました。





 マイクロクライメイト(超微小気候)を生かした栽培が、この地での新たな営みをつくれるかもしれません。
posted by 面代真樹 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック