CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年08月24日

竹の焼き畑2016-sec.20

2016/08/23(火)・晴れ:「夏焼2」準備1日目。
1年前、長雨で火入れできずにいた場所は、いま、「藪」と化しています。草木生い茂る中には、叩けばカンカン音のする孟宗竹の束が眠っておるのです。
さあ、藪を薙ぎ払い、火を放ち、数千年の昔、地中海から蒙古の大地を渡ってきた種を、いま播くのじゃ。
……という調子を打ち砕くかのような暑さにも負けず、島根大から6人、奥出雲から2人で、取り組みました。


 


20160823-P114050602



あと2日で準備完了の予定、、、、です。
あぁ、しかし、そろそろ長雨シーズン到来か!? その前になんとか火が入れられますように。
次回の作業日は、8月30日(土)の予定です。
ボランティア歓迎。
http://s-orochi.org/public/archives/292
ちなみにこの日はスリランカモダンスタイルのチキンカレーとポルサンボルがふるまわれました。前夜に10種のスパイスをごりごりと汗だくになりながらひき おろしてつくった、それなりの本格派です。美味いのはもちろん、夏の暑さに対処するような調合を試みてもおります。次がいつかはきてのお楽しみ。

タグ: 焼畑
posted by 面代真樹 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼畑
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック