CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月10日

9月9日重陽の節句の山畑

 9月9日。久しぶりに晴れました。焼畑地の近況報告です。
 8月6日に火入れして播いた奥出雲在来蕎麦が花をつけはじめています。下の写真は防火帯に播いたものです。火入れ地のものも8月19日に追い播きしたものが育ってきました。

 

 咲いているのは小山の中腹でして、私、ゆっくりとあがっていきました。あぁ、咲いている、よかったな〜と感慨にふけろうかというその瞬間でした。
 ブフォ、ブフォ、フガフガ、フガ〜〜。
 うりぼう(うりぼう)が2匹、蕎麦向こうから竹藪のほうへ駆け上がっていきました。
 もう、びっくりしたなあ。あちらもでしょうが。
 生後半年?くらいなのか、子どもではないが、大人ではないくらいの大きさでした。
 兄弟なのか。





 そ、し、て。9月3日火入れの温海カブですが、6日たって発芽は順調。少々密に播きすぎたようで、間引きが大変ですね。それから土着菌?の菌糸が大量に出てきています。熱量が大きかったところに顕著です。培養したい。





posted by 面代真樹 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼畑
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック