• もっと見る
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
胡蝶蘭 [2024年03月30日(Sat)]
IMG_3014.jpeg
おはよう御座います3月もあと1日だね。
頂き物の「胡蝶蘭」ひたすらお水をかけて窓越しの日光当ててれば
ご覧のように生き生き咲き乱れ。
頂いた時の姿と違って針金外すと好き勝手に茎が伸びて
まあまあ貴女に見てほしいって咲き乱れ。
家に戻れば玄関でピンクの胡蝶蘭が出迎えて、
75歳にしては活動派の私を「ご苦労様」って言われてるみたいだ。
さて、昨日も朝から2箇所の大病院のあっちにこっちに。
最後は辛かった「イレウス」の治療で入院って、
前回12月に同じ診断で入院して施設に退所の奇跡の復活の94歳が、
目眩がする嘔吐しました、、、多分「イレウス」だと主治医の娘から
救急外来受診の指示が出た、担当ケアマネが同行支援。
「本局で内容証明書の手続き」(20字26行の決まり違反で戻された)
それから昼飯抜きで94歳のイレウスに駆けつけ交代。
入院手続、医師の説明、各書類への署名等々。
目眩でふらついて玄関で転んで嘔吐、と職員から報告受けた。
検査の結果貧血が見つかり、、
CTと胃カメラ検査での詳細の説明が夕暮ちょい前に。
更に、医師の説明後、追加の書類に署名して戻った。
真っ直ぐ家に戻れなかった何かぼやっと心落ち着けたかった。
「清水」に立ち寄り特選「海彦山彦かいそば」(冷たい)かっこみ
白玉ぜんざいもぺろりして夕闇の霞む岩木山チラ見して戻った。
Posted by 石澤育子 at 08:06
春が来た [2024年03月29日(Fri)]
IMG_3013.jpeg
春雨の朝です、おはよう。
早朝から2件急病で駆け込と電話で相談あり、で1人は健生病院受診を指示。
と、今、夫から娘から報告受けた。
私は仕事開始前でノンビリ植物のお世話。
次男の誕生と家の完成が同時だった35年まえ、
お祝いに高校時代の友人から「カトレア」(黄色)を贈られた。
その「カトレア」をその後一度も咲かすことはできなかったが、
株分けで増やして育成中、、、新芽のような根のような鉢から見えてる。
大好きな頂き物の「胡蝶蘭」は、我が家で自由にクネクネ咲いている。
アボガドの芽も10センチほど伸びた。
「苔」を何とか手懐けたいとヨーカ堂のカルチャーに通った。
結構細やかな指先の器用さを求められたが、
性格がなせる技でいい加減な苔の移植で只今カルキ抜き水を噴射中。
へば、へば、3月29日も宜しく
Posted by 石澤育子 at 08:16
日の出5時32分 [2024年03月26日(Tue)]
IMG_3011.jpeg
おはようございます顔1(うれしいカオ)
弘前市の日の出時間は午前5時32分とネットで公開。
で、日の出前に目覚めてたので3階に上りシャッターシャンス待ち。
鳥の軍団が囀りながら飛んでいる。
弘前公園の本丸の松の間から火の玉のように朝日が上る様子を見てました。
午前5時46分の津軽平野を悠々と上昇中の太陽をパシャ

日の出だね囀り飛翔空を斬り
Posted by 石澤育子 at 05:51
令和5年度弘前市社会福祉大会で受賞 [2024年03月25日(Mon)]
IMG_3005.jpeg
給料日の朝おはよう🌞
今朝、夫が回覧板で頒布されたひろさき「福祉だより」のペーパーを
「細井さん表彰されたよ」
と、持ってきた。
彼女とは中学校同級で今持って親しい付き合いをしている。
地域の処遇困難事例で民生委員と私らと共同で数々の問題解決もした。
流石だね「民生委員児童委員勤続9年」(もっと長くやってるよね)
細井由美子さん
弘前市民生委員児童委員協議会会長表彰されましね、おめでとう祝マーク
「大森勝山縄文遺跡ガイドの会」総会後
我が車に同乗会話中何も自慢しなかったね。
その奥ゆかしさ10代の青い頃からちっとも変わらないね。
はたへ嬢、修ちゃん達とも祝会祝マーク️しようね場所とっておくよ。
Posted by 石澤育子 at 07:43
鯖石ドライブイン [2024年03月23日(Sat)]
IMG_3131.jpeg
午前11時過ぎ霙降る7号線走り大鰐町役場へ往復。
大好きな肉ステーキの「シド亭」を横目にひたすら大鰐町役場へ。
怒りに燃え運転じゃストレスになるので
「肉にしようか、大鰐モヤシラーメンにしようか」
うまい食べ物やを想像し結局役場での介護認定申請手続きを終え、
鯖石のドライブインに入った、、、すごく新しくなってた。
「中華ラーメン小に250円ワンタントッピング付添が牛丼」
食後コーヒーも飲んで合計1800円でした。
ドライバーの腹を満腹にしてくれる食堂でした、、、大満足
この後、イトーヨーカドーのカルチャースクールで「苔」と戯れた。
Posted by 石澤育子 at 10:05
知的障害者の老化 [2024年03月23日(Sat)]
IMG_3004.jpeg
おはよう土曜日だ。
この写真は昨日の朝の弘前医療センター東棟5階デイルームからの景色
69歳の義弟は大鰐町の障がい者ホームで急性硬膜外血腫症状が出て緊急入院手術。
そして手術は成功の内に終え予後の症状経過もこれ以上の改善なしと退院に。
入院中に地域連携室とのやり取りで「介護申請」し「認定調査日」も確定。
その全てがオジャン、ペケ、になっている事に、
退院手続き会計窓口で義弟のオレンジ色の「介護保険証」を確認して発見。
介護認定欄が空欄、居宅介護保険事業所が空欄。
即、弘前市役所、大鰐町役場の介護保険課に電話
「こんな事ってあるか!」
猛烈抗議エキサイトめぐせけど会計窓口の椅子に座し電話抗議。
退院後は一旦介護保険施サービス利用で日常を観察で、
「オリーブコート城西一丁」の医院併設ショート利用を計画。
担当ケアマネも病院に本人状態把握に参上してのサービス計画。
日本は「法治」国家だよな「放置」国家じゃあるまいよ。
物言えぬ全介助に術後義弟はレベルダウン。
住所地の転出転入に窓口に本人連れてきて署名して下さいって。
出来るわけないだろって言ったて
電話問答だと担当職員はマニュアルを繰り返すだけ、、埒が明かないよ
そのうち退院のお迎えの介護タクシーが来た。
最終的にオリーブ会診療所の担当医の指示に従って予定通りショートへ。
洋服を甚平室内着に着替え、、、尿便まみれで着替えが無い、、
セブンイレブンコンビニで職員に下着購入で届けさせた。
と、こんな金曜日1日奔走、、、結局、大鰐町の住所地を利用し
大鰐町の介護保険利用で介護認定申請を改めて受ける3/22付けで申請。
我が家の住所に移転するのは「介護認定調査」結果済みまで延期に。
生まれた時からダウン症の義弟は、
夫がこの弟を治すために「医者」になろうと決意した大切な弟なのだ。
両親が亡くなり、長兄が亡くなり最後は「僕が引き受ける」と。
今朝、一緒にショートで朝ご飯食べてきたと
「いやあ、とっても元気、笑って食欲もりもり」
嬉しそうに私に報告、、、奔走しまくった甲斐があったじゃ
昨日は午後5時に看護婦採用の面接もあった、、、コレで4人新規採用です。
Posted by 石澤育子 at 09:14
3/16のブログ一部訂正 [2024年03月21日(Thu)]
先ほど、メッセージで俳句の「オベダフリ師匠」から指摘。
「夏井いつき おウチで俳句クラブ、あなた二句投句没って書いてるけど並よ」
いま、遡っておウチで俳句クラブ検索、、、ありました3/9に二句並選

蚤の市朝市ドカン冬地震
地裂けて物皆倒し山笑う

ワイはワイは嬉しい「並」選。
師匠ご指摘ありがとうございます。言葉がウファウファ漏れ溢れるんです。
俳句精進いたします。
Posted by 石澤育子 at 18:27
「すべて時にかなって美しい」 [2024年03月21日(Thu)]
IMG_3002.jpeg
おはよう御座いますっていうかまだ夜明け前。
給料計算のため早寝早起きしました。
日中は電話、来訪等その他「誘惑」で集中して事務仕事まああできない。

さてっと、昨日土手町の中三デパート地下食品市場でみっけ。
仙台イチゴもういっこ 亘理町の苺ですイチゴ。思わず2個ゲット。
一粒いちご摘み白湯飲んで事務室あったまるの待ってます。

聖書の伝道の書3:1、11より
天の下では、何事にも定まった時期があり、
すべての営みには時がある。
神のなさることは、
すべて時にかなって美しい。

Posted by 石澤育子 at 03:40
寒い時より雪降る月曜日 [2024年03月18日(Mon)]
IMG_2997.jpeg
寒い寒い時々雪が舞う月曜日でした。
昨日日曜日礼拝後
「大森勝山縄文遺跡ガイドの会」総会が開催されました。
会費等及び弘前市1%補助金を使って活動記録の決算&予算総会で
とてもキッチリスッキリ会計報告及び事業報告事業計画報告会でした。
ではおやすみなさい
Posted by 石澤育子 at 22:23
亘理町の苺イチゴ [2024年03月17日(Sun)]
IMG_2992.jpeg
日曜日ですよおはようございます顔1(うれしいカオ)
2011年3月11日午後2時40分数分過ぎ巨大地震に大地が揺れ海からは巨大波。
宮城県亘理町のいちご農家を丸呑みいちご農家として立ち上がれない損害を。
で、亘理町のいちごイチゴ農家は
付加価値のあるシャインマスカットの生産に切り替えた。
それも大成功で高価な値をつけて市場に出回った。
当時弘前大学1年生で大学病院整形に入院中の嫁は
一年休学し亘理町に住込みボランティア活動。
おかげで「娘」のように愛されて13年目、今回「社会福祉士」合格、
東北福祉大学通信講座卒業で「亘理町」に家族で行く予定、が、
まあまあ一歳8か月児がアデノウイルス感染で仙台行きをキャンセル。
お土産に用意してくれていた「亘理町の苺イチゴ」しかも路地栽培イチゴを郵送。
わたしもおこぼれにあやかった、、、おにぎりのようなイチゴでとっても美味い。
人生の大災害から何らかのきっかけで、
うねるような変化を遂げ前進する姿に共感し震撼し私自身の力にもなる。
へば、本日コレから礼拝に。
Posted by 石澤育子 at 09:11
| 次へ
プロフィール

石澤育子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/olive_kai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/olive_kai/index2_0.xml