• もっと見る
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
懐かしいさが込み上げる本ゲット [2022年08月16日(Tue)]
61A6EEC0-7533-498C-8CB8-760D2A0D1B79.jpeg
午後ロックタウンのATM(青森銀行)に1円5円ダラっこ100枚入金に。
このご時世小銭の始末に苦慮中。
小銭の両替に手数料かけない方法でゆうちょ銀行等を利用中。
で、新しい発見で青森銀行ATMの一部が100枚の硬貨を入金可能。
ソレでロックタウンに行き、お隣「未来屋」本屋でこの本ゲット。
新しい発見「慎太郎&裕次郎」の御母堂「石原光子」さんが、
1909年9月6日神戸で誕生(明治42年)、
私の母も明治42年9月2日福島県で誕生だ。
しかも、高等女学校卒業後上京して実践女子大専門部に進学。
寄宿舎に入り青春を謳歌したそうだ、、、母と同じだって発見。
(ページ202に楽しい実践女子大時代の描写あり)
母に聞いていた当時の状況と似てる体験を書いてた。
母は盛岡市の県立高等女学校「白梅」出でソコも寄宿舎生活。
二戸の大商店「丹弥商店」のお嬢様と女学校と実践が一緒で、
終生、同期として友情を育んでいた。
何か、色んなことが浮かんできた「我が息子、慎太郎 裕次郎」でした。
丹野さん、佐川(母)、裕次郎のママ達とも
きっと寄宿舎仲間で銀座に繰り出して楽しい一駒があっただろうな。
一気に読めた本でした。
Posted by 石澤育子 at 17:39
裏の茗荷 [2022年08月15日(Mon)]
83354E06-18BD-4157-81AA-840A08F8F249.jpeg
本日は敗戦宣言をした1945年の8/15です。
私は終戦後優生保護法(1948年施行)が制定された1949年1月に誕生。
母は事あるごとにコレを持ち出して「貴女を産みたくなかった」と、
「生きててもしょうがない子だね」と。
怠け者のグウタラ生活にハッパをかけて神経を逆撫でした。
何で「茗荷なんだよ」は87歳で亡くなった母への供養
お盆にクリスチャン的に供養何て言ったら牧師から
「偶像礼拝ですよ」とやんわりお叱りを受けそうだが、、、。
敗戦で極度の食糧難の時、
配給米では子供達をひもじい思いをさせるため
婚礼持参の着物帯と物物交換に農家に行って米(闇米になる)や根菜とバグった。
そんな苦労話を平和な安穏と生活している私に物語り「克」を入れた。
ヤギや鶏を飼い、花も咲き実もなる植物を育てなさいと教訓。
素麺を茹でればソソと庭に行って茗荷を薬味に。
茗荷入り味噌汁は私の大好物で、私も庭に茗荷を求めた
「百沢の湯」デイの法人所有の土地をグルリ回ると
茗荷、蕨、胡桃、タラの芽、サモダシ、フキ、ニセアカシア等々が存在。
其れを「収穫リハビリ」として機能訓練に入れ調理。
敷地内の人工渓流では「イワナ」釣れる、日に一匹だが。
何としてもあの草刈りにヤギを飼育したい。
私の故郷「北上川の土手」でヤギをクロ(飼い犬)と追いかけた
5歳の頃が「中島みゆき」の歌じゃないが途轍もなく懐かしいのだ。
77年後の8月6、9日米国による原子爆弾投下1週間後、
8月15日日本は負けた、、でも見事な復活を遂げた
団塊世代、団塊ジュニアの貢献は大したもんじゃ草葉の陰で
「お母ちゃん」も「貴女良くやったわね」って褒めてくれるかな。
それとも、茗荷の食い過ぎで
「忘れたふり」して「まだまだやれるでしょ」って草葉の陰から言いそうだね。

ここ迄書いたら医院から内線
「奥様、例の○村さんが様子変で医院に来てます」
と、急遽生活困窮の援助に2人で話しながら自宅に戻しいま帰宅。
世の中へんちくりんがソレなりに暮らせる証拠だよ。
Posted by 石澤育子 at 09:20
コレはマタタビだね [2022年08月13日(Sat)]
73E5F241-BADA-4C71-B7F8-2DBF9BA06033.jpeg
お盆の13日医院は休診日。
私達夫婦は朝から在宅ターミナル看取りの待機で在宅で過ごし
先殆ど看取り往診に参上で
今午後5時45分在宅貸出酸素発生器「いぶき」を持ち帰った。
今回も訪問看護ステーション「共」さんとコンビで在宅看取り。
今回の件は夫の高校同級生で5ヶ月前に来院し、
「最後、君に看取ってほしい」
との外来での依頼があった患者だそうだ。
私は今朝飯を頬張ってる途中に「運転手やってくれ」と依頼で往診。
事情はその時初めて聞いた、
が、夫は生憎その時「例の偏頭痛」でダウン中。
で、私が運転手に次の往診まで娘が夫を看病。
夕方どうやら活気が戻りタイミングよく「共」さんから看取り依頼。
往診から戻り娘に感謝と報告に行って発見。
キウイ🥝と思ってた此の木「またたび」じゃないかって検索。
「またたび」ですねコレは、
去年はキウイ🥝が大きくならないねって話していたけど。
Posted by 石澤育子 at 17:48
こんな月夜だった [2022年08月13日(Sat)]
414227EB-F587-45D8-AD3E-1A419936675E.jpeg
お盆の13日、、雨上がりの夜空に月が出てました。
34年前次男が産まれた日も夜空に月が出てたでしょう。
無事にこの世に出てきてこの日迄神の恩恵に恵まれて感謝です。
弘前市は「ねぷた」が終わり歯止めが掛からないような勢いで
コロナ感染が広がり、お盆で又人の交流があり陽性者三桁でしょう。
人口17万にしては物凄い感染数です。
今夜は月を観てぐっすりお休みし午前10時半「賛美の会」へ。
Posted by 石澤育子 at 00:25
津軽ダム [2022年08月11日(Thu)]
380717C3-049C-4FDB-9ABB-E46BDD315AFC.jpeg
今日は、弘前市の緊急避難解除になりましたが雨は時より激しく降る。
岩木山はお昼過ぎ頂上の雲が晴れくっきり凛と稜線みえる。
で、午前中津軽ダム視察に行ってきた。
見事だねココが持ち堪えているから岩木川も大きく氾濫免れている。
津軽地方の治水、灌漑、発電、水道供給の特定多目的ダムとして完成
2017年4月29日オープンイベントがされた。
私たちには目屋ダムが懐かしい呼称だが津軽ダムはそのダムを飲み込んだ。
当時は大型ダムなんかムダだの民主党の声に八ッ場ダムは工期途中で挫折。
津軽ダムは地元選出故木村太郎衆議院議員の一途な頑張りで
見事に完成に辿り着いた経緯がある。
今回「命の危険がある雨が降る」予報が出たが
「津軽ダム」は命を守るお役目を粛々と敢行
因みに日本一大きいダムは岐阜県の「徳山ダム」で、
「津軽ダム」は32番目、揉めた八ッ場ダム(群馬県)は49番目。
「津軽ダム」を単独視察に徘徊してる間に、職員から緊急電話が入った。
「アルツハイマー認知症」の第二包括からの要支援見直しの利用者、
カンファレンス中「念の為に」で抗体検査で「陽性」に。
今後は、入院から入院&介護施設利用の場合でも
「退院時陰性証明」必須だよ、
手抜きなし事前に医療連携室にきっちり伝えて。

Posted by 石澤育子 at 12:40
月夜です [2022年08月10日(Wed)]
D2399AC2-4FB2-4162-977A-9E6F1DDCEFA8.jpeg
もう直ぐ午後10時です、、、雲の合間に月が綺麗に顔出してます。
弘前市の危機レベルも4に落ちました。
外は雨が上がったばかりのような水けの多い空気です。
でも、黒い雲の合間から危機脱出を感じさせて月がにっこり。
高齢者を抱えた弱小組織ですが
職員一丸となって彼らの安全を第一優先に動きました。
明日はもっとイイ日になるでしょう、、今日はありがとね感謝。
Posted by 石澤育子 at 21:44
岩木川どうやら持ち堪えた [2022年08月10日(Wed)]
6C68513F-11BF-4A6E-BB41-0AD1E31497FF.jpeg
おはよう御座います、
無事だった事を確認しました報告を今朝いただいた。
今朝、テーブルにAmazonに注文し8日に到着の本が
夫が郵便受けから取り出し包装を破り置いてあった。
土砂降りを通り越した滝のような雨降りに
「マイホーム山谷」(末並俊司著)
第28回小学館ノンフィクション大賞受賞作と帯に書いていた。
山田洋次監督の「おとうと」のモデルにもなり、
NHK「プロフェッショナル」でも取り上げられたらしいが、
TVでも、映画でも拝見していない。
偶然、Twitterで此の本を知り
生活困窮者の一時住まい「百沢ひかり荘」との比較に読もうと注文
緊急安全確保の「警戒レベル5」が発令された弘前市の昨夜、
多分、郵便受けの中で此の本は一晩過ごしたんだろうね。
「マイホーム山谷」が濡れてばふばふです。




Posted by 石澤育子 at 09:16
岩木川がアップアップ [2022年08月09日(Tue)]
今晩は 弘前市は一級河川「岩木川」が大雨で氾濫の恐れ、
命を守り行動を緊急安全確保「警戒レベル5」が発令されてます。
いま、23時を過ぎてます。雨足が又強くなってます。
2法人の入居系施設は午後には利用者を2階に移動させました。
岩木川沿いの鳥井野地区に住む職員は避難命令が出て
急遽避難所に乳飲み子連れて行けない。
何とか部屋貸してほしいと電話で訴えてきました。
生後1ヶ月と1歳を含む8人家族だそうです。
(彼女は独身ですが、、、まあ一家の主人みたいな地位)
土手町デイの施設は3階建てなのでソコの2、3階の使用を許可。
お中元で頂いていた素麺二箱持たせてコレ食って凌げと午後帰り。
既に、コロナ禍で五十石別宅は職員の臨時住居でソコから医院に働きに。
何が起こるか皆目見当が尽きませんが逃避先を数個保持は危機管理上ベター。
内科医、小児科医の父娘と師長はじめ職員一同で此の困難乗り切ります。
施設の職員達は平家の施設の利用者を快く受け入れ2階に臨時ベット設置。
岩木川の氾濫の起こらない事を祈るばかりです。
Posted by 石澤育子 at 23:21
弘前午前7時過ぎ [2022年08月09日(Tue)]
165D4214-12DF-4570-9B57-EDA83AC7C298.jpeg
異常な雨の降り方になった午前7時過ぎ。
雨の降り方注意して行動してね。
利用者をしっかり守って連携して行動を️
Posted by 石澤育子 at 07:44
雨降りに注意を [2022年08月09日(Tue)]
165D4214-12DF-4570-9B57-EDA83AC7C298.jpeg
異常な雨の降り方にになった午前7時過ぎ。
本日雨模様に留意。
連携をとりながら行動を宜しくね。
土嚢なかったらゴミ袋にタオルケットや座布団突っ込んで
土嚢代わりを手作りしてね。
雨が悪さしないことを祈る。
Posted by 石澤育子 at 07:44
プロフィール

石澤育子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/olive_kai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/olive_kai/index2_0.xml