CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
アドベント始まる [2021年11月28日(Sun)]
76CFAB5B-332F-488C-A37A-834B13E4C20A.jpeg
雨が降ったり止んだりの日曜日でした。
昼食にお呼ばれし礼拝後次男宅へ。
ちょっとお行儀悪いけど私もかぶりつきたいようなお肉。
アドベント1日目ですが4本目灯火のお昼みたいでした。
さて、今月の私の投句です。
この孫を読んで一句と
ニューヨークで新生活を始めた眞子様を詠んだ一句も

閉じる店石蕗の花先に咲き
花八手空にポンポコシャンデリア
冬来たる泥縄式に車庫に居る
脱れ逃げ新嘗祭にバスタオル
腰上げの一と針嬉し七五三

へば、明日迄夜長をNetflixで息抜きです。
Posted by 石澤育子 at 19:15
老いても記憶鮮明 [2021年11月27日(Sat)]
おはよう27日の土曜日チョイみぞれの朝だ。

「弟は3歳仏や裏盆会(へ)」

昨日、「デイサービスセンター鷹匠町」は
朝から地域密着認知症通所介護事業所の指導監査デイ。
しかも、新規利用者(お試し)の93歳の男性がいた。
お喋りの中でなんか趣味ありますかって尋ねたら
「俳句だの」って、11人兄弟でもう自分は働きに出ていて
「職場に家さ戻って」の連絡があり
3歳の弟が父親お手製の箱手押し車に乗って馬車の下に
突っ込んで亡くなった事を偲んで俳句を作ったんだそうだ。

どうだ、人間の感性って素晴らしいよ、、、いたく感激。

2年前に同居の娘から「父の事で」って相談受けた事例の張本人だった。
私のお爺さん(母の父)も最後盛岡営林署長で退職したのだが、
福島だ、勿来だエトセトラ営林署管轄のど田舎で母は育った。
女学校だ大学だと進学する度に寄宿舎で生活した経験を
5人兄弟の我々に訓示した「とっても嫌だった」が、、。
新規利用者も五所川原営林署管轄で生育し父親と同じ道を歩んだそうだ。
営林署の話でも盛り上がって突然2年前の相談の記憶が蘇った。
そんな指導監査の午前中でした、、、
緊張は職員一同中道の焼肉弁当の昼弁で消化。
今週も雪降ったりミゾレになったりで
岩木山もソバージュに衣替えでした、、、美しい容姿でした。
Posted by 石澤育子 at 09:51
視力回復で「幸せだ」 [2021年11月25日(Thu)]
4C17F556-63F9-4D2D-AF18-A65563A0DDFA.jpeg
後30分もすれば日付が変わって金曜日の26日。
「デイサービスセンター鷹匠町」の実施指導の朝が始まる。
さて、「青森県地域生活定着支援センター」より施設利用を依頼された
S氏は昭和11年生まれの家族に見放された孤独な老人。
されど、県社協の支援センターにしっかり見守られ、
仮の住まいとして無料低額宿泊所「百沢ひかり荘」利用を開始3ヶ月。
養護老人ホームに入居申請中で順番待ち中。
無料低額宿泊所「百沢ひかり荘」を冬季間(12月1日〜翌年4月20日)休館。
で、サ高住への転居利用となった。
新たに事業所等の利用が12月から変更になる為
本日午前10時担当者カンファレンス開催したのである。
Sさん無事に両目白内障手術終わり視力(0.6)も回復し
彼曰く「よく見えて幸せだ」って現在の心境を述べました。
Posted by 石澤育子 at 23:23
やり切ったね [2021年11月24日(Wed)]
336E0C13-DA6D-4D10-8A68-5FB57A3FA2FC.jpeg
もう直ぐ24日の午前6時になる外は暗い。
早朝3時半15年以上の我が組織の利用者Kさんが逝った。
介護療養型病床群で10年最重度の介護度のママ。
デイサービスセンター鷹匠町利用の日々は活発で多動の認知症で
しかも60代で嘗てバリバリのキャリアウーマンの面影で指示型行動。
精神科受診しながら薬の調合を何度か変え在宅で作業療法士の娘が
介護と仕事を両立させカンファレンスを重ね今日迄見守った。
何かやり切ったね、、皆んな、、、ありがとね、、感謝。
Posted by 石澤育子 at 05:53
弘前市へ行幸パート2 [2021年11月23日(Tue)]
83B7D32F-C89D-40D5-A454-41DA6812327D.jpeg
みちのく銀行が未だ「弘前相互銀行」と名乗っていた時、
昭和天皇皇后様は「藤田別邸」をその日のお宿とした。
当時の社長「唐牛敏世」氏は羽織袴でお迎えし、
我が両親を含め当時の重役たちはモーニングに妻達は黒紋つき。
この日の為に母は紋付を新調した記憶が鮮明に思い出された。
「山田くん」写真展覧会に行って古い写真思い出しちゃったよ。
Posted by 石澤育子 at 00:57
弘前市を行幸パート1 [2021年11月23日(Tue)]
17790B12-D36A-44D9-A3D3-AF8D948ED11A.jpeg
日付が変わって23日の勤労感謝の日
弘前寫眞の会展100周年記念の百石町展示館を訪れた。
受付に小中学同期で幼馴染の山田好文君がいた。
同じ思い出「道に並んで日の丸の旗振ったよね」
弘前市を昭和天皇が行幸に
お出でました思い出を共有する写真が展覧会にあった。
ふっと両親がモーニングに留袖になってお出迎えしてる写真を思い出した
Posted by 石澤育子 at 00:41
未納金は支払って退去だべ [2021年11月22日(Mon)]
F4E046BD-4120-4F02-896D-6C02D85E09BC.jpeg
もう直ぐ終業時間午後の6時だ。
「困りごとや心配」
1人で悩んでいませんか?
自立に向けた相談窓口のご案内(0800-800-7114)
県から委託中で実施中の社会福祉法人青森県社会福祉協議会から更に
委託されたお住いの町村社会福祉協議会が藤崎町に住所地の
無料低額宿泊所「百沢ひかり荘」の利用者のために
次の住まいの伴奏支援に朝9時半やってきました。
どうやら機嫌よく次のアパートゲットで施設に戻ってきた様です。
ただ、入居に際して15万円が工面できるかって事で双方協議。
結局12月の年金給付を当てにしてです。
「百沢ひかり荘」への支払いは猶予してくれのご提案?
2ヶ月半分未納で退去したら「何時」支払い可能になるんですかね。
民間アパート入居費用を優先して施設利用費は滞納のママ退去。
痛みは誰が?岩木山どうすればいいの、もう直ぐ雪が降るのに。
コッチに利用料未納金支払って退去お願いしますよ、、社協さん。
Posted by 石澤育子 at 17:55
花梨の実 [2021年11月21日(Sun)]
5A9F3E08-1C81-4B42-A81D-0A6E8CE68804.jpeg
日曜日の夜です今晩は
久しぶりに五十石別宅の庭に出たら、
運動会の玉入れ競争で籠に入らないで地面にボタボタ落っこちた
赤白玉の様に「花梨の実」がご覧の様に落ちていた。
痛快な気分、、、明日、石沢内科の玄関先に置いておきます
勝手に欲しかったら持って行ってください、、、いい匂いです。
Posted by 石澤育子 at 20:08
告別式 [2021年11月20日(Sat)]
C299CD2A-8169-4806-A96E-ED5F2F8B3B52.jpeg
土曜の夜です今晩は
日本基督教団弘前西教会で故工藤雅治さんの告別式と
斎場で火葬が行われました。
妻の故工藤真由美さんと最後のネプタを夫婦で鑑賞した写真が棺桶に添えられ
ハッとする様な抜けきった美しい彼女を見た時、
彼女が夫雅治氏を呼んだなあって「夫婦の絆」に感無量
とってもいい告別式でした。
Posted by 石澤育子 at 20:46
人生は千差万別 [2021年11月20日(Sat)]
9320443F-4935-49D0-97BD-43F412C9E5D4.jpeg
土曜日になりたての真夜中です、今晩は。
こんな日もある的1日でした。
朝から白内障術後1週間の同行受診で高橋眼科超混み具合で、
受診後院外薬局で受薬しサ高住に戻った時間はほぼ午前11時。
一息入れていたら私の不在中に無料低額宿泊所「百沢ひかり荘」の
精神障害手帳取得の末期肺癌の入院患者が午前8時40分頃亡くなっていた。
で、一切のお世話をしていた私の帰りを石沢内科職員が待っていた。
まあ、身内もこの時ばかりは10人位駆けつけていた。 
残った現金と残の有る通帳と死亡診断書をお渡しし霊柩車を見送った。
私と人生最後巡り合って「まあいい人生」だったね。
鍛冶町の「女」とも数度逢瀬ができお金渡せたよね。
生保の支給が出た日は「4万円握りしめ」
ドーミインの前の交差点で私の車から降り鍛冶町坂を降りて行った
彼の嬉しそうな後ろ姿が浮かぶ、、、人生はソレでいいのだ。
見送った後昼飯を食べ「重い気持ち」を何とか軽減しなくっちゃと、
白湯を飲んでiPadで麻雀中、、、娘から呼び出し電話午後3時過ぎ
「オシッコが出ないって訴えてる健生ERに同行支援して」
雨が降る中夕暮れでもないのに暗い最中自家用車でお連れした。
午後3時半にタップリオシッコ出たのよ何で大騒ぎしてるの?
だって、自分の携帯で「救急車呼ぶわ」って騒いだがケロリン態度。
まあ、紹介状持って同行受診でピンピンでケロッと6時に戻った。
「アンタにタクシー代払うわ、、いくら」
層も人生のバックグランドも違う人生最終章の老人は千差万別

本日は妻の亡くなった後1年10ヶ月で昇天の元職員の告別式火葬に参列

掲載の写真は60代90代の父娘を見送った後
誰も身内がいなかったので私の教会の共同納骨堂に両親と娘を収めた
納骨1ヶ月後友人達墓参?写真です、、、
私この時娘と次男と共に「佐渡島の自転車レース」参戦応援中で不在。
平成28年5月3日に向井嬢は帰天、
令和元年12月24日我が職員の工藤眞由美が帰天したが元気な頃の写真だ。
生きて生きて生きて力尽きて、私は「主の前に」行きたいのだ
Posted by 石澤育子 at 00:34
| 次へ
プロフィール

石澤育子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/olive_kai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/olive_kai/index2_0.xml