CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
十和田湖紅葉最高 [2021年10月31日(Sun)]
CC4D13B5-7953-4137-82E2-D1B0192A0608.jpeg
コレは土曜日の十和田湖の知らないご夫婦がカヌーにトライしてる様子。
十和田湖は紅葉真っ最中絶景でした
土曜の午後1人102号線走って
奥入瀬渓流へ蔦温泉に立ち寄り酸ヶ湯経由で黒石街道へ。
行ける時に行動しないと何処にも行けないことになる。
本日、失語症片麻痺の高齢者が選挙に出かけ投票後道端で転倒。
救急車から主治医の石沢内科に連絡があり日直から私に連絡が。
現場に駆けつけ主治医の指示を待ちましたが
大事な礼拝の司会を仰せつかって
「恵先生に連絡して」と。
結局、午前10時から石沢内科へ午前11時国立へ救急搬送。
CT検査の結果骨折はなく血腫が頭部と臀部にあるだけで済んだ。
午後2時にはオリーブコートショートへ。
まあまあ総計4時間「母娘」は拘束されたのであります。
いま、自宅で1人カップ麺を啜ってます。


Posted by 石澤育子 at 14:28
焼けた自転車で [2021年10月30日(Sat)]
1693388F-EDF4-4E92-B8C2-5D0138FD2003.jpeg
おはよう土曜日10月の最後。
昨夜10時無料低額宿泊所「百沢ひかり荘」で警察に捜索願提出。
一夜明け午前6時半生活安全課警官から
「宮地」で発見無事ですの知らせが携帯に入った。
で、早速施設へ車を走らせ引渡しの書類に署名。
「母親の遺影ば探しに行ったのさ」
と、火事場に行った理由。
この焼け爛れた愛用自転車を栄町から引いて百沢小松野まで。
途中午後7時電話連絡があり迎えに行き職員と会話してた。
この自転車引っ張ってあと10キロは無理だろうって
「わ、引っ張って歩いて帰るハンデ乗らね(車に)」
と、反論されてもローソンに事情話し明日自転車取りに来ます、とね。
まあ、71歳のサバイバル能力で一晩生き残った。
雨梅雨凌いで明るくなったら施設に帰ろうって「小屋」で就寝。
探しに出た職員の車と2回もすれ違った、、、そうだよ。
まあ、こんなもんだ腹減りゃ盗んで、寝る所なきゃ侵入して
 渾身のサバイバルで生き抜いて歳を重ねて「今」に至った。
多様性を認め、持続可能な社会を目指す、、生活困難者の生き方にヒント有りだ

地域包括ケアシステムの5つの構成要素
「自助•互助•共助•公助」
この中の3つがうまく作用して生き抜いたなと思う。
何たって自衛隊上りだ訓練が生きてる、、お見事ですじゃ。
Posted by 石澤育子 at 07:52
2度も警察官と面会 [2021年10月30日(Sat)]
B1693186-F74B-43F1-AE9F-26F199D9FD22.jpeg
可愛い半ケツをぴょこんと出してる様な今夜の月。
今、金曜日と土曜日の境目時間。
警察に捜索願を出して無料低額宿泊所「百沢ひかり荘」から自宅に戻りました。
で、帰りの百沢街道に可愛い月が低く大きく目の前にいたのです。
夜の7時、自転車で戻る最中と電話施設によこしそれっきり。
職員からそんな事情の電話があったのが9時半。
道中探しながら山の施設に夫と2人で参上。
施設で捜索願の手続きをして今戻ったとこです。
71歳市営住宅の部屋が燃えて丸裸自転車が生き残った。
それを取りに朝11時にバスで出かけて火事現場に。
前立腺肥大で尿閉きたし救急車で国立病院搬送歴あり。
導尿パックとカテーテル装置の妄想型老人(自分で自覚なし)
自転車漕いで山登って来れるかな?
生きてピックアップされてくれと警察からの連絡待ちだ。
金曜日は2度目の警察官とのご対面日でした、、
実にクッタクッタの1日でしたが日を跨いで未だ未解決事例が続いてる。
へば、携帯抱えて寝ます。
Posted by 石澤育子 at 00:00
錦の秋 [2021年10月28日(Thu)]
4B567A61-05B1-48DC-8DC7-71B9F175119A.jpeg
今晩は、、女心と秋の空の1日でした。
晴れたりバンバーンと雨が激しく降ったりでした。
叩けば誰だって埃が出るし聖書の「地面に書かれた文字」で
「あなたがたの中で罪のないものが、まずこの女に石を投げつけるがよい」
と、脳裏に刻まれてる聖句がある。
ご結婚し「小室眞子」様になられた一連の結婚迄の経過に、
娘を持つ母として何とも言えぬ「哀しい」面が浮き出たご結婚入籍だった
異国で生きる選択が「幸」をなす道であることをお祈りする。
さて、人生の最終章を生きる老生活困難者2人の同行支援
午後百沢小松野迄2往復し、錦のドレスを纏った岩木山に見惚れ
森山の錦織の豪華さに足を止めてiPadでパシャ。
何処かで道を外し支援の出会いがないママ、
肉親や友人にも見放され社会を浮遊し澱の様に偶然掬われ行政に繋がる。
やがて広葉樹は葉っぱを落とし裸んぼの木になるが、、、4か月後に新芽だ。
明日は山形帰りの84歳の「白内障術前」説明に眼科同行支援。
おやすみ眠い(ZZZ…)😴
Posted by 石澤育子 at 22:19
10月もラスト迄イグべ [2021年10月28日(Thu)]
19D67352-F675-4533-AD8A-D077B6534138.jpeg
おはよう木曜日午前中一杯会計事務所が来訪
私の息抜き「顧問のいないネット俳句」今月投稿句

金粉がほろり落ちそな十三夜
徘徊や何処にいるんだ秋時雨
公約や10月の嘘選挙かな
際立って茸カラフル見えぬ毒
病得て余命儚く初紅葉
秋気満つ津軽大地は黄金色

以上六句投句。
へば写真ド合わねンでネガ、、んだのさ。
んだども縄文遺跡巡りも心躍る今の趣味だのさ。
今井二三夫先生が指差してる先が
「コレが大森勝山遺跡の環状列石です」って。
この大森勝山縄文遺跡の環状列石(サークルストーン)は
なんと何と77列石あって400年前後の時間を掛け77個作ったンダど。
冬至になれば岩木山の天辺さ登った太陽と一直線に。
この何もねえ大森勝山遺跡のサークルストーンの軸石と太陽光で一直線。
人間って壮大で魅力的だね年に一度冬至(12月だよ)に太陽光で
オメば好ぎだやって言う様にシグナル光線放つんだよ。
そして其れを受けるサークルストーンを77個時を掛け作った。
お見事ですじゃ❣️
へば、10月ラストチョイだファイト!
Posted by 石澤育子 at 07:30
50代の私 [2021年10月27日(Wed)]
92A35A81-7AD9-46BA-BE3A-7DC76ABCAFAF.jpeg
おはよう弘前も寒いね。
ひたすら掃除して捨ててきた
でも、この写真は捨てられない「物語り」が多過ぎて。
次男が中学生の頃の写真があるから多分50代の私だね。
日本イイね、若いってイイね、そして歳を重ねるって最高だ。
高校生で太宰治の小説読んで作家になろうって、
最年少芥川賞受賞の「綿矢りさ」さんが言ってた。
そして「このミステリーがすごい」大賞受賞者「新川帆立」さんは
夏目漱石の「吾輩は猫である」を17歳で読んで作家目指したそうだ。
私はこの仕事の最大の影響を受け続けてる方は
作家「曽野綾子」さんである。
一つ訂正がある、三浦しをんさんは芥川賞受賞じゃなくて
2006年「まほろ駅前多田便利軒」(未だ読んでない)で直木賞受賞です。
ワゲモノケッパレ〜〜出会いは宝じゃ
Posted by 石澤育子 at 06:05
コロナ禍も地震も耐えた部屋から [2021年10月26日(Tue)]
6896761C-06C2-4E2E-8C19-06AF1AD35C14.jpeg
雨も上がった。
向かいの公園から保育園の子供達の声がする。
まあ2年半ぶり「無事だった」拭き掃除してめちゃ捨てた
そしてコレからラーメン食べて帰る。
今度くる人は歯ブラシ持参してよ。
掃除に使ったからね。
Posted by 石澤育子 at 11:45
新石器時代に生きてる [2021年10月26日(Tue)]
63F7269A-57E6-42B8-A96D-1E213EDD388E.jpeg
おはよう、、私の目の前は雨降り、、、弘前は?
「北海道•北東北縄文遺跡群」世界文化遺産に登録
2021/7/27です、、、その日直ぐ「大森勝山遺跡」に駆けつけた。
何たって岩木山の麓環状道路の脇でご近所さんだから。
いや〜グッと縄文遺跡に惹きつけられている。
蟹田川の流れる外ヶ浜町に
「旧石器時代、縄文時代の早創期」の遺跡が出土何て知らなかった
しかも、今井二三夫先生は
「オラだじは新石器時代に未だいぎでるんです」
縄文人の血っこが並々と日本人には流れてるんだの。
へば、皇室にも流れてるってこと?
2021/10/26火曜日
おめでとう祝マーク️ご結婚「真子様」末永くお幸せに。
Posted by 石澤育子 at 06:37
大平山元遺跡さ連れてってね [2021年10月25日(Mon)]
4A806105-DFB6-4E82-A80D-455BAC2B60DD.jpeg
新幹線仙台駅通過でUP
故郷青森県をもっともっと好きになるために
ザイゴの世界的埋蔵品見世につれていげへ。
コレから世界的規模の見学ツアーバス来る前に
コレからガイドの勉強も参加、、縁があったらオメとば案内するや。
婆っちゃのガイドも人気者になるビョン、何たって超高齢化時代。
その為にも足腰の鍛錬、鍛錬。
Posted by 石澤育子 at 08:38
世界文化遺産登録の大平山元遺跡 [2021年10月25日(Mon)]
90FC8FCB-F51D-4352-A38F-3B9F53E4EE00.jpeg
おはよう新幹線の車内でUP中
日曜日は朝から外が真っ暗になった午後6時までバス研修
ラスト研修場所が外ヶ浜「大平山元遺跡」
此処を訪れるのは初めてで圧巻の展示物でした。(大山故郷資料館)
現代から15000年前の旧石器時代、縄文時代創世記の遺跡が発見
それと弘前市の大森勝山縄文遺跡群との交流の痕跡に驚いた。
蟹田川の黒曜石が大平山元遺跡に人間の生活術の痕跡として埋蔵。
そこ掘れそこ掘れで湿地地帯の即ち谷地の捨て場に古代の遺跡あり。
人間って凄いね蟹田川の黒曜石が新潟迄いき何かに交換されてたそうだ
新幹線のない時代にね。
へば、トンネルばかり多い新青森発だからコレにて本読む。
すぐ帰るから宜しくね。

Posted by 石澤育子 at 06:18
| 次へ
プロフィール

石澤育子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/olive_kai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/olive_kai/index2_0.xml