CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
生活困難者へのトバッチリ [2021年08月17日(Tue)]
「無料低額宿泊所」は、政府への届出によって設置できる福祉的居住施設。社会福祉法第2条第3項に規定されている第二種社会福祉事業の第8号にある「生活困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他の施設を利用させる事業」という条文に基づき設置される施設である。

母は厚生年金と企業年金の3階建て年金受給者で昭和4年生。要介護4全介助。
息子国民老齢年金併用生活保護受給者で昭和27年生。要介護2効き右片麻痺。

正に「生活困難者」これを生活困窮者ともいうのだ。
母に偶数月に2階建て年金が送金される、、オット今月企業年金が振り込まれてない。
本日は私の時間を生活困難者に捧げた。
飛んだトバッチリであっちに電話こっちに電話本人確認を問われた。
原因が判明した(電話であちこち正味掛けた時間40分)
青森銀行とみちのく銀行合併する弊害の一つ。
企業年金振り込み指定銀行支店が閉鎖したためだった。
振り込み指定銀行支店変更手続きが必要なんだと。
銀行印も必要だと。
こんな契約社会は超高齢化社会に益々混乱を招くね。
まあ、一つもの覚えた。
この交渉前は役所の訪問受け
「生活保護費から貯めた貯金が多いので生活保護費打止め」
市役所の担当官に本人に成り代わって私は声高く抗議。
この人もどっから見ても「生活困難者」だ。
金銭管理社会福祉協議会に委託してて要求の意思も出せない老婆。
コロナ禍で今後代弁者不在「生活困難者」の寝グラは混迷をきたすね。

Posted by 石澤育子 at 16:57
津軽キリスト教霊園 [2021年08月15日(Sun)]
5EF52257-1606-403A-87ED-3CD8E401B2F2.jpeg
日曜日の礼拝後、孫を連れて次男の運転で座頭石へ。
津軽キリスト教霊園で車を降り参拝。
2019年12月24日クリスマスイブの日に我が片腕の職員が逝った。
コロナ禍で納骨もママならぬ噂を聞いていた。
共同納骨堂の石碑に彼女の名前が記載されていた
多分、納骨されたんだなって黙祷して墓巡りしてきた。
帰る時、もう一台妙齢の女が1人霊園に乗り付けた。
ああ、日本的慣習ならお盆だもんな先祖を偲ぶ日々だ。
この津軽キリスト教霊園に私達も墓地をずっと前に購入してる。
次男と孫に教えることができて少し安心。
来週は生活困難者として私が人生の最後を見取った
「小寺忠次」さんの納骨式を
弘前市門外の教会納骨堂で午後1時から執り行う。
中泊出身で平成14年離婚以来放浪で青森市の牧師に助けられて
人生最終章の3年間は百沢小松野の「無料低額宿泊所」に住所を置いた。
縁があったんだろう「最後まで頼みたい」「わがった大丈夫だ任せて」
この会話があってカックンと命の勢が堕ち雪降る1月深夜帰天。
誰も今日迄家族は名乗り出ない、、が教会納骨堂に納骨します。
片腕の担当ケアマネと2人で青森の有料老人ホームに
面会に行った日がついこないだねシラトリありがとね。
へば、明日又ね
Posted by 石澤育子 at 19:23
太平洋戦争敗戦日 [2021年08月15日(Sun)]
C1EECEA4-01FD-44C2-A8DB-92E674DA5D35.jpeg
第二次世界大戦終戦日で日本敗戦した76年前の8月15日は。
今年の今日の日本はコロナ禍や線状降水帯等で河川の氾濫が危険水域に。
いつの世も危険が一杯波乱万丈が生きる常。
2年前の日本一の「観桜会」弘前城公園内植木市場の最終日
「このむくげ新種だよ、八重咲だ」
「へば、産まれた孫の記念に買うじゃ」
と、一度は庭の草刈りでスットンと刈り取られたが
見事に一年で復帰初めて紫の八重のむくげが咲きました。
こんな細やかな事に私は平和を感じ心穏やかになる。
Posted by 石澤育子 at 08:58
33年前 [2021年08月13日(Fri)]
E3A569AC-D1A4-4C91-BCF9-6C91BF116101.jpeg
8月13日の朝です。
おはよう御座います。
次男の誕生日した日です。
かつて医院裏に醤油蔵が殿と構えていました。
頼み込んで「蔵」売ってと大地主のお隣に交渉。
「自分の裏の敷地のために通路を確保しにゃきゃ」
と、醤油蔵を壊して半分分けてあげると交渉成立。
で、次男を妊娠中だった私は「蔵」の様な家の設計を頼み
産まれくる子のための家を用意しました。
それ迄医院裏の二間に4人で過ごすことの多い生活でした。
33年前の今日、予定日前だったので茂森の自宅から引越し。
午後から引越業者にアレコレ大声で指示出していたら
シャー〜って破水。
引越を夫に任せタクシー呼び中1と小5の長男長女に荷物持たせ
大学病院に入院そしてその日の夜に次男誕生。
今では写真そっくりの女の子のパパです。
おめでとう祝マーク
Posted by 石澤育子 at 05:44
姉妹の連弾 [2021年08月10日(Tue)]
5575D2AC-CA15-4276-8980-8DD4E9168501.jpeg
本日は雨降りそしてとても寒い朝だ。

天の下では、何事にも定まった時期があり、
すべて営みには時がある。、、
神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
(聖書 伝道の書3:1、11)

8日の日曜日午後孫たちのピアノ発表会に呼ばれた。
第2部オープニングで姉妹は
ハンガリー舞曲 第5番(ブラームス)を連弾、、私は夢想に挿入。

夏はいつも思い出す23年前の8月10日を。
前年2月14日に母を亡くして私は1人になった92歳の父を
東京から弘前に連れて一緒に生活をしていた。
父には伝えられなかった「孫」が亡くなった事を。
本日も当時の兄の「ご挨拶」の封書を開けあの日一連を想ってる。
「医学院天真敏道居士」永眠
姉妹の父で私の長男と一才違いの医学生の甥の事故死。
兄と妹の私達だったが母の関心を自分に向けさせるために
私は勝ち目のない挑戦を兄にふっかけては自己嫌悪にはまってた。
神を信じ聖書を何度も完読し生き直して
やっとこの頃嫉妬の呪縛から解放されたようだ。
そんなもんだ肉親の関係なんていち早く「一抜けた」宣言し
己に課せられた道を爆進すること。
人生は思ってるほど長くはないぞ。
がんばれー〜皆んな
Posted by 石澤育子 at 09:06
続編浅虫裸島 [2021年08月09日(Mon)]
CDF15348-D6F5-47F3-9250-48192BF745FD.jpeg
今朝の陸奥新聞に記載。
この記事の光景にばったり出会していた。
私は大好きな「鮑」に目が眩んでたがちょっと異様な風景に、
闇商売中かなって思ったが、、こういう事だったんだね。
潜ればすぐ取れる鮑に雲丹、、、浅虫の海の岩場昔も今も変わらんね。
Posted by 石澤育子 at 08:38
コロナ禍のオリンピック [2021年08月09日(Mon)]
おはようございます。
TOKYOオリンピック2020も昨夜で終わりました。
連日の猛暑にコロナウイルス感染者数の脅威的な増大報道渦中でした。
パラリンピック中止宣言は発令されてないのでこのまま開催か?
責任を押し付けられるのが嫌なのか?
「祭り」後はコロナ感染拡大傾向を証明してました。
弘前市の日本一の桜祭り開催で青森県の感染拡大に繋がったと、
「開催にあたって感染防止は徹底した」
と、弘前市長は声を大にして「祭りのせいじゃない」と発言。
ただ、それ以来止まることなく人口減の青森県もコロナ感染は続いてる。
そこに異株「デルタ」が青森県でも出た報道に脅威を覚える。
オリンピック開催中は連日のメダル獲得に文句なく感動し天晴れと
賛否両論あったが開催は日本人であることを誇りに思う感情を与えた。
リオ五輪の旗を次に受けた「東京都知事小池百合子」さんが
次期開催国パリにオリンピック旗を掲げバトンした事も誇りだ。
5年前のリオ五輪最終日にスーパーマリオ扮装した総理大臣はいない。
可視化で5年後のTOKYOオリンピック2020で拝顔したただ1人
東京都知事小池百合子さんにエールを贈りたい
今度はコロナ感染拡大防止に策を練ってください。


Posted by 石澤育子 at 06:21
浅虫裸島 [2021年08月07日(Sat)]
D5AD6272-F155-47E2-88EF-F054D10A2670.jpeg
土曜日礼拝が終わりTVをつけたら女子マラソン終わってた。
さて、昨日午前中ぐいぐい仕事して孫の待ってる浅虫へ。
浅虫「道の駅」湯〜さに車置き船で遊覧。
孫と大人3人で三千円。
廃墟のホテル松園前で乗船だが行きの時の船橋で
異様な光景に遭遇、、、不味い場面に出会した感に身震い。
目付きの鋭い頑強な男だけが10人以上、
鮑を綺麗に100個以上並べて囲み何やら商談中。
そんな光景を横っちょにチラリ見して出港。
昔々私が少女の頃毎年毎年母が浅虫に海遊びに連れてきた。
昔の水族館(東北大学の研究所)の目の前の裸島
そこが嘗ては青森県民の憩いの場
浅虫の象徴「水族館と裸島」に辿り着くまで
海の家がズラリ何件も並んでいたのである。
海の遊びのオモチャを買ってもらうのが
毎年の喜びで今でも思い出す。
2歳の孫にも思い出にって婆ちゃん張り切った。
アレが裸島よ、、昔は海の中に路があって渡れたんだよ。
裸島が泳ぐ場所だったのよ、、足に海藻が絡んでくるのよ、と。
青い空青い海原に取り留めもなく喋った。
あっという間に遊覧は終わり船着場に戻った。
何とまあ「海上パトロール」くっきりのシャツ姿の男に変化。
鮑は別の容器に移し替えられカウント中らしく
目付きの悪い屈強な男はどうやら海の警察官だったらしい。
押収した「鮑」はあの後誰の手に?
「胃の中」それともゴミ捨て場?
浅虫で「雲丹鮑ホタテ」の3食丼を食べる予定だったが
私だけ「突然の腹痛」で食べるのやめた。
賞味期限2015年10月ビオスリー配合散とセスデン飲んで
急場を凌いだのであった。
まあ、午後3時過ぎはバクバク食べられて下りもしなかった。
楽しい浅虫裸島でした、、うだるような熱射の中でしたが、、、。
Posted by 石澤育子 at 09:51
私のTOKYOオリンピック2020 [2021年08月06日(Fri)]
35088B4B-0316-40F2-B570-B27871F878B4.jpeg
今朝予定では静岡県伊東で目覚めてるはずだった。
8/5「伊豆ベロドーム」で開催自転車競技(トラック)観戦予定で。
迷いに迷ったまあ静岡に「まん防」が8日から出る報道で
5日の朝決断、、、諦めようって、、仕事モードに行動変容。
コレから仕事片付けて「海」で犬かき漕いできます。
Posted by 石澤育子 at 09:35
冷やしたぬき [2021年08月04日(Wed)]
98A25E10-FAE8-4EF3-8AAF-50EA504192A2.jpeg
4日水曜日の真夜中になりました。
月曜日に午後10時半からお昼ちょい過ぎまで
県の無料低額宿泊所担当役人と面談と現場確認そして意見交換。
「百沢ひかり荘」は住所変更する事で今後の運営を致します。
百沢小松野87-175→87-319に変更。
コレ迄3年間での生活困窮者の利用者は延76組
年齢の幅は
最少年齢の小学生4年生から最高年齢96歳の火事で焼け出された老婆
利用理由は何となんと「小説より奇」なりばっかりでした。
県社協、弘前市、警察生活安全課、地域包括支援センターの
相互協力のもと運営ができました、、感謝です。
県庁担当官との面談を終えたら腹空いて
岩木山麓のゴルフ打ちっぱなしお隣蕎麦屋の
「冷やしたぬき」が食べたくなって寄りました。
美味かったあ、、カレーパンも。
へば、4日も汗かいて働きます。
Posted by 石澤育子 at 00:36
プロフィール

石澤育子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/olive_kai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/olive_kai/index2_0.xml