CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年05月25日

JICAエコツーリズム研修

JICA沖縄さんが主管されている集団研修「熱帯・亜熱帯地域におけるエコツーリズム企画・運営」の一環として、去る23日にエコツアー体験および講義を行いました。

昼間は、本部町の新里地区で、がじゅまる自然学校のあなごと地元の老人会の会長さんがご案内する沖縄の里歩きプログラム。そして夜の19時から、ホールアース自然学校の取り組みについて講義を行いました。

参加者はバングラデシュ・ドミニカ・フィジー・ガンビア・インドネシア・ジャマイカ・ペルー・フィリピンの8カ国9人。ホールアース自然学校の概要・がじゅまる自然学校のプログラム・沖縄ホールアース研究所の取り組みを紹介した後、私たちが一番大切にしている「実体験主義」の意義を、「愛の理論(Theory of LOVE)」に沿って解説。最後に、「自分たちは今何をすべきか」をまとめ、これぞエコツーリズムというスライドショーで締めさせて頂きました。
続きを読む・・・
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年05月18日

チーム・マイナス6%

遅ればせながら、沖縄ホールアース研究所は、NPO法人ホールアース研究所として「チーム・マイナス6%」のチーム員宣言をしました!

2年前には、地球温暖化防止月間のイベントとして、自転車で世界一周を果たした破天荒な社会人・坂本達さんを招いての講演会も行いました。今年はこの「チーム・マイナス6%」参加を契機に、さらなる活動を広げていきたいと思います。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年05月17日

カヌー事業者間の自主ルールに向けて

沖縄ホールアース研究所の兄弟校であるがじゅまる自然学校は、名護市の羽地内海をフィールドにシーカヤック体験プログラムを提供しています。

このエリアは、はるばるオーストラリアから今の時期に渡ってくるアジサシの繁殖地になっていることもあり、私たちカヌー事業者がアジサシの繁殖に悪影響を与えることないよう、保全と利用のバランスを率先して図っていく必要があります。

そんな想いもあって、今日は鳥獣保護区管理員でこのあたりの海鳥のことならこの人に聞け!という渡久地豊さんを講師にお招きし、事業者や沖縄県・環境省の関係行政の皆さんを交えてアジサシの勉強会を行いました。参加者は全部で13人。関係者がこうやって一堂に会すのは初めての機会です。

ベニアジサシとエリグロアジサシがどのような営巣・繁殖を行うのかについてレクチャーを受けた後、それぞれの事業者が日頃利用しているルートでどの岩礁が営巣地になっているかを具体的に教えていただきました。カヌーで上陸している無人島が実はベニアジサシのコロニーがあることも分かり、これから観察会や勉強会を重ねていこうという流れに。

例えば「6月〜8月は営巣地のある無人島には上陸しない」といった自主ルールや、生息情報をみんなで共有する仕組みづくりを作っていきながら、事業者と関係行政と地元の方が一体となった新しい取り組みに挑戦していきます。具体的な参加者の皆さんは以下のとおりです。続きを読む・・・
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年04月19日

沖縄体験学習研究会ニライカナイさんより

本日、事務所移転のお祝いとして、素敵な“生き物”が届きました。

沖縄体験学習研究会ニライカナイの代表である加蘭明宏様より、見事な蘭の花鉢を頂戴致しました。

「沖縄県自然体験活動指導者養成講座」の修了生でもいらっしゃる加蘭さんが平成10年1月に設立されたニライカナイさんは、沖縄に来る修学旅行生を対象とした「沖縄ほんもの体験」を提供されており、年間の受入数はなんと8万人を越えると聞いています。

プログラムメニューである農業体験や文化体験などを指導するのは地域の方。「こんなに楽しい老後が待っているなんて」と、皆さん活き活きと活動をされていらっしゃいます。

那覇市に拠点を構える沖縄ホールアース研究所も、加蘭さんのように地域が元気になるお手伝いを広げていきたいと、蘭を眺めながら決意を新たにしました。ありがとうございました!

posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年04月16日

突然の訃報

沖縄県自然保護課との協働事業で実施した「沖縄県自然体験活動指導者養成講座」の3期生でもあり、南城市知念村斎場御嶽を中心としたエコツーリズムの普及推進にご尽力されていた元知念村議の屋比久清正さんが、去る12日にお亡くなりになりました。

2005年度・2006年度と2ヵ年に渡って、南城市(当時は知念村)における「エコツアーガイド養成講座」のお手伝いをさせて頂きましたが、いつも皆さんの中心に屋比久さんがいらっしゃいました。事業の一環で富士山本校にもお越しになり、浅間大社の渡辺宮司とも斎場御嶽のお話で盛り上がったと聞いています。

今年の1月に実施した講習会でも、知念村文化財講師友の会会長として、斎場の森の豊かさをお話くださいました。驚きと悲しみのあまり言葉もありません。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年04月11日

新事務所お披露目です

新年度が始まって10日あまり。異動や新規事業でドタバタだった環境も、少しずつ落ち着いて来た頃でしょうか。

NPO沖縄ホールアース研究所は、今年度より那覇市のど真ん中・国際通りに新しい事務所を開設致しました。

と言っても、本当に国際通り沿いにオフィスを構えたわけではありません。ぶんかテンブス館3階にある那覇市NPO活動支援センター内にあるインキュベートブースに入居させて頂きました。

新しい連絡先は以下のとおりです。新しい環境・新しい気持ちのもと、さらに新しい挑戦を続けていきます。皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-2-10 ぶんかテンブス館3F
那覇市NPO活動支援センター内
TEL・FAX 098-862-3828 E-mail : okinawa@wens.gr.jp
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ